ビタミン類と髪の関係性について!育毛サプリで摂取するビタミンに効果あり!

体の健康を維持するには、ビタミンが欠かせません。

「育毛サプリ」には、だいたいビタミン類が配合されています。

実は、育毛にとってもビタミン類は欠かせません。

ではビタミンは、どのように育毛や発毛に作用するのでしょうか。

この記事ではビタミン類と髪の関係性について、育毛サプリで摂取する必要性はあるのか見ていきましょう。

「ビタミン類」が育毛サプリに配合されている理由

「ビタミン類」は、育毛の有効成分ではありません。

しかし、ビタミンは育毛に対して大切な役割を担っています。

「ビタミン類」が育毛サプリに配合されているのは、以下のような効果があるからです。

  • 頭皮環境を整える
  • 髪に必要な栄養を運ぶ

それぞれ見ていきましょう。

頭皮環境を整える

ビタミンの中には、頭皮環境を整えてくれるものがあります。

ビタミンはお肌に良いと言うのは、聞いたことがあるでしょう。

頭皮も皮膚ですので、健やかな頭皮を保つためにはビタミンが必要です。

ビタミンが不足すると、頭皮環境が悪化してしまいます。

すると抜け毛が増える原因になりますので、ビタミンは不足しないようにしましょう。

髪に必要な栄養を与える

ビタミン類は、髪に必要な栄養を与えるためにも必要な成分です。

髪に栄養がいかないと髪の毛が細くなり、薄毛の原因になるでしょう。

髪の毛は、たんぱく質でできています。

ビタミンはたんぱく質の代謝を助ける役割もあるので、不足してはいけません。

ビタミンの中には、血行を促進してくれるものがあります。

血行がよくないと、しっかりと髪に栄養を届けられないでしょう。

育毛・発毛に役立つビタミンの種類と働き

育毛に役立つと言われているビタミンの種類は、以下の通りです。

  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC
  • ビタミンE

それぞれの役割を見ていきましょう。

ビタミンA

ビタミンAは、脂溶性ビタミンで主に網膜細胞の保護やDNAの遺伝子情報を制御するために必要とされます。

また細胞が酸化するのを抑えてくれるので、老化を抑える働きも期待できるでしょう。

髪は、細胞分裂によって成長します。

ビタミンAで髪の細胞が酸化するのを抑えると、健やかな髪を育てられるでしょう。

元気な髪を育てるには、土壌である頭皮を整える必要があります。

頭皮環境を整えるためにも、ビタミンAは必要です。

ビタミンB群

ビタミンBには、様々な種類があります。

ビタミンBの中でも、育毛に役立つのはビタミンB2・ビタミンB6・ビオチンです。

それぞれの特徴を見てみましょう。

ビタミンB2

皮膚や粘膜、爪などを健康に保つためにはビタミンB2が必要です。

ビタミンB2は、髪の細胞を再生するのに関わっています。

頭皮と髪を美しく維持するために、摂っておいた方が良いビタミンでしょう。

ビタミンB6

ビタミンB6は、細胞の代謝を促進してくれます。

髪や皮膚を健やかに保って、成長をサポートしてくれるでしょう。

育毛に摂って大切なビタミンと言われています。

ビオチン

ビオチンも髪や皮膚を健やかに保つために必要なビタミンです。

それだけではなく、血行を良くしてくれる効果もあります。

髪に栄養をたっぷりと届けるためには、血行の改善が重要です。

ビオチンは、育毛をサポートするために必要なビタミンでしょう。

ビタミンC

ビタミンCは、お肌の美容に良いと有名なビタミンです。

肌だけでなく髪や血管を作るために必要となるコラーゲンを作るのにビタミンCが使われています

しっかりとビタミンCを摂ると、コラーゲンが作られるので細胞をしっかり結合してくれるでしょう。

髪や頭皮を美しく保つために必要不可欠なビタミンです。

ビタミンE

ビタミンEは、血行を改善するのに必要な成分です。

抹消血管を広げて、血行を良くしてくれます。

血行が改善すれば、髪に栄養が届きやすくなり元気な髪を育てられるでしょう。

「ビタミン類」の副作用と上限摂取量

「ビタミン」は栄養素ですので、薬のような副作用はありません。

しかし、育毛サプリで摂取する場合には過剰摂取に注意しましょう。

1日の摂取上限量は以下の通りです。

  摂取上限量
ビタミンA 5000 IU
ビタミンB2

成人男子 1.2mg、成人女性 1.0mg

ビタミンB6 10 mg
ビオチン 500μg
ビタミンC 2000mg
ビタミンE 成人男子800 mg、成人女子650 mg

摂取上限量は超えないように気をつけましょう。

育毛サプリを使う場合には、1日の摂取目安量を守ってください。

続いて、過剰摂取してしまった場合の症状と注意すべきポイントをそれぞれ見ていきましょう。

妊娠中のビタミンA摂取は注意が必要

ビタミンAは、通常の食生活では不足することはあまりありません。

むしろ授乳中は、所要量が大幅に増える傾向にあります。

過剰摂取すると、ビタミンA過剰症になり下痢や食中毒の症状が現れるでしょう。

重篤になった場合は、皮膚障害や怠さなどの疲れが現れます。

特に、妊娠中はビタミンAの摂取には気をつけましょう。

体内にビタミンAが蓄積されると奇形児が生まれるリスクがとても高くなってしまいます。

妊娠中は大切な時期ですので、育毛サプリの摂取は控えましょう。

 

ビタミンB2の過剰摂取は下痢が起こる恐れ

ビタミンB2は、過剰に摂取しても障害は起こりません。

1日に必要とされる量の数百倍を長時間摂取したとしても無害です。

しかし、1日400mg以上摂取すると下痢が起こる可能性があります。

そんなに摂取することもないでしょうので、過剰摂取の心配はしなくて良いでしょう。

 

ビタミンB6の過剰摂取は神経障害の恐れ

ビタミンB6は、口から摂取した場合には安全です。

長期的に大量に摂取した場合には、神経障害が起こる恐れがあると言われています。

 

ビタミンCは下痢を起こす可能性あり

ビタミンCは、体内で吸収されなかった場合には尿として体外に排出されるので過剰摂取の心配はないでしょう。

しかし数グラムレベルで大量に摂取した場合には、下痢を起こす可能性があります。

また、腎不全の患者さんはビタミンCの大量摂取は気をつけるべきです。

育毛サプリでビタミンCを摂取する場合には、1日1g以上は摂取しないようにしましょう。

 

ビタミンEの過剰摂取は骨粗しょう症の恐れ

ビタミンEを過剰に摂取すると、骨が減ってしまい脆くなる骨粗しょう症になる恐れがあります。

過剰摂取の危険は、動物実験により報告されました。

ビタミンEは脂溶性なので、体に蓄積されやすいです。

ビタミンEの過剰摂取には気をつけましょう。

育毛サプリのビタミン類は育毛に大切な役割を果たす

ビタミン類は、育毛に大切な役割を果たしていることがわかりました。

ビタミン類を十分に摂るためには、バランスの良い食生活が大切です。

バランスの良い食生活に自信がない方には、育毛サプリが役に立ちます

育毛サプリは、食事のみでは摂取しにくい成分が配合されているのが魅力です。

育毛のために必要なのは、ビタミンだけではありません。

育毛サプリには、髪や頭皮に良い様々な成分が配合されています。

ビタミン以外の成分にも注目して、選んでください。

まとめ

  1. ビタミン類は、頭皮環境を整えたり髪に栄養を与えるために必要
  2. ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンEが育毛をサポートする
  3. 育毛サプリで摂取する場合には、過剰摂取に注意
  4. 妊娠・授乳中は育毛サプリの使用は避けた方が良い
  5. バランスの良い食生活に自信がない方には、育毛サプリが役に立つ

ビタミン類は、育毛にとって大切な働きを担っていました。

バランスの良い食事を心がけてください。

食生活が偏りがちな人は、育毛サプリを取り入れると良いでしょう。

髪や頭皮だけでなく、健康もサポートしてくれます。

副作用はありませんし、過剰摂取にのみ気をつけていればビタミン類は安全です。

育毛サプリは、1日の摂取目安量を守っていれば過剰摂取になる心配はないでしょう。