【安い!】薬局・ドラッグストアで買える男性用育毛剤のおすすめランキング!人気の市販品を紹介!

育毛剤には通販限定のものと、店頭で購入できる市販のものがあります。

薄毛や抜け毛の悩みを抱えており、育毛剤を使いたいがどれを選べば良いのか分からない方も多いでしょう。

また、ドラッグストアなどにある育毛剤コーナーはなかなか長居はしにくいものです。

そこで、ドラッグストアなどで購入する事の出来る市販の男性用育毛剤ランキングをまとめました。

当サイトで、人目を気にすることなくじっくりと市販の男性用育毛剤を吟味してください。

市販の男性用育毛剤ランキング

「市販の男性用育毛剤ランキング」でノミネートされた商品は以下の通りです。

  • 薬用アデノゲン
  • サクセスバイタルチャージ
  • モウガ
  • 毛髪力INNOVATE

早速1位から発表していきましょう。

1位 「薬用アデノゲン」

栄えある第1位は「薬用アデノゲン」です。

まずは「薬用アデノゲン」の特徴についてみていきましょう。

「薬用アデノゲン」の特徴

  1. 有効成分アデノシン配合
  2. 生体内薬用成分なので安全
  3. 関連商品シリーズ展開

「薬用アデノゲン」の最大の特徴は有効成分アデノシンです。

アデノシンは主に以下の効果があります。

  • 血行促進
  • 発毛促進因子を生産
  • 毛根の成長期を伸ばす

こうした効果によって髪を長く・太く・健やかに成長させるのです。

アデノシンは有効成分ですので、その効果も十分に期待出来るでしょう。

またアデノシンは体内のも存在する内因性物質ですので、高い安全性が確認されています。

「薬用アデノゲン」には男性用育毛剤以外にも以下のシリーズ展開があります。

  • スカルプトニック
  • スカルプケアシャンプー、コンディショナー
  • 女性用育毛剤

こうしたシリーズ展開がありますので、併せて使用することでより効果を発揮できるでしょう。

「薬用アデノゲン」の育毛剤を気に入った方は、是非他のシリーズも併せて試してみてください。

価格とランニングコスト

  50ml 150ml 300ml
価格(税込) 2,376円 7,020円 10,800円
1日のランニングコスト 約238円 約234円 約180円

1位の理由

「薬用アデノゲン」を1位にした理由は、他の育毛剤にはない有効成分アデノシンです。

アデノシンは血行促進や髪の成長期を延長ししっかりとした髪に育てる効果があるのですが、生体内薬用成分で安心して使用出来るというのが特徴です。

しっかりと効果を発揮しつつ、安心して使用することが出来るのは大きな強みでしょう。

そうした理由から、「薬用アデノゲン」を1位としました。

2位 「モウガ」

続いて第2位は「モウガ」です。

「モウガ」の特徴についてみていきましょう。

「モウガ」の特徴

  1. 生薬のシナジー効果
  2. アレルギーテスト済み
  3. さらっとした使い心地

「モウガ」は生薬のシナジー効果によって育毛を促進します。

「モウガ」の有効成分は以下の通りで、100%生薬です。

  • ショウキョウチンキ
  • センブリ抽出液
  • ニンジン抽出液
  • ボタンビエキス

これらの生薬の組み合わせによる相乗効果によって、毛細血管と毛包細胞に直接作用するのがシナジー効果です。

そうすることで、血流を増大させ毛包細胞を増殖させ深く根強い髪にしてくれるでしょう。

また、アレルギーテスト済みなので安心して使用することが出来ます。

(全ての方にアレルギーが起きないというわけでは無いので注意が必要です)

使い心地も、さらっとしておりベタつきが無い特徴があります。

価格とランニングコスト

  120ml
オープン価格(税込) 2,440円(参考価格)
1日のランニングコスト 約80円

2位の理由

「モウガ」は複数の有効成分が、その相乗効果を考えられて配合しています。

有効成分はとにかく多く配合すれば良いというものではありません。

「モウガ」では、より効果を発揮できるように考えられています。

そうした配慮が「モウガ」を2位にした理由です。

3位 「毛髪力INNOVATE」

続いて第3位は「毛髪力INNOVATE」です。

特徴は以下の通りです。

「毛髪力INNOVATE」の特徴

  1. 細胞内タンパクにWアクション
  2. 血行促進成分
  3. 有効成分配合

「毛髪力INNOVATE」の特徴は細胞内タンパクにWアクションで発毛促進することです。

発毛促進指令としての役割を持つBMPとephrinという2種類のタンパク質に働きかけます。

これらを増幅させるのは有効成分サイトプリン(6-ベンジルアミノプリン)です。

こうして、発毛促進シグナル増幅と発毛エネルギー供給のWアクションによって強く抜けにくく健康な髪に育てます。

また血行促進成分の「ビタミンE誘導体」を配合し、毛根の血流を促し栄養素を毛根までしっかりと届けるでしょう。

配合されている有効成分は以下の成分です。

  • サイトプリン(6-ベンジルアミノプリン)
  • ペンタデカン(ペンタデカン酸グリセリド)
  • ビタミンE誘導体(酢酸トコフェロール)

これらの有効成分によって、確かな育毛効果に期待が持てます。

価格とランニングコスト

  200ml
オープン価格(税込) 3,066円(参考価格)
1日のランニングコスト 約102円

3位の理由

「毛髪力INNOVATE」は細胞内タンパクに着目した育毛剤です。

有効成分が細胞内タンパク質に働きかけることにより、育毛効果を発揮するでしょう。

しかし、上位の育毛剤と比べると目立って特徴的な成分がないのが惜しいところです。

そうした理由から3位としました。

4位 「サクセスバイタルチャージ」

続いて第4位は「サクセスバイタルチャージ」です。

特徴についてみてみましょう。

「サクセスバイタルチャージ」の特徴

  1. 有効成分配合
  2. 血行促進
  3. フケ・かゆみ防止

「サクセスバイタルチャージ」は以下の有効成分が配合されています。

  • t-フラバノン
  • ニコチン酸アミド
  • 生薬センブリエキス
  • β-グリチルレチン酸

この有効成分が、髪の一本一本を太く長くコシのある髪にし血行促進もサポートします。

また頭皮環境を整え、フケ・かゆみの予防もしてくれるでしょう。

頭皮にうるおいを与える天然ユーカリエキスも配合しています。

価格とランニングコスト

  200ml
オープン価格(税込) 2,359円(参考価格)
1日のランニングコスト 約79円

4位の理由

「サクセスバイタルチャージ」は有効成分も配合しており、血行促進・フケかゆみの予防などの育毛剤としての役割は十分に果たすでしょう。

しかし無難といった印象です。

特にこれといった特筆すべき育毛剤としての特徴は見当たりません。

ですので、上位の魅力的な育毛剤と比べると順位を下げざるを得ませんでした。

市販の男性用育毛剤のメリットとデメリット

ドラッグストアなどで購入する事の出来る市販の男性用育毛剤を、通販限定のものと比べた際のメリットとデメリットを解説します。

メリット

メリットは主に以下の通りです。

  • 価格が安い
  • 店頭ですぐに購入できる
  • Amazonや楽天などの通販サイトでも購入できる

市販の男性用育毛剤のメリットは何といっても手軽さです。

通販限定の育毛剤と比べると価格も安いので初めての方も気軽に始められるでしょう。

店頭ですぐに購入できるという点も、通販で届くまで待たずに思い立ったらすぐ育毛を始められるメリットです。

またAmazonや楽天などの通販サイトでも購入出来ます。

いつも使っているサイトから購入したいという方も、気軽に購入出来るので育毛を始めやすいでしょう。

デメリット

  • 刺激が強い
  • 浸透率が低い
  • 返金保証やお試し購入が無い

市販の男性用育毛剤は、通販限定のものと比べると無添加へのこだわりなども少なく刺激が強いです。

低刺激を実現するためには成分を厳選しなければならないためどうしても価格が高く、通販限定などになってしまいます。

敏感なので、刺激は避けたいという方は市販の男性用育毛剤はあまりおすすめ出来ません。

浸透率を高めるためには、成分をナノ化する必要があります。

成分のナノ化はやはりコストがかかってしまうので、市販の男性用育毛剤にはあまり向いていません。

浸透率の高さは、育毛剤にとって重要なポイントですのでこれはデメリットと言えます。

また返金保証やお試しの少量の販売などは、基本的に市販の男性用育毛剤にはありません。

もともと価格は安めなのですが、やはりこれは気軽に始めるにあたってのハードルになってしまうでしょう。

まとめ

  1. 市販の男性用育毛剤にも魅力的な商品はある
  2. 選ぶ際には特徴を知ることがポイント

ご紹介した4つの商品はどれも魅力的な育毛剤です。

当サイトでは「薬用アデノゲン」を1位としました。

しかしどれを選べば良いかは、それぞれの特徴を理解して求める効果によって選ぶのが良いでしょう。

ドラッグストアなどの店頭では、なかなか人目が気になって吟味しにくいという方も当サイトでじっくりとご検討してみてください。