牽引性(けんいんせい)脱毛症の原因と対策について!毎日同じ髪型をしている方やエクステを頻繁に付けている方はご注意!

「毎日、髪の毛を結んでいるとハゲる」と聞くことがあります。

実際に、毎日同じ髪型をしていると本当にハゲてしまう場合があるのです。

毎日同じ髪型をしている方やエクステを頻繁に付けている方は、「牽引性脱毛症」になる恐れがあります。

牽引性脱毛症」は、特に女性がなりやすい薄毛で髪の毛が引っ張られることで起こる脱毛症です。

この記事では、「牽引性脱毛症」について見ていきましょう。

「牽引性脱毛症」の特徴

「牽引性脱毛症」は、女性がなりやすい脱毛症です。

子供から大人まで、年齢に関係なく生じる可能性があります。

早いと10代でも発症することがあるので、女性でヘアアレンジをしている方は気をつけましょう。

男性でも髪の毛を伸ばしており結んでいる場合は、「牽引性脱毛症」になる恐れはあります。

仕事場で毎日同じ髪型にしなければならない方は、注意が必要です。

また、毎日きつく結ぶヘアアレンジを楽しんでいる方も知らない間に「牽引性脱毛症」が起きてしまう場合があるでしょう。

「牽引性脱毛症」になると、分け目や生え際など毎日引っ張られている部分のみが薄毛になってきます

「牽引性脱毛症」の原因

「牽引性脱毛症」は、特定の髪型を長くしていたり髪の毛を強く引っ張ったりと物理的な刺激を与え続けていることが原因でなる脱毛症です。

具体的には以下のような髪型やアレンジが原因になります。

  • ポニーテールなどきつめに結ぶヘアアレンジ
  • コテやヘアアイロン
  • エクステやドレッドヘア
  • 分け目がいつも同じ
  • 圧迫性脱毛症

それぞれの原因について見ていきます。

ポニーテールなどきつめに結ぶヘアアレンジ

常に髪の毛をきつめに縛っている状態が続くと、頭皮と毛根に負担が大きくかかってしまいます

髪の毛を結ぶと、髪の毛だけでなく頭皮も一緒に引っ張られているのです。

日頃から引っ張られている頭皮は、固くなってしまうでしょう。

毛根は頑張って踏ん張っているような状態が続いているため、この状態が数年間続くと頭皮と毛根は疲れてしまいダメージがたまってしまいます。

髪の毛を成長させるためには、頭皮の血流が正常でなければなりません。

頭皮の血流が悪くなっていると栄養素や酸素をしっかりと届けられなくなってしまうでしょう。

ヘアアレンジによる「牽引性脱毛症」は、生え際が薄毛になり後退していくという特徴があります。

ポニーテールを続けると前髪の境目部分の脱毛が起こりやすくなるでしょう。

また、ツインテールだと分け目が広がってしまう方がいます。

コテやヘアアイロン

コテやヘアアイロンなどをよく使っている方は、抜け毛や切れ毛が発生しやすくなります。

コテやヘアアイロンで毎日髪の毛を引っ張り続けると、頭皮や毛根が疲れてしまうからです。

さらに高温のコテを頭皮に近づけるので火傷の恐れや髪の毛のダメージも加わります。

「牽引性脱毛症」の症状を抑えるためにはコテやヘアアイロンを頻繁に使用するのをやめて、たまに頭皮と毛根を休憩させましょう

エクステやドレッドヘア

最近ではエクステを使う若い女性は多いため、エクステによる「牽引性脱毛症」が急増中です。

エクステは一度つけるとしばらくは付いた状態が続くため、長い間髪の毛は引っ張られた状態となります。

長い間髪の毛の根元を引っ張っている状態により、髪の毛がごそっと抜けてしまう場合があるでしょう。

エクステが原因の「牽引性脱毛症」は、広い範囲に症状が出るのが特徴です。

毛球に大きくダメージが出てしまうと、回復するのには時間がかかってしまいます。

若いころから髪の毛を引っ張ってしまうと毛球がだんだんと弱っていくため、年を取ってから「牽引性脱毛症」が生じる場合もあります。

30代をすぎた女性の場合は、ホルモンバランスの乱れによっても薄毛になりやすいです。

頭皮と毛根はデリケートですので、なるべく負担がかからないようにケアをしていきましょう。

またエクステが付いていると、髪の毛の根元が洗いにくいため不衛生にもなります。

分け目がいつも同じ

髪の毛の分け目をいつも同じにしている場合も注意が必要です。

毎日同じ分け目だと、そのうち分け目の頭皮が目立つようになってくる場合があります。

これは髪の毛の重みで、知らず知らずのうちに毛根に負担がかかっているのが原因です。

圧迫性脱毛症

「牽引性脱毛症」と似た症状に「圧迫性脱毛症」があります。

これは、髪の毛が引っ張られるのではなく圧迫されて起こる脱毛症です。

原因は帽子やヘルメットなどで、男性がなりやすい脱毛症でしょう。

長い時間被り物をしていると、頭皮が圧迫されてしまい血行不良が起こります

警察官や作業員など、職業によって起こりやすいでしょう。

「牽引性脱毛症」の対策

「牽引性脱毛症」の原因は、毎日同じヘアスタイルにしているなど原因がはっきりしています。

よって、対策は頭皮の負担を減らすことです。

常に同じ髪型をしている方は、分け目を変えてみましょう。

髪の毛をいつも結んでいる方は、結ばずに降ろすと良いです。

頭皮をたまには休ませてあげることが最も大切でしょう。

仕事の関係で髪の毛を結ぶ必要のある方は、結ぶ位置を変えたり緩く結ぶなどの工夫をしてみてください。

きついヘアゴムではなく、シュシュなどを使うのもおすすめです。

また、血行を改善するためには頭皮マッサージをするのも効果が見込めます。

ヘアスタイルに気遣うことで「牽引性脱毛症」は、改善できる場合がほとんどです。

しかし、改善しなかった場合は医師に相談しましょう。

「牽引性脱毛症」の治療

「牽引性脱毛症」は、ヘアスタイルを変えることが最も効果のある対策です。

原因を取り除いても、髪の毛が生えてこなかった場合には医師に相談して治療を検討しましょう。

他の脱毛症と違って「牽引性脱毛症」は、内服薬では改善が見込めません

また育毛剤だと刺激が強すぎて、逆に頭皮を傷つけてしまう場合があるので控えた方が良いでしょう。

「牽引性脱毛症」の治療方法は以下の通りです。

  • ノーニードル発毛治療
  • 自毛植毛

それぞれ見ていきます。

ノーニードル発毛治療

頭皮と髪の毛の細胞を活性化させて修復する発毛薬を頭皮へと、針を使わずに注入する治療方法があります。

効率的に有効成分を等へと導入することができるでしょう。

ノーニードルならば、痛みがなく有効成分を頭皮と髪の毛に送れます。

術後も痛みはなく、腫れる心配もありません。

男女問わずできる治療方法で、体毛が濃くなるなどの副作用もないので安心です。

自毛植毛

「牽引性脱毛症」には、自毛植毛が最も効果があります。

気になる部分だけに髪の毛を増やしたい場合には、自毛植毛が一番でしょう。

自分の髪の毛を薄くなった部分に植毛します。

するとそこで新たな髪の毛が生え続けるという治療方法です。

植毛治療ならば、年齢に関係なく必要なところに必要な分だけ植毛することができます

しかし、自毛植毛は外科手術となるため医師の高い技術力が必要です。

まとめ

  • 「牽引性脱毛症」は、分け目や生え際など毎日引っ張られている部分のみが薄毛になる脱毛症
  • いつも同じ髪型にしていたりコテやヘアアイロンを使っている方、エクステをしている場合になりやすい
  • 改善するためには、頭皮に負担となっているヘアアレンジを止めることが重要
  • 他の脱毛症と違って「牽引性脱毛症」は、内服薬や育毛剤はおすすめできない
  • ヘアスタイルを変えるなど対策をしても改善されない場合には、医師に相談する

「牽引性脱毛症」は、髪の毛を強く引っ張るなどして頭皮や毛球にダメージを与えていることが原因でした。

他の脱毛症に比べて、髪型を変えるなどしてご自身で改善を目指せるでしょう。

仕事柄髪の毛を結ばざるおえない場合には、改善するまで髪を短く捨など対策を試みてください。

それでも治らなかった場合には、病院を受診しましょう。

育毛剤や内服薬での改善はあまり期待できません。