育毛剤使用後の初期脱毛はしっかりと効果を発揮している証拠!不健康な毛髪を一度リセット!

育毛剤は脱毛を防ぎ、強い髪を育てる効果があるものです。

しかしその逆に育毛剤の使用を始めると脱毛してしまう、「初期脱毛」という作用が働いてしまう場合もあります。

初期脱毛とはいったいどういった症状なのでしょうか。

この記事では、初期脱毛について解説していきます。

初期脱毛とは

育毛剤を使い始めると、体調や使用環境によっては初期脱毛と呼ばれる脱毛の症状が現れることがあります。

毛髪を育てるはずの育毛剤なのに、脱毛が起きてしまうなんておかしいと思うかもしれません。

しかしこの初期脱毛は、育毛剤がしっかりと効果を発揮しているという証でもあるのです。

よって初期脱毛に驚いて育毛剤の使用を中止せずに、そのまま継続して使用してください。

初期脱毛の仕組み

初期脱毛の仕組みは毛髪のヘアサイクルに密接な関係があります。

ヘアサイクルとは、毛髪が生え始めてから抜け落ちるまでのサイクルのことです。

ヘアサイクルには以下の3つの期間があります。

  1. 成長期
  2. 退行期
  3. 休止期

これらについて少し触れておきます。

成長期

成長期は毛髪が新しく誕生してから、成長していく段階のことです。

毛髪全体の80~90%以上が、この成長期にあるとされています。

通常、健康な成人で2~5年程の期間が毛髪の成長期です。

この期間では毛髪を作る毛母細胞が細胞分裂を活発に行い、1日あたり約0.35mm・一ヶ月あたり約1cm程毛髪が成長します。

退行期

成長期が終わると、毛髪は抜ける準備に入ります。

2~3週間程度続き、毛髪全体の約1%を占めるのが退行期です。

退行期では毛髪の元となる毛乳頭が縮小し始め、毛母細胞の活動が落ち着いてきます。

毛母細胞と毛球の細胞が角化し始め、色素も生成を辞めてしまうのです。

毛を包み込んでいる毛包が縮み、毛髪はこれ以上伸びなくなります。

退行期はヘアサイクルの中で、成長期から休止期へ移行するための期間です。

新しい毛髪が生えるためには必要な期間でしょう。

休止期

ヘアサイクルの退行期が終わると、最後に毛髪の成長が完全に止まる休止期に入ります。

退行期によって、抜ける準備が出来た毛髪は最後にこの休止期を経て抜け落ちるのです。

健康な成人で平均的に1日に50本から60本ほど毛髪は抜け落ちるとされていますが、その全ては休止期に入った毛髪です。

休止期自体は数ヶ月続きます。

しかし実際に抜け落ちるタイミングは様々です。

次に生えてくる新しい毛髪に押し出されて抜け落ちるものもあれば、シャンプーやクシを通した時に抜け落ちたりもします。

初期脱毛は乱れたヘアサイクルを正常に戻す際に起こる

薄毛の原因は、ヘアサイクルの乱れに関わっている場合が多くあります。

正常にヘアサイクルが回っている中で成長した毛髪は、太くて丈夫です。

しかしヘアサイクルが乱れてしまうと、毛髪に十分に栄養素が行き渡りません。

その結果、成長した毛髪は細くて短い不健康なものになっていまうのです。

そこでミノキシジルなどの配合された育毛剤を使用した際に、ヘアサイクルを正常な状態に戻そうとする効果が表れます。

すると乱れたヘアサイクルで育った、不健康な細い毛髪を一度リセットして次の健康な毛髪を生やす準備が始まるのです。

その際に不健康な毛髪が抜け落ちることによって、初期脱毛の症状となります。

これが初期脱毛の仕組みなのです。

初期脱毛の期間

初期脱毛は、次の健康な毛髪が生えてくるまでの準備期間です。

しかし実際に今ある毛髪が抜けてしまうので、初期脱毛の期間は気になるでしょう。

初期脱毛の期間は個人差が大きく左右するところではあります。

短くて1週間ほど、長い場合は2カ月程度です。

しかし初期脱毛に関わってくるヘアサイクル自体にも個人差がありますので、一概には言えません。

初期脱毛が起こりやすい育毛剤の成分

育毛剤を使用したからと言って、全ての場合に初期脱毛が起こるわけではありません。

初期脱毛が起こりやすい育毛剤は、特に以下の成分が配合されたものです。

  1. ミノキシジル
  2. フィナステリド
  3. デュタステリド

主にこれらの成分が配合された育毛剤は、初期脱毛が起こりうる可能性があります。

初期脱毛だけはどうしても避けたいという方は、これらの成分が配合された育毛剤は避けると良いでしょう。

初期脱毛は悪いことではない

初期脱毛は、乱れたヘアサイクルを正常に戻す際に起こる症状です。

一時的ではありますが、実際に毛髪が抜け落ちてしまうので心配に思うでしょう。

しかし初期脱毛は次に生えてくる健康な毛髪のために、不健康な毛髪を一度リセットするために起こります。

つまり育毛剤によって、効き目が表れている証拠なのです。

初期脱毛が起こった場合の対処法

初期脱毛が悪いことではないとは言ったものの、1週間~2ヶ月もの間は実際に毛髪が抜け落ちてしまいます。

この期間は以下のようなアイテムでカバーすると良いでしょう。

  1. 帽子
  2. カチューシャ
  3. ウィッグ

一番お手軽なのは、帽子です。

カチューシャなどでヘアアレンジをして、薄くなってしまった部分をカバーするのも良いでしょう。

初期脱毛の部分を最も隠せるのは、ウィッグです。

しかし自然仕上がりで高品質なウィッグは価格が高くなってしまう場合もあります。

フルサイズのウィッグ以外にも部分ウィッグなどもありますので、初期脱毛の症状に合わせて使用すると良いでしょう。

まとめ

  1. 育毛剤を使用すると毛髪が抜け落ちる初期脱毛の可能性がある
  2. 初期脱毛はヘアサイクルが関係している
  3. 初期脱毛の期間は個人差がある
  4. 初期脱毛は健康な毛髪が生えるための準備期間

育毛剤を使用して、逆に毛髪が抜け落ちてしまうと驚いてしまうかもしれません。

しかし初期脱毛は育毛剤がしっかりと効果を発揮している証拠なのです。

ヘアサイクルが乱れたままでは、不健康で細い毛髪しか育ちません。

正常なヘアサイクルに戻し、次の健康な毛髪を生やすためも必要な一時的な脱毛が初期脱毛なのです。

初期脱毛が起きてしまっても、落ち着いて帽子やウィッグなどで対処しましょう。

初期脱毛の後は、太く丈夫で健康的な毛髪が生えてくるでしょう。