女性ホルモンのエストロゲンに似た性質が育毛・薄毛・抜け毛をサポート!女性用育毛サプリに大豆イソフラボンが入っている理由!

女性用育毛剤には、しばしば大豆イソフラボンが配合されています。

大豆はマメ科の植物ですし、健康に良いイメージがあるでしょう。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンに良い成分ということは有名です。

いったい女性の抜け毛や薄毛には、作用するのでしょうか。

この記事では、大豆イソフラボンが女性用育毛サプリに入っている理由についてご紹介します。

大豆イソフラボンが女性用育毛サプリに入っている理由

早速、「大豆イソフラボン」が女性用育毛サプリに入っている理由をご紹介します。

「大豆イソフラボン」が女性用育毛サプリに配合されているのは、「大豆イソフラボン」自体に育毛効果があるからです。

「大豆イソフラボン」は、女性ホルモンのエストロゲンに似た性質を持っています。

そのためエストロゲン受容体が、育毛や薄毛をサポートしてくれるでしょう。

この「大豆イソフラボン」の育毛効果は、科学的に証明されています。

「大豆イソフラボン」は、男女ともに頭髪に良い成分です。

女性にとっては頭髪だけでなく、女性ホルモンにも良い成分ですので女性用育毛サプリで摂取するのはおすすめできます。

「大豆イソフラボン」の育毛効果

続いて、「大豆イソフラボン」の育毛効果について解説します。

「大豆イソフラボン」の女性に対する育毛効果は、以下の通りです。

  • 髪の成長を調整する
  • 脱毛の原因であるDHTの発生を抑制する
  • 髪の毛のサイクルを整える

それぞれ見ていきましょう。

髪の成長を調整する

イソフラボンは、エストロゲン受容体です。

エストロゲン受容体は、髪の毛の成長を調節していることが知られています。

育毛促進作用は、エストロゲン受容体に関与していると考えられるでしょう。

口から摂取することで、大豆イソフラボンは育毛促進作用を示すことが報告されています。

脱毛の原因であるDHTの発生を抑制する

大豆イソフラボンは、脱毛の原因となるDHTの発生を抑制してくれます。

DHTは頭皮でテストステロンから変換されるもので、男性型脱毛症(AGA)の主な原因です。

DHTの生成を阻害することで、男性型脱毛症(AGA)を改善できるでしょう。

男性形脱毛症と言っても、男性だけがなる脱毛症ではありません。

女性も思春期以降に、男性型脱毛症(AGA)を生じる場合があります。

女性の男性型脱毛症(AGA)は、30代半ば頃から頭頂部の軟毛化が典型例です。

女性の場合は、前頭部と額の後退はほぼ見られません。

髪の毛のサイクルを整える

「大豆イソフラボン」は、髪の毛のサイクルを整えてくれるでしょう。

「大豆イソフラボン」は、知覚神経のCGRPの産生を促してIGF-I(インスリン様成長因子)の産生を増加させてくれます。

IGF-Iとは、細胞分裂を引き起こすインスリン様成長因子の一つです。

体内のほとんどの組織に現れ細胞が存在するために必要で、成長や機能の維持に重要な役割をしています。

IGF-Iは、髪の毛のサイクルで成長期を延長させて退行期や休止期を短縮させる働きがあるので育毛効果が期待できるでしょう。

GF-Iの産生ができない成長ホルモン欠乏量やローラン症候群の患者は、髪の毛が細くて折れやすい上に若い年齢から薄毛になるのが特徴です。

この様にGF-Iは、育毛に重要な役割をしているので欠かせません。

カプサイシンと共に摂取すると育毛作用が増強

「大豆イソフラボン」の育毛促進作用は、唐辛子成分のカプサイシンを添加することでより増強されます。

カプサイシンは知覚神経を刺激して末端からカルシトニン遺伝子関連ペプチドというものを放出し、IGF-I(インスリン様成長因子)の放出を促進することが研究によってわかりました。

より育毛効果を得たい場合には、「大豆イソフラボン」と「カプサイシン」の両方が配合されている育毛サプリを選ぶと良いでしょう。

「大豆イソフラボン」の副作用

「大豆イソフラボン」は食品やサプリメントで短期間摂取した場合には、ほとんどの人に対して安全と言えます。

しかし、長期間の使用に関しての安全性は検証されていません。

「大豆イソフラボン」の副作用は、以下のものが考えられます。

  • 悪心・腹部膨満・便秘
  • 呼吸困難や発疹などアレルギー反応
  • 乳癌やホルモン感受性疾患などの発生リスク

それぞれ見ていきましょう。

悪心・腹部膨満・便秘

悪心・腹部膨満・便秘など、軽度の胃腸障害が起こる場合があります。

呼吸困難や発疹などアレルギー反応

稀にですが、呼吸困難や発疹などアレルギー反応が出たという報告があります

大豆の食品アレルギーがある方は、注意してください。

乳癌やホルモン感受性疾患などの発生リスク

大豆イソフラボンが、乳がんに影響するかは明らかになっていません。

エストロゲン濃度に対しての大豆の影響が詳しく解明されるまで、乳がんやホルモン感受性疾患の発症リスクはあると言えるでしょう。

発症リスクの高い女性は、大豆の使用には注意が必要です。

心配な場合は、医師や薬剤師に相談しましょう。

ちなみに食事からの大豆摂取では、子宮内膜増殖症のリスクには影響を与えないということが研究によってわかっています。

日本人の「大豆イソフラボン」摂取状況

1日の安全な「大豆イソフラボン」摂取目安量は、70〜75mgです。

この上限値は、毎日欠かさず長時間摂取した場合の平均値としての上限値として食品安全委員会が定めました。

より安全性を見込んだ慎重な数値となっています。

ですので、70〜75mgという数字は毎日欠かさず摂取しても安全で十分に効果が期待できる摂取量と捉えられるでしょう。

それでは、実際に今の日本人はどのくらい大豆イソフラボンを日常的に摂取しているのかというと25mg/日です。

平均摂取量はわずかに年々減少傾向になっており、目安量よりも摂取量は低くなっています。

これは食生活が欧米化し、大豆製品を多く摂取する日本人らしい食生活が変化してきたからでしょう。

サプリメントなどの健康食品によって不足分を補うことは大切です。

カプサイシンと共に摂取すると育毛作用が増強する

「大豆イソフラボン」のメリット

 「大豆イソフラボン」配合の育毛剤のメリットは以下の通りです。

  • 様々な効果が期待できる
  • 科学的に証明されている
  • その他の効果も期待できる

それぞれ見ていきましょう。

様々な効果が期待できる

「大豆イソフラボン」の期待できる育毛効果は1つではありません。

髪の成長を調整しサイクルを整えるだけではなく、脱毛の原因であるDHTの発生をも抑制してくれます

色々なアプローチができるので、おすすめな育毛成分です。

科学的に証明されている

「大豆イソフラボン」の育毛効果は、科学的に証明されています

育毛サプリに配合されている成分では、科学的根拠がない成分が配合されていることが多いです。

「大豆イソフラボン」については、その効果が様々な研究によってわかっているので信頼できるでしょう。

その他の効果も期待できる

「大豆イソフラボン」は、育毛効果だけでなくその他にも体に良い効果をもたらせてくれます

期待できるその他の効果は、以下の通りです。

  • 更年期障害の改善
  • 骨粗しょう症の予防
  • 乳がん・胃がん・卵巣がん・肺がん・結腸直腸がんなどのリスク低下
  • 脳梗塞と心筋梗塞のリスク低下

この様に様々な病気の予防や改善、リスクの低下に役に立ちます。

「大豆イソフラボン」は、育毛だけでなく健康のためにも摂取した方が良い栄養成分です。

「大豆イソフラボン」のデメリット

「大豆イソフラボン」配合の育毛剤のデメリットは以下の通りです。

  • 副作用やアレルギー反応が出る場合がある
  • 乳癌やホルモン感受性疾患などの発生リスク

それぞれ見ていきましょう。

副作用やアレルギー反応が出る場合がある

「大豆イソフラボン」を摂取した場合の副作用としては、悪心・腹部膨満・便秘などの軽度な胃腸障害が報告されています。

また大豆アレルギーがある方は、摂取を控えた方が良いでしょう。

乳癌やホルモン感受性疾患などの発生リスク

「大豆イソフラボン」の乳癌やホルモン感受性疾患などの発生リスクは気になるところでしょう。

過去に乳がんの発症リスクを高めるという報道がなされましたが、誤報だという指摘もあります。

まだ発生リスクに関しては、研究段階で定かではありません

「大豆イソフラボン」とはフラボノイドの一種

そもそも「大豆イソフラボン」とはなんなのか、ご紹介しましょう。

「大豆イソフラボン」とは、大豆に含まれている微量成分の1つです。

人の体にとって、必須の栄養素とはされていません。

「大豆イソフラボン」の化学構造は、女性ホルモンのエストロゲンと似ています。

ですから体の中でエストロゲン受容体と結合し、様々な作用を発揮してくれるのです。

「大豆イソフラボン」のみをサプリメントで摂取するよりは、大豆食品を摂取した方が食生活としては理想でしょう。

まとめ

  1. 「大豆イソフラボン」が女性用育毛サプリに配合されているのは、「大豆イソフラボン」自体に育毛効果があるから
  2. 「大豆イソフラボン」は髪の成長を調整しサイクルを整える効果が期待でき、脱毛の原因であるDHTの発生をも抑制してくれる
  3. 唐辛子成分のカプサイシンと一緒に摂取することで、より効果が増強する
  4. 短期間摂取した場合には、ほとんどの人に対して安全
  5. 「大豆イソフラボン」の摂取目安量に対して、現代の日本人の平均摂取量は少ない
  6. 「大豆イソフラボン」の育毛効果は、科学的に証明されている
  7. 「大豆イソフラボン」は、育毛だけでなく健康のためにも摂取した方が良い栄養成分

「大豆イソフラボン」が女性用育毛サプリに配合されている理由は、育毛効果が期待できるからでした。

健康のためになんとなく良いというイメージだけで配合されている訳ではなく、育毛効果が科学的に証明されているので信頼できるでしょう。

だからと言って、過剰な摂取は禁物です。

バランスの良い食事を心がけて、育毛サプリメントは足りない栄養を補う目的で摂取しましょう。

「大豆イソフラボン」は女性ホルモンの様な働きをしてくれるので、女性にとって嬉しい成分です。