全頭ピンクにしていた時のメイク方法!奇抜カラーは枝毛と切れ毛のオンパレード!

どもラウドバンドのベース女子!ReptileのNaNa榎戸です。

私はバンドマンをしてまして、これまで奇抜なカラーリングばかりしてきました。

全頭ピンクをしてみたり、レインボーカラーにしてみたりと!

髪の毛を傷めに傷めつけてきた人生でした。

今は黒髪に落ち着きまして、髪の毛を回復させているところです。

派手髪って何が困るかって言うと、髪の毛が傷んだり周りの目が気になるだけでなくメイクが困るんですよね。

今回は全頭ピンクにしていた時、メイクはどうしていたのかと言うことを綴りたいと思います。

また、ピンクヘアにしようか迷っている少数の人々へ向けてピンクヘア生活を送った感想とアドバイスも綴っておきましょう。

全頭ピンクに合うメイク方法!

当時のお写真はこちらです。

ピンクヘアーで普通のメイクをすると、すごく浮いてしまい変になるのですよ。

この当時気をつけていたメイク方法は

  • 眉毛をピンクにする
  • リップは髪色と同じ発色の物
  • 肌はワントーン明るく
  • バーガンディーのアイライン

ってな感じです!

メイクポイントをご紹介します!

眉毛をピンクにする

ピンク髪にして一番困ったのは、眉ですね。

だいたいこのように前髪で隠していたのですが、

走ったりチャリに乗れば、前髪がフッ飛ばされるわけです。

隠してればOKというわけに行かないので、一応しっかり描いてました。

黒はもちろん変だし、茶色も合わない・・・と言うことで私はピンクのチークで眉を描いていましたよ!

濃いめのピンクのチークを使ってました。

リップは髪色と同じ発色の物

リップは、髪のピンクと同じような発色の物を選んでいました。

ビビットなピンク!!!ポップなピンク!!!

もしくは、髪色よりも濃い色にしていました。

しかーし、オレンジや深いレッドは合わないです。

全頭ピンクに合わせて、口紅やグロスを大量に買いなおした思い出があります。

肌はワントーン明るく

残念なことに、私は地黒です。

全頭奇抜カラーと言うのは、基本的に色白の人のが似合うんですよね。

(褐色の乙女な私には正直、全頭ピンクは似合ってなかったです。笑)

それでもやってしまったからには、どうにか落とし前をつけなくてはいけないと言うことで肌はワントーン明るいファンデを使っていました。

以下の写真はバンドのかつてのアーティスト写真なのですが、撮影前にCCクリームを露出している肌に塗りまくり撮影したのを覚えております。

地黒の方で全頭カラーをしてしまった方は、普段よりワントーン明るいファンデーションで落ち着けましょう。

バーガンディーのアイライン

アイラインも漆黒の黒だと顔面がリアルに浮き出てしまいます。

茶色のアイラインでも良いのですが、いまいち盛れなかったので・・・

私のおすすめは、バーガンディー色です。

ピンク要素が入っているので、一番まとまりました。

普通のメイクは捨てるべし!

全頭ピンク時代は、色々とメイクを工夫しまくりました。

全頭ピンクにしてしまった場合は、普通のメイクは捨てましょう。

自分はピンクの星に生まれたキャラクターなんだと思って、発色の良いピンクアイテムを集めてみてください。

これは奇抜すぎるだろうってアイテムを使った方がまとまったりします。

ただピンクヘアと言っても、色々なピンクがありますよね。

もうちょい暗めのピンクだったり、もうちょい赤めのピンクだったら合うアイテムは変わってくるかと思います。

自分の頭髪のピンクと発色が似たアイテムを集めることをお勧めします。

ピンク髪はすぐ汚くなる

フィルター越しに見ればピンクはパンチがあり二次元ぽさも出て良いのですが、リアルではあまり可愛いものではありません!!

染めて5日後には色が落ちてきます。

ピンクって色が落ちてくると、黄色くなるんですよ。

その汚らしさは、すごいんです。

私は週一で、マニックパニックと言うカラートリートメントを使っていました。

家中のタオルがピンク色になりましたよ!

さらにブリーチ2回やってからピンクを入れているので、髪の毛の痛みが酷かったです。

傷んだ髪って跳ねるしピヨン!ピヨン!って飛び出てくるんですよ。

また根元が伸びてくると汚さがヤバかったため、結局私は3ヶ月くらいでピンクヘアを卒業しました。

維持するにはお金がかかる!!!

美しく生活しないと後ろ指刺される

私は、バンドの新アルバムリリースに向けてパンチを求めて全頭ピンクにしてみたわけです。

ライブハウスやイベントでは、目立てるし一発で覚えてもらえるのでよかったのですが・・・。

が、リアル生活は生きにくかったですよ。

私生活では、近所で噂のピンクちゃんとなってしまいました。笑

人の目が集まってしまいますので、所作を謹んで美しく生活しなければなりません。

当時私はまだアルバイトをしていたのですが、黒髪清楚女子がちょっと「いらっしゃいませ」を言いそびれるよりも奇抜ピンク髪女子が「いらっしゃいませ」を言わなかった方が罪は重い。

って言うか目立つ。

「あのピンク野郎!!!」ってなる。

だからこそ、いつも以上に丁寧で麗しい振る舞いを心がけてました。

目立つことを選んでしまった、定めですね。

ピンク髪を卒業後のケアも大変だった。

私は約3ヶ月で維持に断念し、ピンクヘアを卒業しました。

全頭奇抜色ってのは、維持にお金や手間がかかりまくってとても大変です。

その後は、黒髪ベースでポイントカラーやレインボーカラーをしていました。

黒髪ベースなら根元が伸びても違和感はさほどないので維持しやすかったです。

が、1回全頭ピンクヘアをしてしまった後遺症は1年くらい続きました。

ピンクを綺麗に入れるために2回ブリーチをしたので、髪の毛が死んでいます。

枝毛と切れ毛のオンパレード。

美容師さんには「トリートメントでケアをして耐え忍び、伸ばして切るしかない」と言われました。

頭皮も傷んだので、そこからしばらくはブリーチを頭皮に当てることは避けました。

ロングヘアにしたいのに、傷んだところを切るしかないためショートカットにしばらくしていましたねー。

奇抜カラーをするなら頭皮と髪の毛のケアが重要

奇抜カラーは、何度も言いますが維持が大変です。

美しく保つためには髪にこれ以上負担をかけないように、シャンプーとトリートメントを見直した方が良いでしょう!

特にブリーチをすると、髪の毛のハリとコシがなくなるのでそれをサポートしてくれるシャンプーがお勧めです。

髪色を長持ちさせるためにも、痛みはなるべく緩和させられるようケアを頑張ってくだされ。

また、ブリーチは地肌も荒れますのでブリーチ後の数ヶ月は地肌ケアもできると良いですね。

将来に響かないように!!