「シャクヤクエキス」の効果と副作用について!血行を促進して頭皮の細胞を元気にする芍薬(シャクヤク)の根エキス!

多くの育毛剤やヘアケア製品には、「シャクヤクエキス」が配合されています。

「シャクヤクエキス」とは、シャクヤクの根から抽出されたエキスです。

古くから漢方薬として使用されている成分なのですが、いったいどのような効果があるのでしょうか。

また、副作用の有無も気になります。

「シャクヤクエキス」の効果と副作用について見ていきましょう。

「シャクヤクエキス」の効果について

「シャクヤクエキス」の育毛効果は以下の通りです。

  • 表皮角化細胞増殖作用
  • 細胞遊走促進作用
  • 抗炎症作用
  • 経表皮水分損失抑制
  • 抗菌作用(抗補体・細菌・大腸菌・緑膿菌)
  • 抗酸化作用
  • 血行促進作用

抗炎症作用があるので、頭皮が弱い方や荒れやすい方におすすめです。

また経表皮水分損失抑制作用で、頭皮の乾燥を防ぎます。

さらに殺菌作用があるので、頭皮を清潔に整えることができるでしょう。

そして血行促進作用があるので、育毛効果が期待できます。

育毛は、頭皮環境を整えることが重要です。 

「シャクヤクエキス」の副作用はなし

「シャクヤクエキス」を外用した場合の副作用の報告は見つかりませんでした。

外用した場合の副作用の心配は、低いと言えるでしょう。

「シャクヤクエキス」について

これまで「シャクヤクエキス」の育毛効果と副作用を見てきました。

それでは、そもそも「シャクヤクエキス」とは何なのかというのを見ていきましょう。

美しい花を咲かせる観賞用植物として有名

「シャクヤクエキス」は、シャクヤクという植物の根から抽出されます。

中国北部、シベリア、朝鮮半島が原産地の多年草です。

日本へは、ボタンよりも先に渡来しました。

シャクヤクは美しい女性の立ち居振る舞いを表す「たてば芍薬(シャクヤク)、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という美人の代名詞になっているほどに、とても美しい花を咲かせることで観賞用として有名な植物です。

5月ごろから白や桃、紅色など多数の色の大輪を咲かせ6月くらいまで、美しくしなやかな姿を楽しむことができます。

薬草としても使用される

シャクヤクは、薬草としても知られており根を乾燥して使います

かつては、野草のヤマシャクヤクの根を宇陀芍薬や信濃芍薬と呼んで薬用に使用していました。

しかし、現在では野生種は薬用としては使っていません。

日本国内で使われる代表的な医薬成分として性質を規定している「日本薬局方」には「日局シャクヤク」とされており、主要成分はモノテルペン配糖体やタンニンです。

「シャクヤクエキス」が配合されている育毛剤

「シャクヤクエキス 」が配合されているおすすめの育毛剤をご紹介します。

  • 男性は「イクオス」がおすすめ
  • 女性は「薬用ハリモア」がおすすめ

男女別に見ていきましょう。

男性は「イクオス」がおすすめ

「シャクヤクエキス」配合のおすすめ男性用育毛剤は「イクオス」です。

「イクオス」の「シャクヤクエキス」は脱毛因子をブロックするために配合されています。

「イクオス」の脱毛因子を阻害する成分は「シャクヤクエキス」だけでなく、様々です。

ぜひその他の成分にも注目して「イクオス」を選びましょう。

女性は「薬用ハリモア」がおすすめ

「シャクヤクエキス」配合のおすすめ女性用育毛剤は「薬用ハリモア」です。

「シャクヤク抽出液」という名称ですが、「シャクヤクエキス」と変わりません。

「シャクヤク抽出液」をはじめとした、25種類の天然由来成分が頭皮と美髪の両方にアプローチしてくれます。

女性育毛剤をお探しの方は「薬用ハリモア」をチェックしましょう。

まとめ

  1. 殺菌作用や血行促進作用、抗酸化作用など育毛に効果が期待できる
  2. 外用した場合の副作用の報告は見当たらない
  3. 「シャクヤクエキス」配合の男性用育毛剤は「イクオス」
  4. 「シャクヤクエキス」配合の女性用育毛剤は「薬用ハリモア」

「シャクヤクエキス」は、育毛やヘアケアにおいて様々な作用が期待される成分でした。

「シャクヤクエキス」が配合されている育毛剤はとても多いです。

しかし、育毛剤の成分で重要なのは「シャクヤクエキス」だけではありません。

有効成分にも注目して、育毛剤を探しましょう。