育毛サプリに配合されている「L-リジン」に育毛効果なし!デメリットとメリットについて!

「L-リジン」は多くの育毛剤や育毛サプリメント、スカルプシャンプーに配合されています。

これだけたくさんの育毛製品に配合されているということは、きっと素晴らしい育毛効果が期待できるのでしょう。

いったい「L-リジン」は、どのように育毛に役立つのでしょうか。

この記事では、育毛サプリに配合されている「L-リジン」の効果についてご紹介します。

「L-リジン」の効果

「L-リジン」の効果について解説します。

  • 育毛促進
  • 疲労回復
  • 成長をサポート

それぞれ見ていきましょう。

育毛促進

残念ながら、「L-リジン」自体には育毛作用はありません。

しかし「L-リジン」は、育毛のサポートとして活躍してくれます。

「L-リジン」は、髪や肌を構成しているタンパク質のケラチンを作る役割をしている必須アミノ酸の1つです。

ケラチンを作るための材料になるシスチンと一緒に摂ることで、育毛効果が期待できるでしょう。

シスチンは、高野豆腐、麩、かつお節、湯葉などに多く含まれています。

「L-リジン」を欠かさないことで、髪をいきいきと改善が期待できるでしょう。

疲労回復・ストレス軽減

「L-リジン」は脳を働かせる栄養素でもあり、集中力や疲労回復効果もあるとされています。

脳や筋肉、様々な内臓でエネルギー源となるブドウ糖が不足してしまうと、疲労感が現れたりイライラして集中力が続きません。

このような時に「L-リジン」が、吸収したブドウ糖をエネルギーに変えるのをスムーズにしてくれます。

よって、疲労回復やイライラを軽減できるでしょう。

ストレスや疲れなども脱毛の原因となりえます。

疲労やストレスは、育毛のためにも少ないほうが良いです。

成長をサポート

「L-リジン」は、体の成長や組織を修復するのに関わっている抗体とホルモン、酵素などを作る材料になる必須アミノ酸です。

細菌やウイルスが体内へ侵入するのを防ぐ抗体の材料でもあるので、免疫力のサポートもしています。

その他、成長ホルモンの分泌という役割もあるので欠かせません。

体が健康でないと、頭皮環境の改善は難しいでしょう。

「L-リジン」の副作用

「L-リジン」の副作用は以下の通りです。

  • 腎機能障害

見ていきましょう。

腎機能障害

「L-リジン」は、不足しがちな必須アミノ酸です。

サプリメントなどで「L-リジン」のみを極端に過剰摂取した場合には、腎機能障害が起こる恐れがあります

食事はバランスよく、摂るよう心がけましょう。

「L-リジン」のメリット

「L-リジン」配合の育毛剤のメリットは以下の通りです。

  • 必須アミノ酸
  • 欠乏しやすい栄養素

それぞれ見ていきましょう。

必須アミノ酸

「L-リジン」は、必須アミノ酸で私たちの身体に欠かせない栄養素です。

「L-リジン」自体は育毛有効成分ではないので、「L-リジン」の入っている育毛剤や育毛サプリを敢えて選ぶ必要はありません。

しかし育毛のサポートをするためにも、摂っておいたほうが良い成分ですので配合されているメリットはあります。

育毛だけでなく、体の健康のためにも「L-リジン」は必要です。

欠乏しやすい栄養素

「L-リジン」は、欠乏しやすい栄養素です。

食べ物やサプリメントで補う必要があるでしょう。

「L-リジン」は肉や魚、大豆製品に多く含まれています。

米や小麦、とうもろこしなどの穀類にはリジンがあまり含まれていません。

パンやうどんなどで食事を済ませてしまっている一人暮らしの方などは、欠乏しやすいので注意しましょう。

炭水化物のみ摂るなど、偏った食生活をしがちな方は「L-リジン」の配合されている育毛サプリで補うのは良いでしょう。

「L-リジン」のデメリット

「L-リジン」配合の育毛剤のデメリットは以下の通りです。

  • 育毛の有効成分ではない
  • 食事でも補うことができる

それぞれ見ていきましょう。

育毛の有効成分ではない

「L-リジン」は、育毛の有効成分ではありません

あくまでサポートをしてくれる栄養素です。

「L-リジン」を摂取したからといって、薄毛や脱毛予防にはなりません。

育毛に直接働きかけたい場合は、他の成分に注目して育毛製品を選ぶことをおすすめします。

食事でも補うことができる

「L-リジン」は、食事でも補うことができる成分です。

バランスの良い食事を心がけていれば、あえて育毛サプリメントなどで摂らなくても良いでしょう。

食事が偏っているなという自覚がある方は、育毛サプリで補うことをおすすめします。

「L-リジン」とは不足してはいけない栄養素

私たちの体内で、「L-リジン」が不足してしまうと疲労が溜まりやすくなり集中力がなくなります

また肝機能が衰える恐れもあるでしょう。

血液中の飽和脂肪酸やコレステロールが増加する可能性もあるので、健康的な体系を維持するためにも欠乏を避けたいものです。

その他にも、欠乏した場合には以下のような症状が起こる可能性があります。

  • 目の充血
  • めまい
  • 吐き気
  • 貧血

小麦粉や白米は、「L-リジン」が不足している食材です。

小麦粉にタンパク質摂取を依存している発展途上国では、「L-リジン」は不足しているアミノ酸だということが国連大学のプロジェクトで明らかにされつつあります。

重篤な場合には、生命に危険が及びますので「L-リジン」欠乏には注意しましょう。

まとめ

  1. 「L-リジン」は、髪を構成しているタンパク質のケラチンを作る役割をしている必須アミノ酸の1つ
  2. 「L-リジン」は、育毛の原因にもなる疲労やイライラを軽減する
  3. 「L-リジン」は、体の成長や組織を修復するのに関わっている抗体とホルモン、酵素などを作る材料になる必須アミノ酸
  4. サプリメントなどで「L-リジン」のみを極端に過剰摂取した場合には、腎機能障害が起こる恐れがある
  5. 「L-リジン」は、欠乏しやすい栄養素なので食べ物やサプリメントで補う必要がある
  6. 「L-リジン」は、育毛の有効成分ではない

「L-リジン」は、必須アミノ酸のひとつですので副作用はありません。

過剰摂取にのみ注意していれば、健康被害の心配ないでしょう。

バランスの良い食事を心がけていれば、食事で十分摂ることのできる成分です。

しかし、欠乏しやすい栄養素ですので食生活が偏りがちな方はサプリメントで補うことをおすすめします。

育毛の有効成分ではないので、「L-リジン」のみ摂取しても期待はできません。

育毛製品に「L-リジン」が配合されてるのは、育毛をサポートするためだということを知っておきましょう。