男女兼用育毛剤と女性用育毛剤の比較!それぞれの特徴の違いと選び方のコツを簡単に紹介!女性の薄毛対策にはやっぱり女性用育毛剤がおすすめ!

昨今では、男性だけでなく女性も薄毛や抜け毛に悩んでいる方が多いです。

育毛剤には男性用、女性用だけでなく男女兼用育毛剤もあります。

女性が育毛剤を選ぶ場合には、「男女兼用育毛剤」と「女性用育毛剤」のどちらを選べば良いのでしょうか。

抜け毛や薄毛の原因は、男女によって違います。

製品によっても育毛アプローチの特徴は様々です。

今回は、「男女兼用育毛剤」と「女性用育毛剤」の比較をしてみましょう。

「男女兼用育毛剤」と「女性用育毛剤」はどっちがおすすめ?

基本的に女性が使うのでしたら、女性用育毛剤をおすすめします。

比較する上で大切なのは以下の通りです。

  • 家族・カップルで使うなら「男女兼用育毛剤」
  • 女性の薄毛にはやっぱり「女性用育毛剤」

それでは詳しく見ていきましょう。

家族・カップルで使うなら「男女兼用育毛剤」

ご夫婦や息子さんと一緒に使いたい場合には、男女兼用育毛剤を選べば経済的です。

しかし、男女で脱毛や薄毛の原因は異なります

ですので女性がメインで使う場合には、基本的には女性用の製品だけれど男性も使う事のできるという男女兼用育毛剤を選ぶと良いでしょう。

男女で脱毛・薄毛の原因は異なりますので、治療にお薦めされている成分の種類や量が異なるのです。

例えば医学的に根拠があり薦められている治療法としてミノキシジルの外用があるのですが、男性用は5%と1%で女性用は1%のみとされています。

このことから、女性用よりも男性用の方が成分量が多い場合があるのです。

男性用育毛剤で女性が使っても大丈夫だという製品もありますが、女性には成分量が多すぎたり刺激が強い成分が入っている場合もありますのであまりおすすめはできません。

女性の薄毛にはやっぱり「女性用育毛剤」

 男性型脱毛症よりも女性の薄毛は、治療が難しい脱毛症の1つとされています。

女性の脱毛も男性型脱毛症が原因となる場合もあるのですが、治療の際の成分量は男性と異なるのです。

また、休止期脱毛症という女性に多い薄毛の症状もあります。

原因不明の場合もありますが、出産や過度なダイエット、高熱などが原因とされているのです。

女性には女性に合った成分の種類や成分量があります

女性用の育毛剤には、女性ホルモンにアプローチした製品も研究され期待されているのです。

男性とは脱毛や薄毛の原因は異なりますので、女性にはやはり「女性用育毛剤」が良いでしょう。

頭皮環境を整えるだけでなく、美しい髪を整えるサポートをしてくれる成分が配合されているものも女性用育毛剤には多いです。

「男女兼用育毛剤」の特徴

続いては個別に見ていきましょう。

まずは、「男女兼用育毛剤」の強みと欠点について簡単にお話しします。

強み

  • 家族・カップルで使うことができる
  • スッキリとした清涼感の得られる製品が多い
  • 成分が高濃度で配合されている製品が多い

「男女兼用育毛剤」はご家族やカップルで使うことができるので、定期便で1人で使っているけれど毎月余らせてしまうという方やおまとめ料金でお得に買いたいという方におすすめです。

男性ホルモンを抑制し、女性ホルモンをサポートしてくれるような成分が採用されています。

性別はもちろんのこと、民族や年齢に関わらず使用できる製品も出ているのです。

また男性も使えるため、スッキリとした清涼感の得られるメントールなどの成分が配合されているものも多いでしょう。

ひんやりとした使用感をお求めの方は、「男女兼用育毛剤」から探すと良いでしょう。

さらに比較的、成分が高濃度で配合されている製品も「男女兼用育毛剤」に多く見受けられます

欠点

  • 男女で薄毛や脱毛へのアプローチ方法が違う
  • 刺激が強く感じる方もいる

男女で薄毛・抜け毛の原因は異なります。

ですので、効果が期待できる成分の種類や量も男性とは異なるでしょう。

また男性に好まれやすいメントールなどの清涼成分は、好みにもよりますが女性には刺激が強く感じる場合もあるかもしれません。

女性のみが使う場合は、「女性用育毛剤」を選ぶことをおすすめします。

「女性用育毛剤」の特徴

次に「女性用育毛剤」の強みと欠点について解説します。

強み

  • 女性特有の悩みにアプローチしてくれる
  • 美容成分が配合されているものが多い
  • 加齢による薄毛や産後の抜け毛など様々な悩み別の製品が出ている

「女性用育毛剤」は、女性特有の悩みにアプローチしてくれます。

女性は抜け毛よりも薄毛に悩んでいる方が多いので、製品にもよりますがボリュームアップをサポートしてくれる成分が配合されいるのが特徴です。

また、美容液のように保湿成分が配合されているものも多いので頭皮環境を整え髪を美しく育てるサポートをすることもできます。

年代や生活スタイルによる悩み別で製品を選ぶことも可能です。

加齢による薄毛だけでなく、若い方の出産後の薄毛・抜け毛対策に使える製品も多く販売されています。

低刺激で肌に優しいものも多く出ているので、優しいものが良いという方は選びやすいでしょう。

欠点

  • 男性への効果は期待できない

「女性用育毛剤」は女性のために作られた製品ですので、男性への効果はあまり期待できないでしょう。

男女で脱毛・薄毛の原因は異なります。

ご家族やカップルで使いたい方は、「男女兼用育毛剤」を選びましょう。

 

「男女兼用育毛剤」と「女性用育毛剤」の比較

今度は「男女兼用育毛剤」と「女性用育毛剤」を詳しく比較していきます。

参考として「男女兼用育毛剤」と「女性用育毛剤」の両方が販売されている山田養蜂場の育毛剤で料金を比較してみましょう。

値段とランニングコスト

  男女兼用育毛剤「薬用RJ地肌ケア エッセンス」 女性用育毛剤「薬用HATSU(ハツ)」
定期便初回(税込) 5,054円 6,026円
定期便(税込) 5,054円 6,026円
一日のランニングコスト 約84円 約201円
最低利用期間  なし なし
返金保障  なし なし

山田養蜂場の育毛剤は、女性用育毛剤の方が高いです。

しかし製品によって価格は異なりますので、どちらのが高いとは一概には言えないでしょう。

成分

 

男女兼用育毛剤「薬用RJ地肌ケア エッセンス」

女性用育毛剤「薬用HATSU(ハツ)」
有効成分 グリチルリチン酸ジカリウム グリチルリチン酸2K
タマサキツヅラフジアルカロイド タマサキツヅラフジアルカロイド
ニンジン抽出液
その他の成分 精製水
エタノール エタノール
1,2-ペンタンジオール BG
ラベンダー水 グリセリン
センブリエキス ローヤルゼリーエキス

ローヤルゼリーエキス

ローヤルゼリー発酵液
ノバラエキス ワレモコウエキス
ユーカリエキス カッコンエキス
グルコシルヘスペリジン カモミラエキス-1
カワラヨモギエキス アシタバエキス
チョウジエキス タケノコ皮抽出液
モノラウリン酸ポリグリセリル ビワ葉エキス
グリセリン脂肪酸エステル 加水分解コンキオリン液
ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油 アサガオカラクサエキス
1,3-ブチレングリコール メントール
l-メントール キサンタンガム
クエン酸 ペンチレングリコール
クエン酸ナトリウム メンチルグリセリルエーテル
カルボキシビニルポリマー
水酸化カリウム
無水エタノール
アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体

「男女兼用育毛剤」と「女性用育毛剤」では、同じ製品のメーカーでも配合されている成分は異なっていることがわかります。

山田養蜂場の育毛剤の場合ですと、有効成分は女性用育毛剤「薬用HATSU(ハツ)」の方が多く配合されていましたがその他のサポート成分は男女兼用育毛剤「薬用RJ地肌ケア エッセンス」の方が多く含まれていました。

どちらにしようか迷った場合には、配合されている成分を見てみると良いでしょう。

まとめ

  • 男女で脱毛や薄毛の原因は異なる
  • ご夫婦や息子さんと一緒に使いたい場合は、「男女兼用育毛剤」が経済的
  • 女性が使う場合はやはり「女性用育毛剤」がおすすめ
  • 「男女兼用育毛剤」を選ぶ場合は、基本的には女性向けの製品だが男性も使うことができるという製品がおすすめ
  • 価格の比較は製品によって異なる
  • 同じ製品のメーカーでも配合されている成分は「男女兼用育毛剤」と「女性用育毛剤」では異なる

「男女兼用育毛剤」と「女性用育毛剤」を比べてみたところ、どちらが優れているということはありませんでした。

しかし、男性が使う予定がなないのであれば「女性用育毛剤」がおすすめです。

配合されている成分や価格はメーカーによって異なりますので一概には言えませんが、同じメーカーでも「男女兼用育毛剤」か「女性用育毛剤」かによって内容は違いました。

また女性用育毛剤は男性への効果はあまり期待できませんので、どうしてもご家族・カップルで使いたいという場合には「男女兼用育毛剤」を選びましょう。