薄毛の人が不足しがちな栄養成分について!食事で補いきれない人は育毛サプリがおすすめ!

食生活が偏って栄養が不足すること、薄毛の原因になります。

育毛に取り組む方は、バランスの良い食事を心がけてください。

いくら育毛剤を使っても、栄養が足りてなければ思うような結果は見込めないでしょう。

この記事では、薄毛の人が不足しがちな栄養成分についてご紹介します。

食事で補うことができない場合には、「育毛サプリ」で足りない栄養を補うのがおすすめです。

薄毛の人が不足しがちな栄養成分

それでは、薄毛の人が不足しがちな栄養成分をご紹介します。

以下の成分は、髪の毛や頭皮にとって必要な栄養素ですので不足しないよう心がけてください。

  • タンパク質
  • ミネラル
  • ビタミン

それぞれどのように髪の毛と頭皮に必要なのか見ていきましょう。

タンパク質

タンパク質は、アミノ酸から形成されており人の体を構成している成分です。

髪の毛は、90%がケラチンというタンパク質でできています。

タンパク質は、髪の毛の成長にも関わっているので不足すると髪の毛が細くなってしまう場合があります。

また切れ毛や抜け毛などのトラブルが起こってしまうので、タンパク質を欠かさないようにしましょう。

髪の主成分でもあるケラチンは、アミノ酸で構成されています。

そのアミノ酸の中でも、シスチンとメチオニンというアミノ酸は体内で作ることができません。

なので食べ物で摂取するしかないでしょう。

ミネラル

ミネラルは骨や歯などを構成している成分で、身体の健康維持には欠かせません。

ミネラルの中でも特に髪の毛に必要とされるのは、ヨウ素と亜鉛です。

亜鉛は、アミノ酸が体内で分解された後に髪の毛の主成分であるケラチンを再合成するために必要とされます。

再合成が行われないと髪の主成分のケラチンは出来上がらないので、亜鉛はとても重要な栄養素です。

亜鉛は、意識しないと摂取しきれない栄養素ですので食事で積極的に摂るようにしましょう。

続いてヨウ素は、甲状腺ホルモンの働きを正常にするサポートをしている栄養素です。

甲状腺ホルモンは、新陳代謝に関わっているので身体の巡りが改善され頭皮環境を整えてくれる効果があります。

ビタミン

ビタミンは、他の様々な栄養素がうまく働くようにつなぎの役をしています

健康維持のサポートとして必要な栄養素です。

ビタミンは体内ではほとんど作られないため、食事で摂取する必要があります。

数あるビタミンの中でも髪の毛にとって重要なビタミンは「ビタミンA」と「ビタミンB群」、「ビタミンE」です。

「ビタミンA」は、酸化により細胞が老化するのを抑える働きがあります。

年齢によって衰えていく、頭皮と髪の毛を健康に保てるでしょう。

「ビタミンB群」は、細胞の代謝を促進させくれるので頭皮環境が整い髪の毛の成長を促してくれます。

「ビタミンE」は末梢神経を広げて血行促進する作用があるため、頭皮の血行を改善できるでしょう。

頭皮の血行が促進されれば、髪の毛にとって必要な栄養がしっかり届いて元気な髪を育てるための土壌が整います。

食事で補うには何を食べたら良いの?

髪の毛や頭皮に良いとされる栄養素は、どのようなものを食べれば良いのでしょうか。

それぞれの必要な栄養素と、多く含まれている食品を表にしました。

食事の参考として、献立を考えてみてください。

タンパク質が多く含まれている食品

髪の毛の主成分となるタンパク質であるシスチンとメチオニンは、以下のような食品から摂ることができます。

シスチン 牛肉、羊肉、牛乳、さけ、オートミール、小麦粉、
メチオニン 牛乳、牛肉、羊肉、レバー、全粒小麦、

シスチンとメチオニンは、体内で作ることができないので食事でしっかり摂りましょう

1日のタンパク質の摂取目安量は男性100g、女性75gです。

ミネラルが多く含まれている食品

ミネラルの中でも特に育毛に必要となる亜鉛とヨウ素は、以下のような食品から摂ることができます。

亜鉛

生牡蠣、豚レバー、肉、チーズ、アーモンド、煮干し、たたみいわし

ヨウ素 昆布、ひじき、わかめ、大豆、昆布、バター、卵、鶏肉、あじ、イワ 

亜鉛の1日の推奨摂取量は男性9mg、女性7gです。

亜鉛は食事で不足しがちな栄養素ですので、しっかりと補いましょう

一方ヨウ素の1日の推奨摂取量は、男女ともに150μgです。

要素は海鮮などに多く含まれているので、日本人は摂取できている方です。

【参考文献】

ビタミンが多く含まれている食品

様々な栄養素のつなぎとして必要なビタミンは、以下のような食品から摂ることができます。

ビタミンA うなぎ、レバー、卵
ビタミンB群 うなぎ、しじみ、豚肉、レバー、まぐろ、たらこ、さば
ビタミンE かぼちゃ、ごま、マーガリン、マヨネーズ、サーモン、うなぎ、アーモンド、植物油

ビタミンAの1日の所要量は男性2,000IU、1,800IUとされています。

ビタミンBは、8種類の水溶性ビタミンの総称です。

ビタミンEの1日の摂取目安量は、男性7mg、女性6.5mgとされています。

ビタミンAとビタミンEは、通常の食事で不足することは、なかなかないでしょう。

【参考文献】

食事で補えない場合は、「育毛サプリ」がおすすめ

食事のみで、必要な栄養素を満遍なく摂るのはなかなか大変なことです。

食事が偏りがちで必要な栄養素を補えないという方には、「育毛サプリ」が役に立つでしょう。

「育毛サプリ」には、ここに紹介した栄養素だけでなく髪に良いとされる成分が他にも配合されています。

嫌いな食材があるため、ある栄養素だけ足りてる自信がない場合などは自分が欲しい栄養素が配合されている「育毛サプリ」を選んでください。

「育毛サプリ」は、成分同士の相互作用などが計算されて作られているので安心して摂ることができます。

複数のサプリを組み合わせて摂るのではなく、オールインワンで様々な栄養素が配合されている「育毛サプリ」を選びましょう。

「育毛サプリ」は、薬ではなく健康食品ですので副作用の恐れはありません。

ただし食品アレルギーがある方は、原材料表示を確認して選んでください。

バランスよく適切な量を摂取しよう

これまで育毛に大切な栄養素を紹介しましたが、これらの栄養素のみ摂取すれば良い訳ではありません。

育毛のためにと、ある栄養素だけたくさん摂りすぎると過剰摂取になる恐れがあります。

過剰摂取になると、健康を害する恐れがあり育毛どころではなくなってしまうでしょう。

各成分の推奨目安量を守ってください。

食事はバランスが大切です。

「育毛サプリ」は、食事のサポートとして取り入れましょう。

栄養を行き渡らせるには規則正しい生活が大切

せっかく髪の毛と頭皮に良い栄養素を摂取しても、行き渡らなければ意味がありません。

しっかりと栄養を届けるためには、生活習慣も大事になってきます。

以下のことにも注意しましょう。

  • ストレス
  • 喫煙
  • 運動
  • 睡眠

ストレス

ストレスがあると、神経が緊張状態になるため血行が悪化します。

そうならないためにも、上手にストレスを解消して溜めないように工夫しましょう。

ストレスは薄毛の原因の1つです。

気分転換を心がけ、リラックスしてストレス解消を心がけましょう。

喫煙

同じく喫煙も、育毛にとって良くありません。

タバコに含まれているニコチンが、血管を収縮し血流を悪化させます。

本気で育毛したいのなた、禁煙をおすすめします。

運動

適度に運動をすると、血行が改善され代謝が良くなるため頭皮に栄養が届きやすくなります。

運動はストレス解消にも繋がるので日常でできる軽い運動から初めてみましょう。

睡眠

睡眠不足は、血行不良を起こしやすいです。

睡眠時間をしっかりと確保し質の良い眠りを取ることで、髪の毛が栄養不足になるのを防げます。

まとめ

  • タンパク質は、髪の毛の成長にも関わっているので不足すると髪の毛が細くなってしまう
  • 亜鉛は、アミノ酸が体内で分解された後に髪の毛の主成分であるケラチンを再合成するために必要
  • 要素は、身体の巡りが改善され頭皮環境を整えてくれる効果がある
  • ビタミンは、他の様々な栄養素がうまく働くようにつなぎの役をしている
  • 食事が偏りがちで必要な栄養素を補えないという方には、「育毛サプリ」がおすすめ

育毛剤やスカルプシャンプーを使っていても、思うような効果がなかなか得られなかった方は食事を見直してみましょう。

食事で栄養をしっかり補えば、育毛がしやすくなります。

同じ栄養素のみを重点的に摂るのではなく、バランス良く適度に摂りましょう。

また、栄養バランスは心がけているのに薄毛が改善されない場合は生活習慣を見直してみてください。

睡眠や運動、ストレス発散など健康的な生活を送ることも育毛にとって大切です。