女性と男性の薄毛の原因と脱毛症の種類のまとめ!予防に有効な基本的な対策を伝授!

薄毛といえば男性の悩みでしたが、近年では多くの女性が薄毛に悩むようになりました。

女性の薄毛は、女性ならではの原因があります。

薄毛は原因と正しい知識を持って、適切な治療が必要です。

薄毛度合いと進行速度は、人によって異なるでしょう。

この記事では、薄毛の原因をご紹介します。

薄毛の原因と対策

それぞれの脱毛症によって、具体的な原因は異なります。

しかし薄毛は、以下のようなことが原因となる場合が多いです。

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 食事の偏り
  • 睡眠不足
  • 間違ったヘアケア
  • タバコ

それぞれ見ていきましょう。

ホルモンバランスの乱れ

頭頂部の薄毛は、更年期を迎えた女性に多いです。

女性ホルモンのエストロゲンは、20代後半から徐々に減少していきます。

40代をすぎると頭頂部の薄毛度合いが進行していき、50代を迎えるとその変化は大きくなっていくでしょう。

歳をとると薄毛になっていくのは自然なことですが、治療や対策を施せば改善できます。

また若い人でも、産後や生活習慣によってホルモンバランスの乱れによる薄毛が生じることがあるでしょう。

ホルモンバランスの乱れによる脱毛症は、生活習慣を見直すことで改善が見込めます

また、薄毛対策に効くサプリメントなどで女性ホルモンに良い成分である「大豆イソフラボン」や「ノコギリヤシ」などの成分を摂ることもおすすめです。

食事の偏り

食事が偏り、栄養が不足することでも薄毛を生じます。

薄毛の人は特にタンパク質やミネラル、ビタミンが不足しがちです。

髪の毛は栄養不足になりやすいため、バランスの良い食事を心がけましょう。

また、食事の偏りによる栄養不足はホルモンバランスを崩してしまうので良いことがありません。

食事で補いきれない場合には、薄毛対策に効くサプリメントで補うと良いでしょう。

ダイエットをしている方は、中止するか栄養バランスを見直してください。

適切なダイエットは以下のサイトがおすすめです。

睡眠不足

薄毛を改善するためには、睡眠を十分にとりましょう

髪の毛を太く強く育てるためには、成長ホルモンの分泌が重要です。

成長ホルモンは、寝ている間に分泌されます。

睡眠不足で成長ホルモンが十分に分泌されないと、髪の毛に栄養が行き渡りません。

成長ホルモンは22時〜2時の間に分泌されます。

この時間帯は眠っているように、生活時間を調節しましょう。

薄毛を予防するためにも、質の良い睡眠を取れるよう工夫してください。

間違ったヘアケア

日々のヘアケアが間違っている場合にも、脱毛の原因になります。

正しいヘアケアは、薄毛改善と脱毛予防に効果的です。

数日間髪の毛を洗わないことは良くありません。

逆に1日に何度も髪の毛を洗うことも刺激になってしまいます。

またすすぎが不十分な場合には頭皮にシャンプーが残ってしまい、脂漏性脱毛症になってしまうでしょう。

シャンプーやコンディショナーは、適切な量を使用し十分にすすいでください。

また洗浄剤が合わない場合にも、頭皮環境が悪化してしまいます。

強い洗浄力のシャンプーは、皮脂を落としすぎてしまい良くありません。

タバコ

タバコに含まれているニコチンは、頭皮と髪の毛にとって良くありません。

ニコチンは、毛細血管を収縮させてしまうでしょう。

頭皮の毛細血管の流れが悪化すると、髪の毛の毛根にある毛母細胞へ血液が届きにくくなってしまいます。

薄毛が気になり出した方は、タバコの本数を減らすか出来ることなら禁煙をしましょう。

タバコは百害あって一利なしです。

祖父や父親の髪の毛が薄いと、自分も薄毛になるのではないかと不安に思っている方も多いでしょう。

薄毛は遺伝するという噂がありますが、これは事実です。

親族に薄毛の人がいたら絶対にハゲるというわけではありませんが、薄毛になる確率は高いです。

自分が将来薄毛になるかどうか不安な方は、DNAを調べてみると良いでしょう。

この記事では、薄毛とDNAとの関係について見ていきます。

遺伝する脱毛症(DNA)

遺伝しやすい脱毛症は以下の通りです。

  • 「AGA(男性型脱毛症)」
  • 「円形脱毛症」
  • 「乏毛症」

それぞれ見ていきましょう。

「AGA(男性型脱毛症)」は25%の確率で遺伝する

「AGA(男性型脱毛症)」は、25%程度の確率で遺伝することがわかっています。

我々人間はそれぞれ男性はXY、女性ならXXという異なる遺伝子を持ち性別を作り上げている生物です。

男性は父親からY染色体を、母親からX染色体を受け継いで生まれます。

一方女性は両親からX染色体を受け継いでいるので、男性が持つX染色体は母方の父と母両方の遺伝子を受け継いで生まれてくるのです。

そのため父親が薄毛ではなくても母方の祖父が薄毛だった場合には、母親からAGAの遺伝子が引き継がれる可能性があります。

両親が薄毛ではなくても、祖父母が薄毛だった場合は隔世遺伝することがあるでしょう。

女性は、遺伝によって「AGA(男性型脱毛症)」になる可能性は低いと言えます。

「AGA(男性型脱毛症)」は、男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン) が影響することが原因です。

男性に比べて女性は男性ホルモンの量が少ないので、遺伝していても「AGA(男性型脱毛症)」の症状が現れにくいでしょう。

1親等内に「円形脱毛症」の家族がいた場合は発症率が10倍になる

「円形脱毛症」も遺伝しやすい脱毛症だということがわかっています。

「円形脱毛症」の主な原因は、自身の免疫が誤って毛根を異物と判断し攻撃してしまう自己免疫疾患です。

アメリカで行われた調査では、1親等内に円形脱毛症の家族がいた場合には発症率が10倍になるという結果が出ました。

一卵性双生児の場合だと、約55%の双子で兄弟のどちらにも円形脱毛症が発症したという報告もあります。

また中国で行われた大規模な調査では、円形脱毛症の患者家族に同じ病気が発病する確率は8.4%と出ています。

発症率は、親と子など関係が近いほど高かったです。

このように「円形脱毛症」は、遺伝的な要素が関わっています。

「乏毛症」は遺伝性の毛髪疾患

「乏毛症」は、生まれつき髪の毛が少なく、縮れた状態となります。

「乏毛症」の患者は、生涯に渡り髪の毛の少なさに悩まされるでしょう。

患者数は全国で10,000人いるとされています。

原因の全容は、解明されていません。

毛包には、EカドヘリンとPカドヘリンと言うう細胞接着分が豊富に存在しています。

そのうちPカドヘリン遺伝子が変異してしまった場合には、先天性毛髪疾患の「乏毛症」が現れてしまう可能性があるでしょう。

現在では、Pカドヘリン遺伝子の他にも症状に関与している遺伝子が存在するのではないかと考えられています。

薄毛になる仕組みとDNA損傷

薄毛になる仕組みとDNAの関係を見ていきましょう。

薄毛や脱毛と言うと、毛が抜け落ちることが原因と考えてしまいがちですが加齢による薄毛は生えてこなくなることが問題です。

歳をとると毛包が小さくなり、髪の毛を再生させるサイクルがうまく機能しなくなってしまうことが薄毛に繋がります。

ヘアサイクルの中心的役割を果たしているのは、毛包の中に存在している「毛包幹細胞」です。

この「毛包幹細胞」は自己複製によって、髪の毛を作る細胞を供給する働きをしています。

しかし歳をとると未熟な状態で活性化をするはずの「毛包幹細胞」が間違って成熟してしまうため、フケや垢となって剥がれ落ちてしまいます。

これは、加齢に伴って「毛包幹細胞」が自己複製を繰り返す際にDNAに傷が残りやすくなるからです。

歳をとった「毛包幹細胞」は、DNA損傷を修復するための遺伝子発現が下がっています。

DNAの損傷を修復する能力が下がりDNAの損傷が何らかの形で記憶されることが、毛包幹細胞の老化に繋がっていると考えられるでしょう。

女性も遺伝により薄毛になることがある

男性の薄毛が遺伝すると言う事は有名ですが、女性も遺伝によって薄毛になる可能性はあります。

女性の薄毛は遺伝が原因かは分かりにくいとされていましたが、近年では研究が進み女性も遺伝によって薄毛になる事はあるとされました。

しかし遺伝による影響は、男性ほど顕著には現れません

女性の場合は薄毛遺伝子を受け継いだとしても、必ず薄毛になるとは言えないでしょう。

ただ薄毛の原因となる男性ホルモンは、女性の体内でも分泌されています。

男性ホルモンが強く働いてしまった場合には、男性脱毛症と同じような症状である「女性男性型脱毛症(FAGA)」になり薄毛となる場合があるでしょう。

またDNA内の遺伝子が遺伝するのとは別で、家族間では食生活や習慣なども遺伝します。

髪の毛や頭皮に良くない生活習慣を受け継いでしまうと、薄毛になる可能性はあるでしょう。

食べ物の嗜好は親子で似るため、特に注意が必要です。

薄毛が遺伝する可能性は調べられる

将来薄毛になる可能性があるのか、薄毛遺伝子を持っているかどうかは検査で調べることができます

薄毛の原因が遺伝であることがわかれば、適する治療法もわかるでしょう。

遺伝子検査は薄毛治療を行なっているクリニックで受けることができます。

まずは、クリニックで薄毛について相談してみましょう。

また、検査キットを使って自分で検査することもできます。

体の不調や病気には、ストレスが関係していることが多いです。

日々感じているストレスは、髪の毛にも影響しています。

ストレスによって、薄毛や抜け毛になることもあるでしょう。

美しく強い髪の毛を育てる上で、ストレスは大敵です。

この記事では、髪の毛とストレスの関係性について見ていきましょう。

ストレスによる薄毛・脱毛

ストレスが髪の毛と頭皮に及ぼす影響は以下の通りです。

  • ストレスによる薄毛・脱毛のメカニズム
  • ストレスで10円ハゲができやすくなる
  • ストレスによって自ら、自分の髪の毛を抜いてしまう(抜毛症)

なぜ、ストレスを感じるとこのような頭髪トラブルが起こってしまうのでしょうか。

ストレスによる薄毛・脱毛のメカニズム

ストレスによる薄毛・脱毛は、以下のようなメカニズムで起こります。

  1. ストレスを感じると交感神経が緊張することで、血管が収縮する
  2. 全身の血流が悪くなるため、頭皮に十分な栄養が届きにくくなる
  3. 栄養不足となり髪の毛が成長しきれず、細く弱い髪が増えて抜けやすくなる

このように、ストレスにより血行不良が起こると栄養不足となり、髪の毛が十分に成長できなくなり抜け毛や薄毛などのトラブルが起きるのです。

ストレスで10円ハゲができやすくなる

円形脱毛症は、年齢に関係なく起こる脱毛症でストレスが原因の1つとされています。

いわゆる10円ハゲで、髪の毛が円形に抜け落ちる脱毛症です。

1〜数個できる場合もあれば、広範囲に渡って髪の毛が抜けてしまう場合もあるでしょう。

円形脱毛症の原因は、自己免疫疾患だと言われています。

自己免疫疾患とは本来異物から体を守るための免疫系が、誤まって自分自身の細胞に反応して攻撃してしまう病気です。

自身の免疫が毛根を攻撃してしまい、ダメージを受けタコとで髪の毛が抜け落ちてしまいます。

この自己免疫疾患の原因の1つが、精神的ストレスです。

ストレスによって自ら、自分の髪の毛を抜いてしまう(抜毛症)

抜毛症とは、自分で自分の髪の毛を抜いてしまう脱毛症です。

無意識で髪の毛を抜いてしまうので、自分で止めることができません。

気付いた時には、薄毛になっているという場合が多くあります。

これまでは女児に多いとされてきましたが、年齢や性別に関係なく起こる可能性があるでしょう。

原因ははっきりと解明されていませんが、ストレスや精神的な疾患が原因されています。

ストレスを感じると、ストレスを解消するために体は様々な行動を起こすものです。

髪の毛を抜くというのも、ストレス解消やネガティブな感情から回避するために行われると考えられています。

脱毛症の種類について

なりやすい脱毛症は男女で異なります。

男女で共通する脱毛症もありますが、まずは女性がなりやすい脱毛症から見ていきましょう。

女性の脱毛症について

女性の薄毛には、大きく以下の4種類があります。

  • びまん性脱毛症
  • 産後の脱毛症
  • 女性男性型脱毛症(FAGA)

それぞれの脱毛症について見ていきましょう。

びまん性脱毛症

薄毛に悩んでいる女性の4人に1人は、この「びまん性脱毛症」だと言われています。

年齢に関係なく若い方から年配の人までかかりやすい脱毛症です。

特徴としては最初は頭頂部の分け目が気になりだし、やがでトップのボリュームが減少し頭髪全体が薄毛になっていきます。

「びまん性脱毛症」は、ヘアサイクルの乱れや女性ホルモンの減少が原因です。

ヘアサイクルは食事の偏りや睡眠不足、ストレスの蓄積などが原因で乱れやすくなります。

産後の脱毛症

産後に「びまん性脱毛症」を生じる女性はとても多いです。

妊娠中は支給の機能を発達させるために、女性ホルモンのエストロゲンが増加します。

エストロゲンは髪の毛の生成に関わっているホルモンのため、妊娠中は髪の毛が抜けにくいです。

しかし出産後にはエストロゲンが急激に低下するため、髪の毛が一気に抜けてしまいます。

さらにヘアサイクルが休止期に入って、一時的に薄毛の状態が続いてしまうでしょう。

出産後の薄毛は、多くの女性が経験しており病気の心配はありません

元のヘアサイクルに戻るまでには、個人差があります。

しかし出産後の薄毛はほとんどの場合1年も経てばだいたい元の状態に戻るでしょう。

女性男性型脱毛症(FAGA)

「びまん性脱毛症」の中でも、女性ホルモンが減少することにより男性ホルモンが優位になって起こる脱毛症を「女性男性型脱毛症(FAGA)」と言います。

女性でも男性型脱毛症を起こすことがあるのです。

男性と違って、女性の場合は後頭部は薄くなりません。

進行具合は短い太い毛が抜け始めて、徐々に細い毛が向けて頭頂部が広い範囲で薄くなっていきます。

女性ホルモンは加齢と共に失われていくため、高齢の女性が発症しやすい脱毛症です。

しかし、稀に10代や20代でも発症することがあります。

「女性男性型脱毛症(FAGA)」は、見極めが難しい脱毛症ですので疑わしい場合には皮膚科に相談しましょう。

男性の脱毛症について

男性の脱毛症には、以下のような種類があります。

  • 男性型脱毛症(AGA)
  • 脂漏性(しろうせい)脱毛症

それぞれの脱毛症について、見ていきましょう。

男性型脱毛症(AGA)

「AGA(男性型脱毛症)」は、「若年性脱毛症」や「壮年性脱毛症」とも呼ばれており多くの成人男性が悩んでいます。

「AGA(男性型脱毛症)」は、思春期以降に頭頂部や額の生え際から徐々に毛が薄くなっていく脱毛症です。

日本人男性の場合は、20〜30代にかけて症状が進行していき40代以降には特にAGAの割合が高まります。

「AGA(男性型脱毛症)」の主な原因は、男性ホルモンの一種であるテストテロンです。

テストテロンは、男性らしい体を作る働きをしています。

テストテロンは5α-還元酵素Ⅱ型と言う変換酵素が作用することで、より活性が強い DHT(ジヒドロテストステロン)へと変換されてしまうのです。

DHT(ジヒドロテストステロン)は、毛母細胞の自然死を促す信号を出して毛周期を変えてしまうことが「AGA(男性型脱毛症)」の主な原因とされています。

「AGA(男性型脱毛症)」は遺伝することがわかっているので、家族に薄毛のいる人は将来なる可能性があるでしょう。

脂漏性(しろうせい)脱毛症

「脂漏性脱毛症」は、男性が発症しやすい脱毛症の1つです。

この脱毛症は、髪の毛が抜け落ちる前に以下のような症状が見られます。

  • 頭皮がべたつく
  • 大量にフケが出る
  • 頭皮が赤くなっている
  • 頭皮に強い痒みがある

重篤化した場合には、皮膚が炎症しカサブタのように硬くなる場合があるでしょう。

また、加齢臭のような匂いを発することもあります。

放置してしまうと、症状が進行してしまうことがあるので早めに対処をしましょう。

「脂漏性脱毛症」の原因は、皮脂が過剰分泌したことによる「マラセチア菌」の異常発生と言われています。

皮脂が過剰分泌されると毛穴が塞がってしまい、塞がった毛穴の内部に雑菌が繁殖してしまうでしょう。

しかし皮脂は悪いものではなく、頭皮や髪の毛を守る役割もあるのです。

皮脂の分泌量を正常に保つ必要があります。

男女共通の脱毛症について

以下の脱毛症は男女ともになりやすいです。

  • 円形脱毛症
  • 牽引性脱毛症
  • 圧迫性脱毛症

それぞれの脱毛症について見ていきましょう。

円形脱毛症

「円形脱毛症」は、性別や年齢に関係なく赤ちゃんから大人まで幅広い年代の人に起こる可能性があります。

皮膚科を受診する脱毛症では、最も多い脱毛症でしょう。

100円玉くらいの大きさのハゲが1〜数個できる場合と眉毛やまつ毛、体毛など全身の毛が抜けてしまう場合があります。

主な原因は、免疫が毛根を誤って異物と判断し攻撃してしまう自己免疫疾患です。

これまではストレスが原因と言われてきましたが、現代ではその他の要因が多いと言われています。

自己免疫疾患が起きてしまう原因は、以下の通りです。

  • 精神的ストレス
  • アレルギー体質
  • ウイルス感染
  • 薬剤アレルギー
  • 頭皮疾患
  • 疲労

「円形脱毛症」は、特にアトピー性皮膚炎と合併して起こることが多いでしょう。

また「円形脱毛症」は、遺伝することがあると言われています。

疑わしい場合には、皮膚科を受診しましょう。

牽引性脱毛症(けんいん)

「牽引性脱毛症」は、髪の毛が引っ張られることで起こる脱毛症です。

分け目や生え際など毎日引っ張られている部分のみが脱毛します。

女性がなりやすい脱毛症で、子供から大人まで生じる可能性があるでしょう。

もちろんロングヘアーの男性もなりやすいです。

髪の毛をきつめに縛っている状態が続くと、頭皮と毛根に負担が大きくかかります。

毎日同じ髪型をしている方や、エクステを付けている人は注意が必要です。

常に同じ髪型をしている方は、分け目を変えたり結ばずに下ろすなど工夫をしてください。

頭皮を休ませてあげることが重要です。

仕事の関係で同じ髪型をしなければならない場合には、緩めに結んだり工夫をしましょう。

圧迫性脱毛症

「圧迫性脱毛症」は帽子やヘルメット、かつらなど長時間被っているとなる可能性がある脱毛症です。

工事現場や工場、警察官など帽子やヘルメットをかぶる職業の人に多い傾向があります。

長時間、被り物を被っていると頭皮が圧迫されてしまうからです。

頭皮が圧迫されると血行が悪化し、頭皮環境が荒れ髪の毛に負担がかかってしまいます。

圧迫された部分の髪の毛球部は、循環障害を起こしています。

「圧迫性脱毛症」は、頭皮の圧迫と髪の毛のダメージを抑えることで自然に改善が見込めるでしょう。

改善策としては、被り物を控えることが一番です。

仕事で被り物をせざるおえない場合には、休憩時間など被り物を外せるタイミングには積極的に外しましょう。

また、ハゲを隠すためのカツラでより薄毛が進行してしまうこともあります。

カツラを選ぶ際には、通気性の良いものを選んでください。

  1. 「びまん性脱毛症」は、ヘアサイクルの乱れや女性ホルモンの減少が原因
  2. 「円形脱毛症」は、免疫システムに何らかのエラーが起きて、間違えて毛根を遺物と判断し攻撃することで起こる
  3. 「牽引性脱毛症(けんいん)」は、毎日同じ髪型をしていることで起こる
  4. 脂漏性脱毛症(しろうせい)は、皮脂分泌が増えることで起こる
  5. 生活習慣を見直すことが大切
  6. 「AGA(男性型脱毛症)」は男性ホルモンが原因で、思春期以降に頭頂部や額の生え際から徐々に毛が薄くなっていく脱毛症
  7. 「脂漏性脱毛症」は、皮脂が過剰分泌したことによる「マラセチア菌」の異常発生が原因でなる脱毛症
  8. 「円形脱毛症」は、免疫が毛根を誤って異物と判断し攻撃してしまう自己免疫疾患
  9. 「圧迫性脱毛症」は帽子やヘルメット、かつらなど長時間被っていることで頭皮が蒸れて起こる脱毛症
  10. 「牽引性脱毛症」は、髪の毛が引っ張られることで起こる脱毛症