薄毛対策に効くサプリの選び方について!オールインワンタイプの育毛サプリがおすすめ!

薄毛が気になり出したらシャンプーや育毛剤で外側からケアすることも大切です。

しかし髪の毛をしっかり育てるためには内側からのサポートも欠かせません。

日々の食事バランスに気をつけて、しっかりと満遍なく栄養を摂取しましょう。

普段の食事で十分な栄養を補えていない方には、育毛サプリがおすすめです。

この記事では、薄毛対策に効く育毛サプリの選び方をご紹介します。

薄毛対策に効く育毛サプリの選び方

薄毛対策に効く育毛サプリの選び方は以下の通りです。

  • 栄養で選ぶ
  • 過剰摂取にならないよう選ぶ

それぞれ確認していきましょう。

栄養で選ぶ

薄毛は食事の偏りによる栄養不足も原因の1つとなります。

育毛剤をいくら使っても、栄養が足りていないと思うような効果は得にくいです。

食事が偏っている方は、育毛サプリで栄養をカバーしましょう。

育毛サプリには、薄毛や抜け毛に良いとされる成分が配合されています。

薄毛対策に効く育毛サプリは、一つの栄養に注目せずにバランス良く様々な栄養を摂取できるものを選ぶのがおすすめです

髪の毛を構成しているタンパク質や髪の毛の成長を促すビタミンやミネラルなど、どれが欠けてもよくありません。

また、ノコギリヤシや大豆イソフラボンなど薄毛対策に効くとされている成分を試してみるのも良いでしょう。

1つの成分が豊富に含まれているものより、様々な成分が配合されてたオールインワンタイプの育毛サプリがおすすめです。

過剰摂取にならないよう選ぶ

ある成分だけを重点的に摂りすぎると、過剰摂取となる場合があります。

過剰摂取になると、健康を害する恐れがあるので各成分の上限摂取量を超えないように注意が必要です。

各成分の配合量が記載されている育毛サプリが安心でしょう。

育毛サプリを製品化する時には、配合成分の量や成分同士の掛け合わせなどは計算され作られています。

育毛サプリを摂る場合には、1日の摂取目安量を守りましょう。

複数のサプリを併用することはおすすめできません

様々な成分を得るためには、オールインワンタイプの育毛サプリを選んでください。

薄毛対策に重要な栄養成分

薄毛の人が不足しがちな栄養素について知りましょう。

薄毛の人は、特に以下のような栄養が不足している場合があります。

  • タンパク質
  • ミネラル
  • ビタミン
  • ホルモンバランスを整える成分

これらの栄養をしっかり摂ることで、薄毛対策のサポートができるでしょう。

これらの栄養素が配合されている育毛サプリを選ぶと良いです。

それぞれの栄養素について見ていきます。

タンパク質

アミノ酸から形成されている「タンパク質」は、人の体を作っている成分です。

髪の毛の90%が「タンパク質」である「ケラチン」でできており、「ケラチン」は髪の毛の成長にも関わっています。

「タンパク質」が不足すると、髪が細く弱くなってしまうでしょう。

また、切れ毛や抜け毛などのトラブルも起こりかねません。

髪の主成分の「ケラチン」を構成しているのは、アミノ酸です。

アミノ酸の中でも「シスチン」と「メチオニン」というアミノ酸が多く含まれているのですが、これらは体内で作ることができません。

ですので、食べ物やサプリでしっかり補いましょう。

タンパク質を構成している「ケラチン」、その「ケラチン」を構成しているアミノ酸が主に「シスチン」と「メチオニン」です。

これらに注目して選んでみてください。

ミネラル

「ミネラル」は、我々が健康を維持するために欠かせない栄養素ですのでしっかり補う必要があります。

髪の毛に必要とされるミネラルは、「ヨウ素」と「亜鉛」です。

アミノ酸が体内で分解された後に髪の主成分である「ケラチン」を再合成する時に、亜鉛は必要となります。

再合成ができないと、「ケラチン」が作れません。

髪の主成分である「ケラチン」を作るために、亜鉛は必要な栄養素です。

普段の食事でも意識しないと亜鉛は摂取しきれないので、足りないと感じたら育毛サプリで補うと良いでしょう。

また「ヨウ素」は、新陳代謝に関わる甲状腺ホルモンの働きを正常に保つために必要な栄養素です。

新陳代謝を改善し身体の巡りを良くすることで、頭皮環境が整います。

薄毛対策は、髪の毛の土壌となる頭皮を整えることも意識した方が良いでしょう。

ビタミン

健康維持をするサポート役として必要なビタミンは、他の栄養素がうまく働くようつなぎをしてくれています。

体内で作られるビタミンはほとんどないので、食事やサプリメントで補いましょう。

多種類あるビタミンの中でも「ビタミンA」と「ビタミンB群」、「ビタミンE」が薄毛対策には重要です。

「ビタミンA 」は、細胞の酸化を抑えるので老化に関わっています。

年齢による薄毛に悩んでいる方は、特に「ビタミンA」に注目してください。

続いて「ビタミンB群」は細胞の代謝をする働きがあり、頭皮環境をサポートし髪の毛の成長を促す働きをしています。

「ビタミンE」は、末梢神経を広げ血行促進をする働きがあるため血行の改善に役立つ栄養素です。

この3種類のビタミンが配合されているサプリメントは、おすすめできます。

ホルモンバランスを整える成分

ホルモンの乱れも、薄毛の原因になることがわかっています。

薄毛対策には、ホルモンバランスを正常に整えることも必要です。

ホルモンバランスを整える成分をご紹介します。

「ノコギリヤシ」と「イソフラボン」です。

それぞれの作用を見ていきましょう。

ノコギリヤシ

ノコギリヤシには、DHT阻害作用があります。

テストテロンから変換される男性ホルモンの1種が、DHT(ジヒドロテストテロン)です。

DHTは、男性型脱毛症(AGA)の主な原因とされてます。

DHTの生成を阻害することで、男性型脱毛症(AGA)を改善できるでしょう。

またノコギリヤシのヘキサン抽出物には、抗炎症作用もあります。

炎症性のあるアラキドン酸代謝物のプロスタグランジンやロイコトリエンなどの生成を抑える働きがあるため炎症作用が期待できるでしょう。

頭皮の炎症を抑えて頭皮環境を整えるために、ノコギリヤシは役立ちます。

ノコギリヤシは、育毛サプリでも人気な成分で配合している製品は多いです。

大豆イソフラボン

育毛サプリには、しばしば「大豆イソフラボン」が配合されています。

「大豆イソフラボン」はエストロゲンという女性ホルモンに似た性質をしており、男女共に薄毛対策に良い成分です。

「大豆イソフラボン」自体に育毛効果があることが、科学的に証明されています。

「ノコギリヤシ」と同じく、DHTの発生を抑制する効果が期待できるでしょう。

それだけでなく、髪の成長を調整したり髪の毛のサイクルを整えてくれる働きもあります。

「イソフラボン」には、知覚神経のCGRPの産生を促してIGF-I(インスリン様成長因子)の産生を増加させることがわかりました。

IGF-Iには、髪のサイクルで成長期を延長し退行期や休止期を短くしてくれる働きがあります。

GF-Iは薄毛対策にとって大切な役割を持っているので、「大豆イソフラボン」がおすすめです。

ちなみに「大豆イソフラボン」は、唐辛子成分のカプサイシンと一緒に摂ることで育毛作用が増強されます。

食事のバランスも心がける

育毛サプリを摂取していれば薄毛対策は十分かと言うと、そうではありません。

育毛サプリは、あくまでも食事のサポートとして取り入れましょう。

食事で足りない栄養を補う目的で摂取してください。

育毛サプリだけでは、薄毛対策としての栄養補給は十分ではありません。

食事のバランスにも気を遣う必要はあります

薄毛を改善するためには、健康な身体作りが必要です。

健康でないと、せっかく摂った栄養が頭皮や髪まで届きません。

またストレスを貯めない、十分な睡眠を取るなど生活習慣を見直すことも大切です。

まとめ

  • 一つの栄養に特化したものではなく、バランス良く様々な栄養を摂取できるオールインワンタイプの育毛サプリがおすすめ
  • 薄毛対策には「タンパク質」「ミネラル」「ビタミン」が必要
  • ホルモンを整えてくれる「ノコギリヤシ 」と「イソフラボン」がおすすめ
  • 複数のサプリを併用することはおすすめできない
  • 育毛サプリを摂っていれば良い訳ではなく、食事のバランスにも気を遣う必要がある

育毛サプリを摂取したからといって、薄毛がすぐに改善できる訳ではありません。

あくまでも薄毛対策のサポートとして取り入れましょう。

即効性はありませんので、毎日続けて一定期間飲み続けてみてください。

根気強く続けることで、体質が徐々に改善されていくでしょう。

育毛剤やスカルプシャンプーを併用するのもおすすめです。