育毛剤の有効成分「ピロクトンオラミン(オクトピロックス)」の効果と副作用について!頭皮を清潔に保ち、副作用も毒性も極めて少ないフケ・かゆみの対策成分!

ピロクトンオラミンはフケ・かゆみの対策成分

フケやかゆみ対策に有効な成分として「ピロクトンオラミン」があります。

育毛剤やヘアトニックに配合されていることもあるので、ご存知の方もいるでしょう。

別名では「オクトピロックス」とも呼ばれます。

頭皮環境の乱れを感じた時に役に立つ成分です。

「ピロクトンオラミン」には頭皮を清潔に保つ働きがあり、医薬部外品に指定される育毛剤の有効成分として配合されています。

大変便利な成分なのですが、副作用も気になりますよね。

そこでこの記事では、育毛剤有効成分「ピロクトンオラミン」効果副作用についてご紹介します。

「ピロクトンオラミン」は頭皮に良い働きをする上に、毒性や副作用も極めて少ない注目成分です。

ピロクトンオラミンの育毛効果とは

ピロクトンオラミンはフケ・かゆみの対策成分

簡単に解説すると、「ピロクトンオラミン」には以下のような働きが期待できます。

  • 殺菌作用(フケ・かゆみに効く)
  • 抗酸化作用
  • ターンオーバーの調整

どれも育毛ケアにおいてとても重要な働きです。

それぞれわかりやすく解説していきましょう。

殺菌作用(フケ・かゆみに効く)

「ピロクトンオラミン」の最も重要な働きは、「殺菌作用」です。

具体的には、以下2種の菌に対して効果があります。

  1. 細菌(バクテリア)
  2. 真菌(カビ)

細菌はバクテリアとも呼ばれるもので、体内に取り込まれることで病気を引き起こすものもあります。

また、真菌とはいわゆるカビのことで、頭皮環境が悪いとどんどん繁殖していくでしょう。

この細菌(バクテリア)や真菌(カビ)が頭皮に広く繁殖すると、過剰なフケ激しいかゆみに悩まされることとなります。

しかし「ピロクトンオラミン」なら、やっかいなフケ・かゆみの原因菌と戦ってくれる治療成分として大変有効です。

頭皮のフケやかゆみにお悩みの方は、ぜひ「ピロクトンオラミン」が入った育毛剤を試してみましょう。

抗酸化作用

「ピロクトンオラミン」には、殺菌作用の他にも抗酸化作用が期待できます。

頭皮は皮脂を分泌しますが、その皮脂が酸化することで以下の症状が引き起こされるでしょう。

  1. むずむずとしたかゆみ
  2. 不快な臭い
  3. べとつき
  4. 抜け毛の増加

頭皮の皮脂が酸化すると、頭皮の菌が繁殖しやすくなります。

すると、かゆみ・悪臭・べたつきといった症状が現れるでしょう。

またこれらの症状は頭皮環境が悪化しているサインなので、抜け毛の増加にも影響します。

頭皮の酸化量は、体質や体調にも左右されますので肌の弱い方などは特に注意が必要です。

しかし「ピロクトンオラミン」には、頭皮環境の悪化を防ぐ抗酸化作用が望めます。

アトピー肌、加齢による脱毛、皮脂の過剰分泌、頭皮の悪臭などで悩む方は、積極的に検討すべき成分でしょう。

ターンオーバーの調整

「ピロクトンオラミン」には、さらに頭皮のターンオーバー(新陳代謝)を整える作用もあります。

頭皮のターンオーバーは正常な場合で、28日周期です。

しかし、過剰なフケに悩む方の場合はその周期が極端に短い可能性があります。

フケの発生は誰にでも日常的に起こるものですが、特に面積の大きいフケや大量のフケは頭皮のターンオーバーが乱れているサインなので早めの対策をしましょう。

「ピロクトンオラミン」は、そんな頭皮の代謝リズムを整えるために有効とされている成分です。

ピロクトンオラミンの副作用はほとんどなし

「ピロクトンオラミン」が配合される育毛剤において、副作用の心配はほとんどありません。

「ピロクトンオラミン」は、人体に負担の少ない成分として知られています。

しかし、ほんの一部では以下のような副作用の報告もあがっています。

  1. かゆみ
  2. 赤み
  3. 腫れ

ただしこれらは成分の直接的な副作用報告ではありません。

あくまでも「ピロクトンオラミン」が配合された商品についての症状報告です。

他の成分が肌に合わなかっただけという可能性もありますので、安全性が高いとされる「ピロクトンオラミン」に対しては、過剰に心配する必要はないでしょう。

もともと肌が弱くて不安な方は「ピロクトンオラミン」配合の育毛剤に限らず、少量ずつ様子をみて試してみることをおすすめします。

ピロクトンオラミン(別名:オクトピロックス)について

頭皮を清潔な状態に保つことができ、副作用も極めて少ないのが「ピロクトンオラミン」です。

「ピロクトンオラミン」は他にも特徴があります。

  • 別名はオクトピロックス
  • スイス生まれの薬用成分
  • 育毛剤以外でも活用されている

それぞれ補足していきましょう。

別名はオクトピロックス

「ピロクトンオラミン」には、「オクトピロックス」という別名があります。

これは薬用成分としての商品名です。

どちらも同じ成分ですので、両方の名称を知っておくと便利でしょう。

スイス生まれの薬用成分

「ピロクトンオラミン」を商品化し「オクトピロックス」として世界に広めたのは、スイスのスペシャルティケミカル企業です。

顔料、界面活性剤、高分子化学などの研究・開発を行っています。

日本法人でもクラリアントジャパン株式会社として東京都文京区に拠点があります。

育毛剤以外でも活用されている

育毛剤以外で活用されている代表的な商品は、育毛シャンプー、化粧品の防腐剤、愛犬用皮膚炎ケアシャンプーなどです。

副作用が少なく、扱いやすい成分として活用されています。

「ピロクトンオラミン」配合のおすすめ育毛剤は「MUNOAGE(ミューノアージュ)」

「MUNOAGE(ミューノアージュ)」の商品写真

「ピロクトンオラミン」が配合されているおすすめの育毛剤は「MUNOAGE(ミューノアージュ)」です。

「MUNOAGE(ミューノアージュ)」は「ピロクトンオラミン」以外にも、合計5つの有効成分が配合されています。

また「MUNOAGE(ミューノアージュ)」は頭皮美容液と育毛剤の2ステップタイプです。

2ステップタイプだからこそ、頭皮環境を整えながら育毛することができます。

「ピロクトンオラミン」配合の育毛剤をお探しの方はぜひ「MUNOAGE(ミューノアージュ)」にしましょう。

もはや「MUNOAGE(ミューノアージュ)」以外に候補があまりありません。

「ピロクトンオラミン」配合のおすすめシャンプーは「スカルプD」シリーズ

スカルプDシャンプー

フケやかゆみ対策で「ピロクトンオラミン」配合のシャンプーをお探しの方は多いです。

フケやかゆみの悩みだけであれば、育毛剤を選ぶまでもなくシャンプーで十分でしょう。

「ピロクトンオラミン」配合のシャンプーでおすすめなのは「スカルプD」シリーズです。

「スカルプD」はラインナップが豊富ですが、ほとんどに「ピロクトンオラミン」が配合されています。

どの「スカルプD」を選ぶかはぜひ以下の記事を参考にしましょう。

まとめ

  • 殺菌成分として最近やカビと戦う
  • 抗酸化成分として皮脂の酸化を防ぐ
  • 頭皮の代謝リズムを整える
  • 副作用は極めて少ない
  • 別名は「オクトピロックス」

「ピロクトンオラミン」は別名「オクトピロックス」といい、この成分が配合される育毛剤には、殺菌作用・抗酸化作用・代謝調整作用が期待できます。

清潔な頭皮の環境作りに貢献できて、非常にメリットの多い注目成分ですが、デメリットとなる副作用もほとんどありません。

フケやかゆみに対して特にしっかりと効果が見れますので、お悩みの方にはぜひ試していただきたい成分でしょう。

育毛剤選びで重要なのは、「ピロクトンオラミン」だけではありません。

ぜひその他の有効成分にも着目することをおすすめします。