育毛剤の有効成分「センブリエキス」の効果と副作用について!日本固有の生薬!頭皮の血流改善とストレス性脱毛症に効く!

センブリは日本固有の民間薬として知られており、胃腸薬などにも配合されています。

昨今ではセンブリエキスは育毛成分としても注目されており、センブリエキスが配合されている育毛剤は多いです。

センブリエキスは、育毛に関していったいどのような効果があるのでしょうか。

また安心して使える成分なのかも気になります。

今回は、センブリエキスの効果と副作用について見ていきましょう。

センブリエキスの育毛効果とは

それでは早速、センブリエキスの効果から見ていきましょう。

センブリには、頭皮の血行を改善し発毛を促す効果があります。

センブリエキスには、血管拡張作用があるため血行を改善することができるのです。

また、ストレス性脱毛症への効果も認められています。

現代社会はストレス社会ですので、センブリは今後の需要が期待されている生薬の1つなのです。

センブリエキスの副作用は?

センブリエキスは、健康な頭皮へは副作用がなく安全に使用することができます

応用生化学研究所と日本製薬工業株式会社によって、センブリ抽出液を含んでいる育毛剤の皮膚安全性試験が行われました。

健康な成人のボランティアと皮膚疾患患者を対象として、48時間パッチテストの試験が3回にわたって行われたのです。

その結果アレルギー反応は認められませんでした。

3回目の試験結果では、各試験製剤の皮膚刺激指数がすべて15以下となったのです。

この結果、センブリ抽出液が配合された育毛剤は皮疹などがない健康な人の頭皮に使う分には安全に使用できることがわかりました。

そもそもセンブリエキスとは?

センブリエキスは、頭皮の血行を改善し発毛を促す効果があり副作用もなく安全に使える成分ということがわかりました。

それでは、そもそもセンブリエキスとは何なのか詳しく見ていきましょう。

名前の由来

センブリは北海道西南部や本州、四国、九州に分布しているリンドウ科センブリ属の植物です。

センブリには苦味配糖体が含まれており、極めて強い苦味があります。

千回振り出してもまだ苦いということが名前の由来になっているのです。

振り出すとは振るわけではなく、熱湯の中に薬草を浸して成分を溶かし込むことをいいます。

絶滅危惧種として登録されている植物

センブリは日当たりの良い丘や低地に自生しています。

しかし第二次世界大戦前には全国に草原が500万ha以上存在していたのですが、拡大造林が行われたため針葉樹人工林に転換されてしまい現在では30万haほどしか残っていないのです。

さらに栽培は困難で、長野県と高知県の一部でしか栽培されていません。

センブリの出芽率は低く、センブリ種子は寿命が短いのが栽培が困難とされる理由です。

いくつかの県では、絶滅危惧種としてレッドリストに記載されています。

センブリエキスは貴重な成分といえるでしょう。

日本の代表的民間薬

センブリは、日本薬局方には苦味健胃剤、止瀉薬として登録されています。

開花期の全草を生薬として使用できるのです。

民間薬として単独でも広く使われています

昔はノミ・シラミの駆虫薬としても使われていました。

センブリエキスは胃腸薬として有名ですが、胃腸薬として使われ始めたのは明治以降と言われており胃腸薬としての歴史は新しいのです。

センブリのアルコール抽出液は、頭皮の血行を改善して発毛を促すことから養毛剤に配合されるようになりました。

まとめ

  • センブリエキスは、頭皮の血行を改善し発毛を促してくれる
  • 健康な頭皮へは副作用がなく安全に使用することができる
  • センブリの栽培は困難なので、センブリエキスは貴重な成分といえる
  • 胃腸薬や駆虫剤、養毛剤など民間薬として単独でも広く使われている

センブリエキスは、頭皮の血行を改善して発毛を促してくれるので、様々な育毛剤に配合されています。

試験によって副作用がないことも確認されておりますので、安心して使うことができるでしょう。

そんなセンブリセキスは日本に古来から自生している植物だったのですが、現在ではとても貴重な成分だということもわかりました。