「若年性脱毛症」は10代〜30代前半の青年期に薄毛になる若ハゲのこと!対処せずに放置すると、どんどん症状は進行する!

ハゲと言うと、歳をとってからの悩みのように思います。

しかし、若い人でも薄毛や抜け毛の悩みは多いです。

まだ若いのにハゲてしまうのは、何故なのでしょうか。

ハゲ始める歳やハゲの症状は、人によって異なります。

若年性脱毛症になった原因によって、対処方法も異なるでしょう。

この記事では、若年性脱毛症の原因と対策を見ていきます。

若年性脱毛症とは?

若年性脱毛症とは、10代〜30代前半の青年期に薄毛になるいわゆる若ハゲのことです。

思春期以降に症状が見られます。

人によって症状は異なりますが、おでこからM字に後退する場合や頭頂部のつむじが広がっていくハゲが多いです。

この場合、側頭部や後頭部はハゲません。

対処せずに放置すると、どんどん症状は進行してしまうでしょう。

早めにケアすることが大切です。

若年性脱毛症の原因

若年性脱毛症となりうる原因は、以下の通りです。

  • 男性型脱毛症(AGA)
  • 円形脱毛症
  • 頭皮環境の乱れ

それぞれの原因について見ていきましょう。

男性型脱毛症(AGA)

男性ホルモンが原因の男性型脱毛症(AGA)は、思春期以降に加齢によって起こる生理的な現象で病気ではありません。

男性型脱毛症(AGA)とは「テストテロン」がより強力な男性ホルモンの「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変化することで、髪の毛の成長が妨げられ脱毛が起こり薄毛となる脱毛症です。

若年性脱毛症の原因は、特に男性ホルモンや家族的素因が多いと言われています。

男性ホルモンの関与については、アメリカで50年以上前に明らかにされました。

去勢した人には男性型脱毛症が現れないこと、また去勢した時点で薄毛の進行が止まることが確認されています。

また家族的素因のある去勢した人の場合には、「テストテロン」と言う男性ホルモンを投与することで再び薄毛が進行したことも明らかにされました。

DHTの作用は、遺伝が大きく関わっているので家族に男性型脱毛症(AGA)の男性がいる場合には男性型脱毛症(AGA)になる可能性は高いでしょう。

おでこからM字にハゲてきた場合や、頭頂部からO型にハゲてきたは男性型脱毛症(AGA)の可能性があります。

円形脱毛症

男女ともに若い方の脱毛症では、円形脱毛症が見られます。

円形脱毛症は10円ハゲとも呼ばれており、部分的に円形にハゲる脱毛症です。

しかし、一部分のみ脱毛するとは限りません。

円形脱毛症が複数できると、頭髪全体が薄毛になることもあります。

病的に抜けるのが特徴です。

重度の場合は眉毛や睫毛など全身の毛が抜けてしまうこともあります。

円形脱毛症の原因は、まだ明らかにされていません。

現段階では、精神的ストレスやアレルギーが関係していると言われています。

頭皮環境の乱れ

病気や遺伝がなくても、頭皮環境が乱れることで薄毛になる場合があります

頭皮環境は以下のようなことで、乱れやすくなるでしょう。

  • 偏った食事
  • 間違ったヘアケア
  • ストレス
  • 睡眠不足

頭皮環境が乱れてしまう原因を、それぞれ見ていきます。

偏った食事

偏った食事や無理なダイエットにより栄養が足りなくなると、髪の毛が成長できません。

健やかな髪の毛を育てるためには、頭皮と髪の毛にしっかりと栄養を送ることが大切です。

身体に栄養が足りていないと、髪の毛まで栄養が回りません。

特に薄毛の人はタンパク質やミネラル、ビタミンなどが不足している傾向があります

間違ったヘアケア

ヘアケアが間違っている場合も、頭皮や髪の毛を傷めて脱毛の原因になります。

脱毛を予防するためにも、正しいヘアケアは重要です。

数日間、髪の毛を洗わないなど不潔にすることは良くありません。

逆に1日に何度も髪の毛を洗うことも、頭皮と髪に刺激となってしまいます。

シャンプーの際にすすぎが十分でなかったり、洗浄剤が体質に合わない場合にも頭皮環境は悪化してしまうでしょう。

洗浄力の強いシャンプーは皮脂を落としすぎてしまい乾燥してしまいます。

パーマやカラー後に脱毛した場合は、薬剤が合わなかった可能性があるでしょう。

ストレス

私たち人間は、ストレスを受けると自律神経が乱れてしまいます。

自律神経の乱れは血行を悪くし、血行が滞ると頭皮に栄養がうまく届かなくなるでしょう。

すると髪の毛が成長しにくくなります。

さらにストレスは、髪の毛を成長せせるために必要となる亜鉛をたくさん消費することもわかりました。

ストレスは、髪の毛と頭皮に多方面からダメージを与えます

薄毛を気にすることもストレスに繋がるので、早めの対処をしましょう。

睡眠不足

髪の毛を強く太く元気に育てるためには、成長ホルモンの分泌が必要です。

寝ている間に成長ホルモンは分泌されるので、睡眠は十分に取る必要があります。

睡眠不足になると、十分に成長ホルモンが分泌されず栄養が髪の毛に届きません

脱毛予防のためにも、睡眠はしっかり取ることが大切です。

若年性脱毛症の治療

若年性脱毛症を改善するためには、まず脱毛した原因を知る必要があります。

まずは、皮膚科や薄毛治療を行なっているクリニックを受診してください。

自己判断により間違った対策をしてしまうと、さらに悪化してしまう場合があるでしょう。

若年性脱毛症となった原因によって、対策も治療法も異なります。

人に見られるのが恥ずかしかったり、金銭的な不安があるかもしれません。

しかし、若年性脱毛症は早めの対策が必要ですので原因を知るためにまずは医療機関で相談してください。

若年性脱毛症の自分でできる対策

若年性脱毛症の自分でできる対策は、以下の通りです。

  • 生活習慣の乱れを正す
  • 育毛剤
  • 育毛サプリ
  • 自分に合うヘアケア剤を使う

それぞれの対策内容を見ていきましょう。

生活習慣の乱れを正す

生活習慣の乱れは、若年性脱毛症だけでなくどんな脱毛症の原因にもなり得ます。

頭皮と髪の毛にとって、健康的な生活を送ることは重要です。

ダイエット中の方は食事制限を中止し、食事が偏りがちな方はバランスの良い食生活を心がけましょう。

睡眠不足が続いている方は、質の良い睡眠を取れるよう生活の時間を見直してください。

成長ホルモンが多く分泌されるのは、22時から2時の間ですのでこの時間には眠れるよう意識しましょう。

ストレスが溜まっている場合には、適度な運動やリラックスを心がけてください。

ストレスは頭皮と髪の毛にとって敵ですので、溜め込まないよう工夫をしましょう。

育毛剤

最近では、若い人でも育毛剤を使っている方は少なくありません。

育毛剤には発毛促進や育毛、抜け毛予防などの効果があります。

頭皮環境を整えるためにも、使ってみる価値があるでしょう。

気になり始めた時に使い始めるのが良いです。

育毛剤は薬ではないので、作用は緩やかで副作用の心配もありません。

ただ肌質や髪質に合わない製品や、若年性脱毛症の原因によっては思うような効果が現れない場合もあります。

使う際は、医師に相談してからだと安心でしょう。

育毛サプリ

育毛サプリは、頭皮と髪の毛にとって足りない栄養を補うためのものです。

食事が偏っていたり、食べ物の好き嫌いが多い方におすすめです。

飲んだからといって、すぐに髪の毛が生えてくるものではありません。

毎日育毛サプリで栄養を摂取することで、徐々に体質変化を目指します。

食事のサポートとして取り入れると良いでしょう。

自分に合うヘアケア剤を使う

頭皮環境を改善するために、毎日使っているシャンプーを見直しましょう。

製品によって配合されている成分や洗浄力が異なります。

頭皮に合わない商品を使い続けると刺激になり、頭皮環境が悪化します。

特に洗浄力に注目して選びましょう。

洗浄力が高いシャンプーを使うと、頭皮を守るための皮脂を落としすぎてしまうため乾燥してしまいます。

逆に皮脂を残しすぎてしまうと、毛穴が皮脂で塞がってしまったり変な匂いが発生することもあるでしょう。

ご自身の皮脂分泌量に合う製品を色々と試してみてください。

まとめ

  1. 若年性脱毛症とは、10代〜30代前半の青年期に薄毛になるいわゆる若ハゲのこと
  2. おでこがM字に後退してきた場合や頭頂部がO型にハゲてきた場合には、男性型脱毛症(AGA)が原因
  3. 病的に髪の毛が抜けた場合は、円形脱毛症の恐れ
  4. 病気や遺伝がなくても、頭皮環境が乱れることで薄毛になる場合がある
  5. まずは皮膚科や薄毛治療を行なっているクリニックを受診する

最近抜け毛の量が増えてきた、髪の密度が減ってきたかなと症状が出始めの時ならば生活習慣を見直すことで症状が改善することもあります。

しかし、ごっそりと髪の毛が抜けた場合や地肌が見えるくらいハゲてしまった場合にはセルフケアだけでは改善するのが難しいでしょう。

症状が進んでしまった場合には、病院を受診してください。

若年性脱毛症は、早めに対処することで改善しやすくなります。