「医薬部外品」と「医薬品」の育毛剤について!それぞれの違いは効果と副作用リスクの大きさ!脱毛の進行度に応じて選び分けしよう!

薄毛・抜け毛対策には、育毛剤(発毛剤)の使用がおすすめです。

しかし、育毛剤(発毛剤)には「医薬部外品」と「医薬品」があり、それぞれ人体への影響の強さが異なります。

とりあえず、なんとなく、といった判断の仕方は大きなトラブルに繋がるので注意しましょう。

そこで今回は、「医薬部外品」と「医薬品」の育毛剤についてわかりやすく解説していきます!

それぞれの違いは、効果副作用リスクの大きさにありますので、ご自身の脱毛状況に応じてちゃんと選び分けをしましょう。

医薬部外品の育毛剤のメリット・デメリット

それではまず、「医薬部外品」の育毛剤について解説しましょう。

「医薬部外品」とは

そもそも「医薬部外品」とはどういう意味なのでしょうか?

厚生労働省が定める定義は以下となります。

人体に対する作用が緩和で、安全性上特に問題がないもの

※口中清涼剤、制汗剤、殺虫剤、ドリンク剤等

※引用先:一般用医薬品のリスク区分/厚生労働省

普段から何気なく使っているものの中にも医薬部外品はたくさんあります。

薬剤師や登録販売者といった専門家がいないドラックストアでも手軽に購入できるので、私たちの生活にも広く浸透していますね。

これを踏まえて、「医薬部外品」の育毛剤のメリットとデメリットを確認しましょう。

医薬部外品 育毛剤のメリット:副作用が極めて少ない

私たちにとって非常に身近な存在である「医薬部外品」の育毛剤には、どんなメリットがあるのでしょうか。

大事なポイントは以下となります。

  • 副作用が極めて少ない
  • 商品の種類が豊富
  • 好みの成分を選べる
  • 品質や価格帯が様々

「医薬部外品」として認められる商品は、「安全性上特に問題がないもの」であることが大前提となっています。

もちろん、必ずしも副作用が起きないとは言えないのですが、その可能性は極めて少なく安全性は非常に高いです。

あまり神経質にならず、気軽に使えるのが嬉しいですね。

また、販売されている商品の種類も豊富なので、天然成分や無添加、ノンアルコールなどご自身の好みに応じた成分構成のものを選ぶことができます。

品質や価格帯も様々なので、とにかく高級なものを使いたい方や安いものを探している方にも、きっと適した育毛剤が見つかるでしょう。

医薬部外品 育毛剤のデメリット:有効成分の働きがゆるやか

メリットがとても多い「医薬部外品」の育毛剤ですが、デメリットも存在します。

  • 有効成分の働きがゆるやか
  • 種類がありすぎて悩む

「医薬部外品」の育毛剤は、人体への働きが「医薬品」よりも緩やかなのが特徴です。

心配な副作用が少ない分、有効成分の働きも抑えられています。

そのため、即効性を求める方には向かないでしょう。

また、販売されている商品の種類が非常に多いため、どの育毛剤が良いのかわからないという方もたくさんいます。

お悩みの方は、以下のおすすめランキングを参考にしましょう。

医薬品の育毛剤のメリット・デメリット

それでは次に、「医薬品」の育毛剤について解説していきます。

「医薬品」とは

「医薬品」とはどういう意味なのでしょうか?

厚生労働省が定める定義は以下となります。

【第1類医薬品】

一般用医薬品としての使用経験が少ない等安全性上特に注意を要する成分を含むもの

※H2ブロッカー含有薬、一部の毛髪薬

【第2類医薬品】

まれに入院相当以上の健康被害が生じる可能性がある成分を含むもの

※主なかぜ薬、解熱鎮痛薬、胃腸鎮痛、鎮けい薬等

【第3類医薬品】

日常生活に支障を来す程度ではないが、身体の変調・不調が起こるおそれがある成分を含むもの

※ビタミンB・C含有保健薬、主な整腸薬消化薬等

※引用先:一般用医薬品のリスク区分/厚生労働省

「医薬品」は、リスクの高さに応じて「第1類医薬品」「第2類医薬品」「第3類医薬品」に分けられています。

また、「第1類医薬品」は薬剤師しか販売することができず、「第2類医薬品」「第3類医薬品」は薬剤師または登録販売者でなければ販売できません。

そして特に注目すべきは、「第1類医薬品」に「毛髪薬」が含まれている点です。

以上を踏まえて、「医薬品」の育毛剤のメリットとデメリットを確認しましょう。

医薬品 育毛剤のメリット:しっかりとした効果が期待できる

「医薬品」の育毛剤のメリットは以下の通りです。

  • しっかりとした効果が期待できる
  • 商品選びで悩む必要がない

「医薬品」は、人体への働きが強いです。

そのため、緩やかに働く「医薬部外品」よりも「医薬品」の育毛剤の方がしっかりとした効果が期待できます。

そして、「医薬品」に分類される育毛剤は非常に少なく、現在販売しているのは大正製薬の「リアップシリーズ」のみとなります。

商品が少ないので悩む必要がなく、特に女性なら大正製薬「リアップリジェンヌ」で決まりです。

こだわりがある方は別ですが、悩むのが嫌な方には嬉しいですね。

医薬品 育毛剤のデメリット:副作用への注意が必要

それでは、メリットの次は「医薬品」の育毛剤のデメリットを見ていきしょう。

  • 副作用への注意が必要
  • 価格がやや高い
  • オーガニックや天然由来の商品が選べない

「医薬品」の育毛剤の最大のデメリットは、副作用のリスク大きいことです。

現在国内で販売されている唯一の「医薬品」育毛剤の「リアップシリーズ」は、最も副作用リスクの高い「第1類医薬品」に分類されます。

良くも悪くも人体への働きが強いことをよく理解しましょう。

また、価格がやや高価なので安価な育毛剤を探している方には適しません。

そして、オーガニックや天然由来などの商品が選べないので、成分構成にこだわりがある方にもおすすめできないでしょう。

よりこだわった育毛剤を選びたい方には、「医薬部外品」の育毛剤をおすすめします。

医薬部外品と医薬品の育毛剤を比較

それぞれの特徴を確認したので、次は代表商品を具体的に比較してみましょう。

今回は、「ベルタ育毛剤(医薬部外品)」大正製薬「リアップリジェンヌ(医薬品)」を見ていきます。

価格とランニングコスト

ベルタ育毛剤(医薬部外品) リアップリジェンヌ(医薬品)
内容量 80ml 60ml
定期便(初回) 3,980円
定期便(2回目~) 4,980円
通常購入 5,980円 5,330円
1日のランニングコスト 約166円(定期便2回目~) 約178円(通常購入)
返金保証 30日間
最低利用期間 3ヵ月
付属品 頭皮クレンジング(定期便のみ)

「ベルタ育毛剤(医薬部外品)」大正製薬「リアップリジェンヌ(医薬品)」は、どちらも非常に人気が高い商品です。

「ベルタ育毛剤(医薬部外品)」には約16~33%オフで購入できるお得な定期便があるのに対し、大正製薬「リアップリジェンヌ(医薬品)」には定期便サービスがないため割引は適用されません。

さらに、「ベルタ育毛剤(医薬部外品)」の定期便サービスには、育毛剤の前に使用すると成分の浸透率を高めることができる頭皮クレンジングがプレゼントされ、30日間の返金保証も備えられています。

このように、「医薬品」の育毛剤に比べて、「医薬部外品」の育毛剤には購入特典や割引サービスが付いている場合が多くあります。

お得感があるのは「医薬部外品」の育毛剤ですね。

成分

ベルタ育毛剤(医薬部外品) リアップリジェンヌ(医薬品)
有効成分 センブリエキス ミノキシジル
グリチルリチン酸2K パントテニールエチルエーテル
ビタミンE誘導体(酢酸トコフェロール) ビタミンE誘導体(トコフェロール酢酸エステル)
l-メントール
サポート成分 天然由来成分36種
アミノ酸14種

特徴を簡単に説明すると、「ベルタ育毛剤(医薬部外品)」は基本的な有効成分以外にも、有効成分の働きをサポートする天然由来成分36種とアミノ酸14種が配合されています。

そして大正製薬「リアップリジェンヌ(医薬品)」には有効成分が1種類多く含まれ、その他のサポート成分はほとんど配合していません。

「医薬品」の育毛剤が有効成分に特化した成分構成であるのに対し、「医薬部外品」の育毛剤は、人体への働きが緩やかであることが条件なので、副作用のリスクを高めずに有効成分の働きを助けるために工夫が凝らされています。

「医薬部外品」の中でも品質の高いものはやや高価になりがちですが、それだけこだわって作られている証拠といえるでしょう。

まとめ

  • 薄毛・抜け毛対策には医薬部外品か医薬品の育毛剤(発毛剤)がおすすめ
  • 効果が高いのは、医薬品
  • 安全性が高いのは、医薬部外品
  • 医薬品育毛剤(発毛剤)は第1類医薬品「リアップリジェンヌ(医薬品)」だけ
  • 第1類医薬品は医薬品の中で最も副作用のリスクが高い
  • 即効性を求めるなら医薬品
  • 気軽に使うなら医薬部外品
  • 育毛ケア、薄毛・抜け毛対策の初心者さんは医薬部外品がおすすめ

薄毛・抜け毛対策はできるだけ早い段階で行いましょう。

その際には、育毛剤(発毛剤)の使用がおすすめです。

しかし、育毛剤(発毛剤)には医薬部外品と医薬品があり、それぞれ効果や副作用の大きさが異なります。

効果が高いのは医薬品の育毛剤、安全性が高いのは医薬部外品の育毛剤でしょう。

とにかく即効性を求める方や薄毛がかなり進行している方には医薬品をおすすめしますが、それ以外の方は医薬部外品の育毛剤を選びましょう。

安全性を維持したまま育毛サポートができるよう工夫が凝らされた商品がたくさんあるうえに、薬剤師を対面せず通販や店頭でも購入できるので気軽に薄毛対策を始めることができます。