出産後におすすめのシャンプー・ヘアケアについて!産後の抜け毛は約7割の女性が経験する!

出産は女性の身体に大きな負担を与えます。

産後にさまざまな不調がでてきますが、その中でも抜け毛は心理的な負担がとても大きいものです。

原因や経過を理解することで、早期に正しいケアを行い抜け毛のストレスを軽減させましょう。

この記事では出産後におすすめのシャンプーやヘアケアをご紹介します。

出産後におすすめのシャンプー・ヘアケア

少しでも早く元の毛量に戻せるようにするためには、髪の成長をサポートする必要があります。

また産後や授乳中の肌はデリケートになっているため、出来るだけ肌への刺激が少ないシャンプーがおすすめです。

  • SINCE beaute
  • マイナチュレスカルプシャンプー
  • Haru kurokamiエイジングケアシャンプー

で産後の抜け毛や薄毛に効果的なシャンプー・育毛剤をご紹介します。

SINCE beauteは赤ちゃんケアの人気ブランド「ALOBABY」とのコラボシャンプー

SINCE beauteはママのために開発されたオーガニックシャンプーです。

赤ちゃんケアで人気のブランドである、ALOBABYと共同で開発しているので赤ちゃんと一緒にお風呂に入るときに使用しても安心できますね。

SINCE beauteは地肌を集中保湿し、出産・授乳で栄養が不足している髪に直接栄養成分を浸透させます。

100%天然由来オーガニックで、添加物不使用なので妊娠中・授乳期でも安心できるシャンプーです。

マイナチュレスカルプシャンプーは髪の成長をサポート

マイナチュレスカルプシャンプーは頭皮環境を整えることのできるシャンプーです。

エイジングケアシャンプーではありますが、頭皮環境を整えることで髪の成長をサポートすることができるので産後の抜け毛にも効果的です。

また肌に刺激が強い成分を使用せずに作られているので、デリケートになっている肌にもトラブルを起こす可能性が低くなっています。

Haru kurokami エイジングケアシャンプーはオールインワンシャンプー

こちらもエイジングケアシャンプーではありますが、100%天然由来の成分で作られています。

そしてこちらの強みは、リンス・トリートメントがいらないオールインワンのシャンプーであるということです。

時間のない育児で工程を1つ減らすというのはとても大きいですよね。

産後のシャンプーはパッチテストしてからの使用がおすすめ

産後授乳中は肌が敏感になっています。

シャンプーを変えることでヘアトラブルにつながる可能性もなくはありません。

初めて使うシャンプーはパッチテストをしてから使用することをおすすめします。 

産後の髪の変化は約7割の女性が経験する

産後の抜け毛は産後脱毛・分娩後脱毛と呼ばれ、出産後の女性の約7割の女性が経験すると言われています。

そう分かってはいても、産後髪がごっそりと抜けると心配になりますよね。

もちろん出産を経験した全ての人に起こるわけではありませんし、抜ける量も人それぞれです。

髪が抜ける原因は様々

ではなぜ産後に髪が一気に抜けたり、細くなったりするのでしょうか。

その原因は大きく分けて3つあります。

  • ホルモンバランスの変化
  • ヘアサイクルの影響
  • ライフスタイルの変化

それぞれの原因について解説します。

ホルモンバランスの変化

妊娠中は女性ホルモンのプロエストロゲンとエストロゲンが増え髪が抜けにくくなります。

しかし産後はそのホルモンが急激に経過するため、妊娠中に抜けなかった髪が一気にぬけることが産後脱毛の1種です。

さらにヘアサイクルが休止期にはいることで一時的に薄くなります。

ヘアサイクルの影響

通常は髪1本1本がそれぞれのヘアサイクルで成長しているため、髪が一気に抜け落ちるということはありません。

しかし妊娠中はホルモンの影響でヘアサイクルが一気に休止期にはいります。

髪はヘアサイクルの休止期にはいると、数ヶ月後に抜け落ちます。

これが産後の抜け毛へと繋がるのです。

抜け落ちるタイミングが同じなので、新しく毛が生えてくるのも同じタイミングになります。

そうなると毛がピンピンとはねてしまい気になる方が多いです。

そういった状況を早く乗り越えるためにも髪の成長スピードを補助する必要があります。

ライフスタイルの変化

産後脱毛はホルモンバランスの影響によるものが多いですが、子育てによりライフスタイルが大きく変わることも抜け毛を助長しています。

慣れない子育てや睡眠不足・ゆっくりと食事を取る時間が無いなどの、ストレスや食生活の乱れが原因です。

そういった強いストレスが毎日溜め込まれていくことで、血流が悪くなっていってしまいます。

そうすることで、髪が成長する上で必要な栄養素や酸素が不足し髪を作る細胞がダメージを受けます。

そのダメージは今生えている髪の毛の成長がストップして抜け落ち、新しい髪の毛が作られなくなるのです。

これがストレスが原因による抜け毛の仕組みとなります。

髪が抜け終わる時期は産後6ヶ月〜1年

経験したことのない抜け毛が続くと、いつになったら終わるのかと心配になります。

多くは休止期に入ってから2~3ヶ月を過ぎれば、だんだんと元のヘアサイクルに戻っていき毛が生え始めて毛量も改善されていくと言われています。

個人差はありますが、産後6ヶ月から1年で落ち着くでしょう。

しかし稀に毛量がもとに戻らず薄毛になってしますことがあります。

そうした場合は、セルフケアではなく皮膚科で専門的治療を受けることをおすすめします。

産後脱毛のケアは今まで通りでも問題ない

産後の抜け毛・薄毛は出産による体の変化により起こるものなので長く続くわけではありません。

ですのでそこまで気にならないという方は今まで通りのケアを続けていても、いずれは元どおりの髪に戻ります。

しかし髪が一気に抜け落ちると思い通りの髪型にならなかったり、おでこが広くなって気になったりするものです。

より早く元の状態に近付けるためには、ケアを変える必要があります。

まとめ
  1. 妊娠中には髪が抜けにくくなっている
  2. ヘアサイクルが一気に休止期にはいる
  3. 成長をサポートするシャンプーの使用