育毛成分「リデンシル」の効果と副作用について!男性ホルモンを損なわず、極めて安全に発毛を促進!

リデンシル はミノキシジルの成長度を超えるという臨床データがあります。

リデンシル」という育毛成分が注目を浴びています。

しかし、実際のところ効果はあるのでしょうか。

そこでこの記事では「リデンシル」の育毛効果について検証していきます。

育毛成分「リデンシル」の効果

育毛成分「リデンシル 」の効果について検証します。

ポイントは以下の通りです。

  • 毛髪の元「幹細胞」に働きかける成分
  • 極めて安全性が高い
  • 医薬部外品として適用可

それぞれ見ていきましょう。

毛髪の元「幹細胞」に働きかける成分

一般的な育毛剤は、薄毛の原因でもある男性ホルモンを抑え女性ホルモンを増やします。

男性ホルモンを減らすことで、「男性らしさ」を失ってしまう側面も否定できません。

しかし「リデンシル」は毛髪の元となる「幹細胞」に働きかけます。

「幹細胞」を活性化することで、髪の成長を促進してくれるでしょう。

「リデンシル」は「男らしさ」を損なわずに、育毛できる画期的な成分と言えます。

極めて安全性が高い

「リデンシル」の研究チームは「Perfectly safety at 100%」と断言しています。

すなわち安全性100%です。

医薬品の発毛剤は刺激が強く、副作用が出てしまう方もいらっしゃいます。

肌が弱く、刺激の弱さを求める方に「リデンシル 」は最適です。

医薬部外品として適用可

「リデンシル」が入っていれば、医薬部外品として認められます。

医薬部外品でなければ「育毛剤」ではありません。

「医薬部外品」でないものは「化粧品」として分類されます。

医薬部外品として認められるということはある程度、効果にも期待が持てるでしょう。

「育毛剤」にみせかけて単なる「化粧品」であることも多いです。

育毛成分「リデンシル」の副作用はなし

「リデンシル 」の副作用はありません。

研究チームも「100%完全に安全」と断言しています。

育毛剤に含まれる「リデンシル」以外の成分が副作用を起こすこともありますが、刺激も弱く極めて安全でしょう。

育毛成分「リデンシル」のメリット

育毛成分「リデンシル」のメリットは以下の通りです。

  • 「ミノキシジル」を超える成長度
  • 人体への作用が穏やか

それぞれ見ていきましょう。

「ミノキシジル」を超える成長度

リデンシル はミノキシジルの成長度を超えるという臨床データがあります。

とある臨床データが「ミノキシジル」の成分よりも「リデンシル」が効果的であると示しました。

「ミノキシジル」が配合された製品は、医薬部外品ではなく医薬品に分類されます。

医薬品に分類されるほど効果が強いということです。

「リデンシル」はその「ミノキシジル」よりも「未使用時と比べて2倍以上、成長度が高かった」という臨床データがあります。

あくまでも一つの臨床データですが、期待をもてることは間違いないでしょう。

人体への作用が穏やか

「ミノキシジル」は医薬品に分類されるほど、刺激が強く副作用を懸念する必要があります。

しかし「リデンシル」を使っても医薬品にはならないので、そこまで副作用を気にする必要はありません。

「リデンシル」配合の育毛剤は極めて安全です。

「ミノキシジル」を超える成長度があり、人体への作用が穏やかであることは大きなメリットでしょう。

育毛成分「リデンシル」のデメリット

「リデンシル」配合の育毛剤のデメリットは以下の通りです。

  • 日本におけるデータが少ない
  • あくまでも「可能性」にとどまる

それぞれ見ていきましょう。

日本におけるデータが少ない

「リデンシル」が世界的に市場に出されたのは2014年です。

よって「リデンシル」に関する、公的機関のデータはほとんどありません。

たしかに「リデンシル」が配合されていることで、医薬部外品として認められます。

しかし、育毛効果に関する根拠が十分であるとは決して言えません。 

あくまでも「可能性」にとどまる

データが不足していることもあり、「リデンシル」の育毛効果はあくまでも「可能性」の段階です。

実際に「リデンシル」の成分を取り扱っている日本の業者は以下のように表現しています。

Redensylを用いることで植毛よりも高い効果が得られる可能性があります!

「効果が得られる」と言い切っていません。

しかしこれは「リデンシル」に限らず、どの育毛剤にも言えることができます。

実際に効果があるかどうかは個人差もありますし、実際に使ってみないとわからないでしょう。

育毛成分「リデンシル」は複数の成分から成り立つ

日本において、「リデンシル」という成分表示はありません。

医薬部外品にも関わらず、有効成分が記載されていないのはそのためでしょう。

「リデンシル」は以下の成分から成り立ちます。

濃グリセリン 精製水 ピロ亜硫酸ナトリウム グリシン マツエキス 塩化亜鉛 チャエキス(1)

この複数の成分を見れば、「リデンシル」という成分のイメージがなんとなくつくはずです。

イメージがつけば、安心して育毛剤を利用できます。

「リデンシル」配合のおすすめ育毛剤

「リデンシル」配合のおすすめ育毛剤は以下の通りです。

  • 男性は「プランテルEX」
  • 女性は「RiJUN-リジュン-」

「リデンシル」は男女ともに効果が期待されています。

男性は「プランテルEX」

プランテルEXのレビュー写真

「プランテルEX」は「リデンシル」が最高濃度の5%で配合されている男性用の育毛剤です。

5%は製品に配合できる限界の濃度となります。

また「プランテルEX」はあまりにも人気のため、供給が追いつかないことがしばしばあります。

リデンシル配合の育毛剤をお探しのかたは、ぜひ迷わず「プランテルEX」を選択しましょう。

女性は「RiJUN-リジュン-」

「rijun-リジュン-」の商品写真

「RiJUN-リジュン-」は「リデンシル」が配合されている唯一の女性用育毛剤です。

たしかに女性が「プランテルEX」を使用しても問題ありません。

しかし「RiJUN-リジュン-」は「フルボ酸」を配合することで、栄養が届きにくい女性の頭皮にしっかりと浸透するようになっています。

「リデンシル」配合の女性育毛剤なら「RiJUN-リジュン-」がおすすめです。

まとめ

  1. 「リデンシル」は男性ホルモンを損なわずに発毛を促進
  2. 「リデンシル」は極めて安全性の高い成分
  3. 「ミノキシジル」を超える成長度
  4. 臨床データがやや不足気味

「リデンシル」は大注目の新・育毛成分です。

「リデンシル」配合の育毛成分は試してみる価値が十二分にあるでしょう。

副作用の心配が少なく、育毛効果も多いに期待できる成分は「リデンシル」です。