シャンプーでフケ・かゆみを防ぐ方法!低刺激成分配合のシャンプーがおすすめ!

フケ・かゆみに悩まされている方は多くいます。

ただしっかり洗えていないだけとおもっていませんか。

しかしフケやかゆみはさまざまな要因が重なって起きています。

しっかりと原因を知ることで、根本からフケやかゆみを改善していきましょう。 

フケ・かゆみの原因

フケやかゆみの主な原因は大きく分けて4つあります。

  • 乾燥タイプ
  • マセラチア菌の増加
  • 感染症
  • ストレス

自分のフケ・かゆみの原因に近いものはどれでしょうか。

まとめてみましたので確認してみましょう。

乾燥

歳を重ねると顔にシワができますよね。

肌の一部である頭皮からも水分を蓄えているセラミドや天然保湿成分・コラーゲンなどが減っていきます。

また洗髪回数の増加や季節的な空気の乾燥・紫外線なども頭皮の乾燥につながっていくのです。

頭皮の水分量が減ることで角質層が剥がれ、バリア機能が低下してしまいます。

すると地肌は刺激を受けやすい敏感肌になり、かゆみへとつながっていきます。

マラセチア菌の増加

人間の皮膚上にはいくつもの常在菌がいます。

その1つがマラセチア菌です。

この菌は湿度と皮脂が大好きなカビの1種と言われています。

このマラセチア菌が頭皮で増えすぎると、頭皮のターンオーバーが異常に速まりフケへとつながってしまうのです。

そうなることで、地肌はバリア機能が低下した状態になり炎症を起こします。

感染症

シラミの感染が再び広がっているというニュースを目にした方もいるでしょう。

アタマジラミは髪の毛に寄生し、頭皮から血を吸いかゆみや湿疹などを引き起こします。

また、足にできる水虫が頭皮に感染してフケやかゆみの原因になる場合もあります。

ストレス

近年ストレス社会という言葉ができるほどストレスは身近なものになっています。

ストレスを抱えると人は緊張状態から汗をかきやすくなります。

また寝不足や不規則な食生活などは肌荒れにつながり、それは頭皮環境悪化にもつながっていくのです。

フケ・かゆみ対策には低刺激成分配合のシャンプーがおすすめ

頭皮トラブルがある状態の髪に、洗浄力の強いシャンプーはおすすめできません。

洗浄力の強いシャンプーには、石油系の界面活性剤・ラウリル硫酸ナトリウムなどが含まれています。

もちろんフケやかゆみを防ぐために、洗浄力の強いシャンプーでしっかりと汚れを落とすことも大切です。

しかしトラブルが改善されるまでは刺激の少ない、アミノ酸系・ノンシリコンのシャンプーを選ぶことをおすすめします。

そして乾燥タイプの方はシャンプーに保湿成分がプラスされているものを選ぶといいでしょう。

マラセチア菌タイプの方は、ミコナゾール硝酸塩配合のものがおすすめです。

皮膚炎タイプの方は、抗菌・抗炎症作用の有効成分含有のシャンプーを選ぶことをおすすめします。

フケ・かゆみを防ぐシャンプーの方法

本来、皮脂や常在菌は悪いものではありません。

頭皮の水分と皮脂のバランスをうまく整えることで健康的な頭皮になっていきます。

洗い方を見直すことでもフケやかゆみを防ぐことが可能です。

  • シャンプーの前に髪全体をしっかりとぬるま湯で洗い流す
  • 指の腹を使って丁寧にシャンプーする
  • シャンプー成分が残らないようにしっかりとぬるま湯で流す

ステップを順番に確認していきましょう。

シャンプーの前に髪全体をしっかりとぬるま湯で洗い流す

熱すぎるお湯は頭皮や髪によくありません。

シャンプーが浸透するよう、最初にしっかりと髪全体をぬるま湯で洗い流しましょう。

指の腹を使って丁寧にシャンプーする

爪を立てて洗うと頭皮を傷つけてしまいます。

指の腹で頭皮をマッサージしながらシャンプーを行いましょう。

前頭部や頭頂部はとくに脂が多いのでより丁寧に洗います。

頭皮をマッサージしながらシャンプーをすることで、指の腹でも皮脂をしっかりと落とすことが可能です。

シャンプー成分が残らないようにしっかりとぬるま湯で流す

シャンプー成分が残ると蓄積し、かゆみの元になります。

すすぎも大切な行程です。

ただしシャンプー成分を落とすためとはいえ、お湯の温度を高くしすぎることはありません。

心地よいお湯の温度でしっかりと洗い流しましょう。 

生活習慣の見直しでフケ・かゆみを根本的に改善する方法

頭皮は肌です。

よってライフスタイルや食生活の影響を大きく受けています。

生活習慣からフケ・かゆみを根本的に解決するなら以下のことがおすすめです。

  • 夜更かしをしない
  • ビタミンB2やB6を意識的に摂取する

それぞれの生活習慣について確認していきましょう。

夜更かしをしない

フケやかゆみの原因の1つは皮脂です。

この皮脂はマラセチア菌の大好物なので、脂が多く出るような生活をすると頭皮環境は悪化していきます。

徹夜をした時に顔が脂ぎることはありませんか。

睡眠不足や夜更かしのような不規則な生活は皮脂を過剰に生産してしまいます。

また疲れていてお風呂に入らずに髪が洗えない状況もやはり良くありません。

フケやかゆみが治らないという方は今一度、身の回りの生活習慣を見直してみましょう。

ビタミンB2やB6を意識的に摂取する

食べ物でも頭皮環境の悪化を改善することができます。

規則正しい食生活を送るのは頭皮にとってもとても大切です。

規則正しい生活をしていても、アルコールや脂肪分の多いものを摂りすぎることで皮脂を増やしてしまいます。

また、フケはビタミンB2やB6が不足すると起こりやすいと言われています。

ビタミンB2やB6が豊富に含まれる食べものは以下のものがおすすめです。

バランスよく摂取するように心がけましょう。

まとめ

  1. 低刺激のシャンプーがおすすめ
  2. 爪を立てて洗わない
  3. 睡眠や食生活の見直しでも解決できることがある

フケ・かゆみの頭皮トラブルは洗い方だけではありません。

まずは自分のフケ・かゆみがどのタイプなのかを把握しシャンプーを選ぶことをおすすめします。

そしてフケやかゆみは体からのSOSととらえて、ライフスタイルや食生活を改善し体の中側からの地肌ケアを心がけましょう。