女性における頭頂部の薄毛(つむじハゲ)について!自分で出来るつむじハゲ対策!

年齢を重ねるにつれて、頭頂部の薄毛が気になり悩む女性は多いです。

女性のつむじハゲは、男性の頭頂部からくるハゲとは原因が異なります。

よって、男性と同じ対策をしても効果が思うように現れない場合があるでしょう。

女性の頭頂部の薄毛の原因は何なのでしょうか。

また対策や治療は、どのようなものがあるのでしょうか。

この記事では、女性における頭頂部薄毛(つむじハゲ)についてご紹介します。

女性における頭頂部の薄毛(つむじハゲ)の特徴

女性の薄毛は、頭頂部の広い範囲が薄くなっていく症状が多く見られます。

発症時期としては、更年期を迎えてから悩む人が多いです。

しかし、出産後や生活習慣によっては若い女性でも頭頂部が薄くなることがあります。

頭頂部が薄毛になる原因は、年齢や生活習慣によって異なるでしょう。

まずは、なぜ頭頂部が薄毛になり始めたのか原因を知ることが重要です。

女性における頭頂部の薄毛(つむじハゲ)のタイプ

女性の頭頂部の薄毛は、以下のような脱毛症が原因の場合が多いです。

  • びまん性脱毛症
  • 女性男性型脱毛症(FAGA)

どちらの脱毛症も、女性ホルモンが関わっています。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

びまん性脱毛症は頭頂部の分け目が広がりボリュームが減っていく

薄毛に悩んでいる女性の4人に1人は、この「びまん性脱毛症」と言われています。

「びまん」とは広がるという意味で、頭頂部の分け目が広がりボリュームが減っていくのが特徴です。

地肌が透けて見えるようになるため、老けた印象になってしまうでしょう。

40代以上の女性に多く、閉経前後から症状が顕著に現れていきます。

しかし最近では、出産後や生活習慣の乱れなどによって20〜30代の若い女性の患者も増えてきました。

20代以上の女性の約40%が、一生に一度は「びまん性脱毛症」を発症しているという調査結果があります。

非常に多くの女性が悩んでいる脱毛症です。

女性男性型脱毛症(FAGA)は太い髪の毛から抜けていく

「女性男性型脱毛症(FAGA)」は、「びまん性脱毛症」の中でも男性ホルモンが関わっている脱毛症です。

女性でも男性型脱毛症になる場合があります。

「女性男性型脱毛症(FAGA)」は、高齢の女性に多い脱毛症ですが10代や20代の若い女性が発症することもなくはありません。

「女性男性型脱毛症(FAGA)」は、見極めることが難しい脱毛症です。

女性の男性型脱毛症は、男性よりも治療が難しいとされています。

太い髪の毛から抜けていき、徐々に薄い髪の毛が抜けていくのが特徴です。

びまん性脱毛症の原因

「びまん性脱毛症」の原因は以下の通りです。

  1. 加齢
  2. 出産
  3. ストレス
  4. 偏った食生活やダイエット
  5. 睡眠不足
  6. タバコ
  7. 間違ったヘアケア

様々な要因がびまん性脱毛症に影響します。

女性男性型脱毛症(FAGA)の原因

「女性男性型脱毛症(FAGA)」は、女性ホルモンが減り男性ホルモンが優位になってしまうことが原因です。

ヘアサイクルで成長期が短くなり、休止期の髪の毛が多くなります。

男性ホルモンが頭頂部の髪の毛を軟毛化し短くなり、最終的には頭頂部の髪の毛が生えなくなるでしょう。

これは、テストテロンから変換される男性ホルモンの1種のDHT(ジヒドロテストテロン)が生成されることが原因とされています。

女性における頭頂部の薄毛(つむじハゲ)治療

女性の頭頂部における薄毛治療は、症状や進行具合によって治療方法は異なります。

「びまん性脱毛症」と「女性男性型脱毛症(FAGA)」の治療方法は以下の通りです。

  • 内服薬
  • 外用薬
  • 漢方
  • 再生療法
  • 自毛植毛

それぞれの治療について見ていきましょう。

内服薬

女性の頭頂部の薄毛には、「パントガール」というドイツで開発された錠剤の内服薬が有効です。

「パントガール」は、世界で初めて女性用の薄毛・脱毛抑制をする薬として安全性が認められました

「パントガール」を飲むと細胞の代謝が活性化され、育毛・発毛に必要なアミノ酸やタンパク質、ビタミンB群などの栄養成分が髪の毛に供給されます。

脱毛が抑制され発毛が促進でき、髪の毛の抵抗力も強化されるでしょう。

ドイツで行われた臨床試験では、3ヶ月間利用した7割の患者に効果を発揮しました。

そのうち2割の患者は、抜け毛がほぼなくなったといいます。

副作用がなく安全性が高いため、長期的に使用できるでしょう。

効果を実感するまでには、3〜6ヶ月服用する必要があります。

外用薬

内服薬と併用して、外用薬が処方される場合もあります。

女性が使える育毛外用薬は、以下の通りです。

  1. パントスチン
  2. リアップジェンヌ
  3. ロゲイン

それぞれの薬の特徴をご紹介します。

パントスチン

「パントスチン」は、抜け毛の原因を抑制して予防をする外用薬です。

男性ホルモンのDHTを阻害する働きがあるため「女性男性型脱毛症(FAGA)」に効果を発揮します。

「パントスチン」にはアルファトラジオールが含まれているため、5α-還元酵素を阻害しDHTの生成を抑制してくれるのです。

「パントスチン」の作用は緩やかなので、副作用のリスクはほとんどなく安心して使えるでしょう。

また、「パントスチン」は内服薬と組み合わせて治療ができます。

リアップジェンヌ

「リアップジェンヌ」は、特に年配の女性の薄毛に効果がある第1類医薬品の育毛剤です。

脱毛の進行予防と育毛が期待できます。

有効成分のミノキシジルが毛包に直接作用し、細胞の増殖を促してタンパク質の合成をも促してくれるでしょう。

その他に頭皮を保護してくれるトコフェロール酢酸エステルと爽やかな清涼感を与えるl-メントール、髪の毛を健康に保つパントテニールエチルエーテルが配合されています。

これらの成分が相互に働くため新しい髪の毛が生まれ、強く太く育てられるでしょう。

ロゲイン

「ロゲイン」も、ミノキシジルが有効成分の育毛剤でアメリカの製薬会社ファイザーが開発しました。

比較的安く購入することができるため、国内でも人気がある育毛剤です。

ミノキシジルが作用し、頭皮の血行が促進されます。

髪を活性化し、再成長させる働きが期待できるでしょう。

しかし、多毛症や低血圧を誘発させるなどの副作用の恐れがあります。

また、頭皮が痒くなったという報告もありました。

漢方

漢方も試してみる価値はあるでしょう。

漢方は、頭頂部の薄毛だけでなく身体の様々な症状を診て処方されます。

イライラや身体の冷え、のぼせが気になるなど症状を漢方医に伝えてください。

女性の頭頂部の薄毛原因は様々ですので、多種類の漢方が掛け合わされる場合もあります。

再生療法

再生療法は薄毛の原因となる成長因子に着目した治療法で、20代~70代と幅広い年代の薄毛の改善が見込めます

頭皮に直接、髪を生やし育てる成長因子を注入する治療方法です。

具体的には髪の毛の主成分であるケラチンの生成を促進させるケラチン細胞増殖因子や、毛母細胞の分裂を促進させるインスリン様成長因子などが注入されます。

女性の頭頂部の薄毛は、これらの成長因子が不足していることが多いです。

効果が出るまでには、3ヶ月から半年ほどかかるでしょう。

個人差もあるため、誰しもが改善するとは言えません。

自毛植毛

自分の後頭部から髪の毛を採取し薄くなった部分に移植する治療を、自毛植毛と言います。

後頭部の髪の毛は、薄毛の原因となるジヒドロテストステロンの影響を受けないため効果が期待できるでしょう。

自毛植毛は具体的には以下のような手術となります。

  1. 頭皮にニードルで穴を開けて移植するニードル法
  2. 後頭部から皮膚ごと髪の毛を切り取って、株分けし移植するFUT法
  3. 特殊な器具で小さな穴を開けて髪の毛を採取し移植するFUT法

外科手術となるため、医師の高い技術力が必要です。

手術中は、麻酔を使用するので痛みは感じません。

しかし術後は、しばらく痛みが生じる場合もあります。

定着率は95%とされており、薬での治療よりも効果は比較的確実です。

自分で出来るつむじハゲ対策

女性の頭頂部の薄毛は、原因が多岐に渡るためまずは病院へ行くことをおすすめします。

しかし、自分でも対策したい場合は以下のようなことを試してみてください。

  • 生活習慣の見直し
  • 育毛サプリ
  • 育毛剤

それぞれ見ていきます。

生活習慣の見直し

頭頂部の薄毛は、生活習慣が原因の場合が多いので見直しましょう。

タバコを吸っている方は、禁煙にチャレンジしてみてください。

また質の良い睡眠が取れるよう、規則正しい生活の時間も意識しましょう。

食事は、髪の毛と頭皮に栄養を届けるため非常に大切です。

栄養が偏らないよう、バランス良い食事を心がけてください。

食事制限によるダイエットをしている方は、中断するか他の方法に切り替えましょう。

育毛サプリ

食事で栄養を補いきれない場合は、女性用の育毛サプリを取り入れるのも手です。

男性とは、薄毛の原因が異なるため女性専用のものをおすすめします。

特に大豆イソフラボンなど女性ホルモンに働きかける成分が配合されており、様々な成分がバランスよく配合されているものがおすすめです。

育毛サプリは、飲んだからといってすぐに効果が出る訳ではありません。

一定期間飲み続けると、徐々に体質が改善されます。

続けることが大事ですので、価格や購入しやすさにも重視して選んでください。

また、1日にたくさん飲んだからといって効果が早まることはありません。

成分の過剰摂取は危険ですので、1日の摂取目安量は守りましょう。

育毛剤

女性の頭頂部の薄毛には、女性用の育毛剤を使用しましょう。

育毛サプリと同じく、男女で薄毛の原因は異なるため女性専用のものがおすすめです。

病院にて外用薬を処方されている場合には、医師に相談してから使用してください。

育毛剤も、使い始めてすぐに効果が発揮されるものではありません。

使い続けることで、頭皮環境が改善され徐々に効果が期待できるでしょう。

使いやすさや価格、成分などを重視して選んでください。

まとめ

  1. 女性における頭頂部の薄毛は、更年期を迎えてから悩む人が多い
  2. 出産後や生活習慣の乱れなどによって20〜30代の若い女性の患者も増えている
  3. まずは病院へ行って原因を知る
  4. 生活習慣の見直しが必要
  5. 育毛サプリや育毛剤は、女性専用のものがおすすめ

頭頂部のハゲは、老けた印象になるため女性にとってストレスになるでしょう。

女性の頭頂部の薄毛は、男性とは原因や特徴が異なります。

男性と同じ対策をしても効果が出ません。

自己判断せずに、病院で医師に診察してもらいましょう。

年配の方に多いですが、生活習慣によっては若い女性でも頭頂部が薄くなることはあります。

育毛剤や育毛サプリの使用もおすすめですが、まずは生活習慣を改善してみてください。