「長春毛精(ちょうしゅんもうせい)」と「マイナチュレ」の比較!大人気のおすすめ女性用育毛剤!選び方のポイントは浸透力と無添加へのこだわり!

「マイナチュレ」の商品写真

女性向けの育毛剤は数多く販売されており、当サイトでもご紹介しています。

同じ女性向け育毛剤と言っても、それぞれに特徴があるので何を重視して選ぶかが重要です。

今回比較していく女性向け育毛剤は、「長春毛精(ちょうしゅんもうせい)」「マイナチュレ」です。

どちらも人気の女性向け育毛剤ですが、その特徴やランニングコストについて比較していきましょう。

「長春毛精(ちょうしゅんもうせい)」と「マイナチュレ」はどっちがおすすめ?

早速比較していきます。

比較する上で大切なのは以下の通りです。

  • 浸透力の高さなら「長春毛精(ちょうしゅんもうせい)」
  • 無添加育毛剤なら「マイナチュレ」

それでは詳しく見ていきましょう。

浸透力の高さなら「長春毛精(ちょうしゅんもうせい)」

「長春毛精(ちょうしゅんもうせい)」の商品写真

浸透力の高さなら「長春毛精(ちょうしゅんもうせい)」を選びましょう。

「長春毛精(ちょうしゅんもうせい)」は独自のナノエマルジョン製法によって極超微粒子化し、頭皮の状態に左右されることなくしっかりと浸透する育毛剤です。

通常は同じ育毛剤を使ったとしても人によって、浸透率に差が生まれてしまいます。

しかし「長春毛精(ちょうしゅんもうせい)」はそういった不安も少ないとう点が魅力です。

無添加育毛剤なら「マイナチュレ」

「マイナチュレ」の商品写真

「マイナチュレ」は無添加育毛剤で、刺激となる添加物を使用していません。

無添加で、多くの天然成分から作られた「マイナチュレ」は妊娠中・授乳中などのデリケートな時期の方でも安心して使用できるでしょう。

育毛剤は継続して長期的に使用するものですので、刺激物は最小限に抑えたいところでしょう。

 

「長春毛精(ちょうしゅんもうせい)」の特徴

続いては個別に見ていきましょう。

まずは「長春毛精(ちょうしゅんもうせい)」の強みと欠点について簡単にお話しします。

強み

  • 育毛サロンと漢方医学専門大学が共同開発
  • 12種類の和漢植物が主成分
  • ナノエマルジョン製法で浸透力アップ
  • 購入後のフォローも充実

「長春毛精(ちょうしゅんもうせい)」は育毛サロン「バイオテック」と漢方医学専門大学「長春中医学院」による共同開発で生み出された薬用育毛剤です。

確かな技術力と知識の下で開発された育毛剤ですので信頼度も高いでしょう。

主成分となるのは12種類の和漢植物で、全てし自然由来で髪と頭皮を労わりつつ美しい髪の成長を促します。

そして「長春毛精(ちょうしゅんもうせい)」の大きな特徴の一つとも言えるのがナノエマルジョン製法です。

ナノエマルジョン製法によって極超微粒子化し、頭皮の状態に左右されない浸透力が実現しました。

また育毛専門サロン「バイオテック」が開発した育毛剤ですので、サロンによるアフターフォローも魅力です。

欠点

  • 価格が高い
  • 内容量が少ない

「長春毛精(ちょうしゅんもうせい)」は「マイナチュレ」と比べると少々高額になってしまいます。

容量も「長春毛精(ちょうしゅんもうせい)」は60mlなのに対して「マイナチュレ」は120mlです。

もちろん製品によって一日の使用目安量は違うのですが、比べてみるとやや物足りなさを感じてしまいます。

たっぷりと試してみたいという方は「マイナチュレ」を選ぶと良いでしょう。

「マイナチュレ」の特徴

次に「マイナチュレ」の強みと欠点について解説します。

強み

  • 11種類の無添加成分
  • 27種類の天然成分
  • 10種類のアミノ酸
  • 6ヶ月の返金保証

「マイナチュレ」は11種類の無添加成分が配合されています。

低刺激なので安心して使用できるでしょう。

27種類の天然成分と10種類のアミノ酸によって、髪に更なる美しさを与えつつ育毛サポートをしてくれます。

このように多くの育毛ケア成分が配合されており、更には無添加なので安心です。

また、「マイナチュレ」の定期便の返金保証は6ヵ月と、非常に長く設定されています。

これほど長く返金保証がある育毛剤はなかなかありませんので大きな強みと言えるでしょう。

欠点

  • 浸透率は普通程度
  • 定期便の最低利用期間が長い

「マイナチュレ」の浸透率は「長春毛精(ちょうしゅんもうせい)」と比べるとナノ化をしていないので普通程度です。

余分な皮脂や汚れを十分に落としてから使用すれば問題はありませんが、比較した際には欠点と言えます。

定期便に関して言えば、最低利用期間が6ヶ月と少し長いです。

その代わりに返金保証期間も6ヶ月あるのですが、すぐに解約できないという点は欠点でしょう。

 

「長春毛精(ちょうしゅんもうせい)」と「マイナチュレ」の比較

今度は「長春毛精(ちょうしゅんもうせい)」と「マイナチュレ」を詳しく比較していきます。

値段とランニングコスト

  「長春毛精(ちょうしゅんもうせい)」 マイナチュレ
定期便初回(税込) 1,080円 1,058円
定期便(税込) 6,480円 4,921円
一日のランニングコスト 216円(初回約36円) 約164円(初回約35円)
最低利用期間 なし 6ヵ月
返金保証期間 なし 6ヵ月間

価格とランニングコストを見ていくと、「マイナチュレ」のほうが安価で返金保証期間もあるので強みでしょう。

「長春毛精(ちょうしゅんもうせい)」の最低利用期間がなしに対して「マイナチュレ」は6ヵ月と長めに設定されていますが、その分返金保証も6ヵ月と長くあります。

価格を安く抑え、じっくりと育毛剤を試してみたいという方は「マイナチュレ」を選択すると良いでしょう。

成分

成分 「長春毛精(ちょうしゅんもうせい)」 マイナチュレ
有効成分 ヒノキチオール センブリエキス
グリチルリチン酸ジカリウム
酢酸DL-α-トコフェロール
サポート成分 和漢植物12種 植物由来27種
  アミノ酸10種

1種は違う有効成分が配合されています。2種は同じものを配合しています。

サポート成分については、配合されている種類は「マイナチュレ」の方が豊富です。

しかし、「長春毛精(ちょうしゅんもうせい)」は使用感・無香料・無着色にこだわった自然由来の和漢植物を使用しています。

頭皮と髪への優しさと効果の高さの両立を実現してくれるでしょう。

まとめ

  • 浸透力の高さなら「長春毛精(ちょうしゅんもうせい)」
  • コストパフォーマンスが良いのは「マイナチュレ」
  • 配合成分の種類が多いのは「マイナチュレ」
  • 和漢植物で髪と頭皮への優しさと効果の高さなら「長春毛精(ちょうしゅんもうせい)」
  • 最低利用期間がないのは「長春毛精(ちょうしゅんもうせい)」
  • 返金保証期間が6ヵ月ある「マイナチュレ」

価格や買いやすさなども加味して、総合的に見れば「マイナチュレ」の方が評価は高いでしょう。

しかし「長春毛精(ちょうしゅんもうせい)」は育毛サロンと漢方医学専門大学の共同開発であることや、宝塚女優の方も愛用されているなどの実績から美しい髪にこだわりたい方におすすめです。

 

それぞれの育毛剤については、より詳しい解説も用意していますのでこちらも参考にしてみてください。