育毛成分「ミノキシジル」の効果は壮年性脱毛症における発毛!副作用(有害事象)に要注意!

育毛成分「ミノキシジル」の効果と副作用について!

最も信頼できる育毛成分は「ミノキシジル」です。

病院でも処方されます。

しかし、病院で処方されるからこそ副作用も強いです。

そこでこの記事は、「ミノキシジル」の効果と副作用について解説します。

「ミノキシジル」に興味のある方はぜひお読みになってください。

「ミノキシジル」の効果

育毛成分「ミノキシジル」の効果と副作用について!

「ミノキシジル」の効果は以下の通りです。

  1. 壮年性脱毛症における発毛
  2. 育毛
  3. 脱毛(抜け毛)の進行予防

厚生労働省の定義によると、「壮年期」とは「30歳〜44歳」を指します。

「ミノキシジル」はこの時期に発症した脱毛症に有効です。

また20代の方が使っていけないというわけではありません。

ただし、20歳未満の未成年者は使用できませんので注意しましょう。

国内での使用経験がないからです。

「ミノキシジル」の副作用(有害事象)

「ミノキシジル」で考慮すべき副作用(有害事象)は以下の通りです。

  1. 掻痒感(むずむず)
  2. 発疹
  3. 接触性皮膚炎
  4. 紅斑(赤み)
  5. ヒコウシン(皮膚の脱落)
  6. 腫脹(はれあがり)
  7. 浮動性めまい(ふわふわ浮くような)
  8. 頭痛
  9. 動機
  10. 刺激感
  11. 痂皮(かさぶた)
  12. 疼痛(ズキズキ痛む)
  13. 乾燥
  14. 分泌物

これらは報告のあった主な副作用(有害事象)です。

報告自体は他にもあり、発現例は他にもあります。

いずれにしても、「ミノキシジル」は副作用があるということがわかるでしょう。

「ミノキシジル」のメリット

 「ミノキシジル」配合の育毛剤のメリットは以下の通りです。

  • ドラッグストアでも市販されている
  • 育毛に関して、最も根拠の強い成分

それぞれ見ていきましょう。

ドラッグストアでも市販されている

「ミノキシジル」は「第一類医薬品」に分類されます。

この「第一類医薬品」は薬剤師が販売可能です。

よって薬剤師がいるドラッグストアでも購入できます。

またAmazonのようなネットショッピングでも販売されています。

いつもと違うのは、使用状態をチェックすることです。

薬剤師から電話がかかってくることもあります。

いずれにしても、市販されていることは「ミノキシジル」の大きなメリットです。

育毛に関して、最も根拠の強い成分

医薬品なので、医師も処方します。

壮年性脱毛症の外用薬として、処方される場合はほとんど「ミノキシジル」が選ばれるでしょう。

皮膚科のガイドラインでも外用薬のなかで「ミノキシジル」が最も推奨されています。

それほど科学的根拠のある成分ということです。

「ミノキシジル」のデメリット

「ミノキシジル」配合の育毛剤のデメリットは以下の通りです。

  • 副作用(有害事象)のリスクが高い
  • 壮年性脱毛症以外の脱毛症には利用できない
  • 刺激が強い

それぞれ見ていきましょう。

副作用(有害事象)のリスクが高い

副作用(有害事象)のリスクが高いです。

「第一類医薬品」というのは、特にリスクが高いとされています。

リスクが大きいからこそ、医師に直接処方されたほうが安心感は高いでしょう。

壮年性脱毛症以外の脱毛症には利用できない

例えば円形脱毛症、甲状腺疾患による脱毛等の方には効果がありません。

そのような方が使用した場合、副作用のリスクだけが残ります。

また原因のわからない脱毛症の方も使用不可です。

壮年性脱毛症以外の脱毛症には利用できないことは大きなデメリットでしょう。

刺激が強い

副作用があるからこそ、とにかく刺激がつよいです。

副作用(有害事象)のひとつとして、「刺激感」も報告されています。

よって頭皮の弱い方だと刺激に耐えられない可能性も否定できません。

たしかに「ミノキシジル」の効果は魅力的ですが、肌の弱い方は刺激の弱い育毛剤を選びましょう。

「ミノキシジル」とは血管拡張薬として開発された成分

そもそも「ミノキシジル」とはどのような成分なのでしょうか。

「ミノキシジル」は1960年代に現在の製薬会社ファイザーが生み出した成分です。

当時は高血圧の経口薬として使用されていました。

しかしその後1980年代に髪を回復させる効果が発見され、時を経て現在は外用の発毛剤として販売されています。

「ミノキシジル」配合のおすすめ育毛剤(発毛剤)

【第1類医薬品】リアップX5プラスローション 60mL

【第1類医薬品】リアップX5プラスローション 60mL

7,611円(08/17 05:11時点)
Amazonの情報を掲載しています

正確には育毛剤ではなく、発毛剤です。

現在発毛剤を日本で販売している会社は1社しかありません。

大正製薬の「リアップシリーズ」がミノキシジル配合の発毛剤に該当します。

「リアップシリーズ」は数種類あり、主な違いはミノキシジルの濃度です。

大正製薬のリアップシリーズを検討している方は以下の記事を参考にしましょう。

まとめ

  1. 「ミノキシジル」は壮年性脱毛症に効果あり
  2. 「ミノキシジル」は医師から処方される
  3. 「ミノキシジル」配合の発毛剤は市販されている
  4. 「ミノキシジル」は副作用の恐れがあり

「ミノキシジル」の効果はとても信頼度が高いです。

しかし大きな効果を期待できるからこそ、副作用も懸念する必要があります。

頭皮の弱い方や心配な方はぜひお近くの医師、薬剤師に相談するといいでしょう。

Amazonで購入する場合でも相談することができます。

また、20代やちょっと薄毛が気になってきた段階の方は副作用の少ない育毛剤という選択肢もあります。

はやめの薄毛予防をしたい方はこの機会にぜひ育毛剤もチェックしておきましょう。