「育毛サプリ」と「育毛剤」の比較について!併用が最もおすすめ!

頭皮悩みには、育毛剤を使う方が多いでしょう。

昨今では、体の内側からアプローチできる育毛サプリも流行っています。

頭皮から直接栄養を与えるのが育毛剤です。

育毛サプリは、頭皮に必要な栄養を摂って体質を徐々に変えていきます。

育毛剤と育毛サプリでは、どちらがより良いのでしょうか。

この記事では「育毛サプリ」と「育毛剤」の比較を比較します。

「育毛サプリ」と「育毛剤」のおすすめ比較ポイント

比較する上で大切なのは以下の通りです。

  • 体質から改善したいなら「育毛サプリ」
  • 頭皮に直接アプローチしたいなら「育毛剤」

それぞれ見ていきましょう。

体質から改善したいなら「育毛サプリ」

薄毛や脱毛に対して、体質から改善したいと言う人には「育毛サプリ」がおすすめです。

頭皮悩みの原因は、遺伝や老化だけではありません。

食事の栄養バランスや睡眠、適度な運動など健康的な生活を送ることも大切です。

特に、頭皮と髪に必要な栄養を送ることが重要でしょう。

「育毛サプリ」には、髪の健やかな成長をサポートしたり抜け毛を予防するための成分が配合されています。

足りない栄養を内側から補うことで、もともと身体に備わっている機能もサポートできるでしょう。

毎日続けて飲むことで、体の内側から髪が抜けにくく育てられる体質へと徐々に改善を目指せます。

頭皮に直接アプローチしたいなら「育毛剤」

「育毛剤」は、抜け毛や薄毛に対して直接頭皮から栄養を与えたいと言う人におすすめです。

様々な頭皮悩みを改善するためには、発毛と育毛がしやすい健やかな土壌を作ることが大切でしょう。

頭皮は皮膚ですので炎症を抑えて、保湿をすることも大切です。

「育毛剤」は直接頭皮につけることで、ふけや痒みを抑えて頭皮環境を整えられます。

また血行を良くして代謝を促す成分なども配合されており、抜け毛を予防し育毛が期待ができるでしょう。

塗った部分には、成分をしっかりと浸透させることができます。

「育毛サプリ」の特徴

続いては個別に見ていきましょう。

まずは「育毛サプリ」の強みと欠点について簡単にお話しします。

強み

  1. 体質を改善できる
  2. 健康を目指せる
  3. 副作用がない

「育毛サプリ」ならば、発毛・育毛がしやすい体質へと身体の内側から改善できます。

もともと身体に備わっている機能をサポートしてくれるので、頭皮や髪を健やかに保てるでしょう。

普段の食事では足りない栄養を補えるので、育毛だけでなく健康も目指せます。

「育毛サプリ」は健康食品ですので、基本的に副作用はありません。

過剰摂取と食品アレルギーにさえ注意すれば、心配ないでしょう。

頭皮が敏感な方でも使用できるのも魅力です。

飲むだけで手間がかからないので、面倒臭がりな方にもおすすめできます。

欠点

  1. 即効性がない
  2. 妊婦・授乳婦は避けた方が良い
  3. 食品アレルギーに注意

「育毛サプリ」は、飲み続けることで徐々に体質が変化していきます。

効果を実感できるまでには、そうしてもある程度の期間が必要です。

即効性は期待できないのが、残念でしょう。

また製品にもよりますが、妊娠・授乳中の方は大切な時期ですので避けた方が良いです。

食品アレルギーがある方は、しっかりと原材料を確認してから飲んでください。

「育毛剤」の特徴

次に「育毛剤」の強みと欠点について解説します。

強み

  1. 頭皮に直接アプローチできる
  2. 製品の種類が豊富
  3. 香りや爽快感を楽しめる

「育毛剤」は、頭皮に直接アプローチすることができます。

気になる部分に、しっかりと成分を届けることができるでしょう。

クリームタイプやスプレータイプなど、製品の種類も豊富です。

製品によって使用感が異なります。

自分の好みで香りや爽快感などを選んで、毎日のリフレッシュタイムにすることができるでしょう。

口から摂取するものではないので、妊娠・授乳中に使える「育毛剤」もあります。

薬を服用している方でも、問題なく使用できるでしょう。

欠点

  1. 育毛以外の効果はない
  2. 敏感肌の方は注意が必要
  3. 根本は改善されない

「育毛サプリ」ならば、育毛のために飲むことで健康をも改善することができます。

一方「育毛剤」は、育毛にのみアプローチします。

その他の効果は期待できません。

「育毛剤」は皮膚に直接塗るので、敏感肌の方は注意が必要です。

敏感肌やアレルギー体質の方は、低刺激なものを選びましょう。

また、体質から根本的に改善することはできません。

使っている間は頭皮環境を整えることができるでしょうが、やめてしまえばまた徐々に元に戻ってしまうでしょう。

「育毛サプリ」と「育毛剤」の比較

今度は「育毛サプリ」と「育毛剤」を比較していきます。

チャップアップ(CHAPUP)」シリーズで比較しましょう。

価格とランニングコスト

  「育毛サプリ」 「育毛剤」
定期便(税込) 4,980円 7,400円
一日のランニングコスト 約166円(定期便) 約247円(定期便)
最低利用期間 なし なし

価格は製品によって異なりますが、「育毛剤」の方が高い傾向にありました。

メーカーによっては、「育毛サプリ」と「育毛剤」のセット販売がされています。

併用した方がより効果を実感できるので、セット販売が最もお得です。

成分

「育毛剤」 「育毛サプリ」
センブリエキス ノコギリヤシエキス
グリチルリチン酸ジカリウム 食用酵母
塩酸ジフェンヒドラミン フィーバーフュー乾燥エキス
精製水 唐辛子
濃グリセリン イチョウ葉エキス末
シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール L-シトルリン
D-パントテニルアルコール キダチアロエ
フェノキシエタノール ローズマリー
ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油 シャンピニオンエキス末(マッシュルーム、デキストリン)
ラウリルジメチルアミンオキシド液 マカ末
ビワ葉エキス チオクト酸
海藻エキス(1) ケイヒ
ボタンエキス オート麦地上部エキス / セルロース
シナノキエキス ステアリン酸Ca
ヒキオコシエキス(1) チャ抽出物
ヒオウギ抽出液 ヒアルロン酸
クロレラエキス L-ヒスチジン
オウゴンエキス L-プロリン
ローマカミツレエキス L-フェニルアラニン
アルニカエキス 微粒酸化ケイ素
オドリコソウエキス V.C
オランダカラシエキス ナイアシン
乳酸ナトリウム液 V.E
水酸化ナトリウム パントテン酸Ca
ジオウエキス V.B2
カモミラエキス(1) V.B1
ショウキョウチンキ V.B6
ダイズエキス V.A
1,3-ブチレングリコール 葉酸
ドクダミエキス V.D
アミノ酸15種 V.B12
スーパーフルーツ成分11種  

どちらも育毛という目的は一緒ですが、配合されている成分は全く異なります。

「育毛剤」には、様々な植物エキスが配合されていました。

一方「育毛サプリ」には、ビタミン類が豊富に含まれています。

まとめ

  1. 体質から改善したいと言う人には「育毛サプリ」
  2. 直接頭皮から栄養を与えたいと言う人は「育毛剤」
  3. 価格は育毛剤の方が比較的高い
  4. 配合されている成分は全く異なる
  5. しっかりとした効果を実感したい方は、両方併用するのがおすすめ

期待できる効果は同じですが、「育毛サプリ」と「育毛剤」とではアプローチ方法が違います。

内側から徐々に改善していくのか、外側から直接塗り込むのかの違いです。

配合成分の種類は全く異なります。

ライフスタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。

確かな効果を実感したい方は、どちらも併用するのがおすすめです。

お得なセット販売をしているメーカーもあります。