育毛剤の効果と全成分まとめ!血行促進と男性ホルモン抑制だけが全てではない!

育毛剤にはとても多くの成分が配合されています。

毛髪を育てたり、血行を促したりとその役割は成分によって様々です。

しかし具体的にどの成分がどのような役割を発揮するのかよくわからないという方も多いでしょう。

そこでこの記事では育毛剤が具体的にどのような効果を発揮するのか、また配合されている成分についてまとめました。

育毛の効果とその成分をより知ることで、目的に合った効果的な育毛ができるでしょう。

目次

育毛剤の効果

育毛剤に期待出来る効果は主に以下のようなものがあります。

  • 育毛効果
  • 抜け毛の防止
  • 血行促進
  • 頭皮環境を整える
  • 髪に潤いを与える

それぞれ解説していきます。

育毛効果

育毛剤のメインの効果はやはりもちろん育毛効果です。

育毛剤に配合している成分によって、太くて強いしっかりとした髪へと促してくれるでしょう。

髪が太くなることで、薄毛はカバーされます。

毛髪にしっかりと栄養素を届けて、健康的な髪へと育てるのが育毛効果です。

抜け毛の防止

強く健康な毛髪は、健康な毛根から生えてきます。

毛根が弱っていると、せっかく生えてきた髪が抜け落ちてしまい薄毛になってしまうでしょう。

育毛剤の成分が、頭皮と毛根に栄養素を届けることでしっかりとした土台となる毛根を作ります。

育毛によって育った毛髪を健康的な毛根で、しっかりと支えるのも育毛剤の効果の1つです。

血行促進

血行を促進することで、摂取した栄養素をしっかりと巡らせ毛髪までとしっかりと届けます。

血行促進は育毛において非常に重要な要素です。

育毛剤を塗布することで、頭皮の血行が促進されしっかりと毛髪と頭皮の生まれ変わりのサイクルが促されるでしょう。

頭皮環境を整える

せっかく毛髪へ良い栄養素を摂り入れたとしても、頭皮環境が悪くては毛髪はしっかりと根付きません。

栄養素を毛髪まで届けるのも困難になるでしょう。

また頭皮環境の悪化は、フケやかゆみの原因にもなります。

育毛においいて、頭皮環境を良い状態に整えることは基本中の基本です。

育毛剤には頭皮環境を整える成分も配合されています。

髪に潤いを与える

育毛剤には健康的で強い毛髪を育毛する効果に加えて、髪に潤いを与え美しい髪へと仕上げてくれる効果もあります。

また潤いは、美しさだけではなく丈夫な毛髪作りといった点でも重要です。

育毛剤によって健康的で強く、そしてより美しい毛髪へと促してくれます。

育毛剤に配合されている成分

育毛剤には毛髪の成長を促進する成分や、頭皮環境を整える成分など育毛の為の様々な成分が配合されています。

その中でも主要な以下の成分を紹介します。

  • デュタステリド
  • フィナステリド
  • ノコギリヤシ
  • ミノキシジル
  • リデンシル
  • ジフェンヒドラミンHCI
  • 酢酸トコフェロール
  • D-パントテニルアルコール
  • ヒキオコシエキス
  • ショウキョウチンキ
  • アロエエキス
  • ビワ葉エキス
  • ローズマリーエキス
  • ヒアルロン酸
  • ホップエキス
  • メントール
  • ニンジンエキス
  • 桑の葉エキス
  • セファランチン
  • t-フラバノン
  • シャクヤクエキス
  • ヒノキチオール
  • オウゴンエキス
  • クララエキス
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • センブリエキス
  • ニコチン酸アミド
  • ピロクトンオラミン

それぞれ解説していきます。

デュタステリドはAGAに効果的な内服薬

デュタステリドはAGA(男性型脱毛症)に効果的な成分です。

AGA(男性型脱毛症)の原因であるDHTという男性ホルモンを抑制する作用を持ちます。

医師から処方されることで使用できる成分ですので確かな効果に期待が持てる反面、副作用にも注意しなければなりません。

AGA(男性型脱毛症)にお悩みの方はデュタステリドを使用すると良いでしょう。

フィナステリドもAGAに効果的な内服薬

フィナステリドもデュタステリドと同様にAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。

DHTを抑制することで、AGA(男性型脱毛症)を治療します。

デュタステリドとの違いはどちらもAGA(男性型脱毛症)の治療効果なのですが、デュタステリドはAGA(男性型脱毛症)の原因となるαリアクターゼのⅠ型とⅡ型両方に作用します。

一方でフィナステリドはαリアクターゼのⅡ型にのみ作用します。

したがって、フィナステリドを試して効果が出なかった場合はデュタステリドを試してみると良いでしょう。

ノコギリヤシはDHTを抑える効果がある

ノコギリヤシはDHTを抑える効果と抗炎症作用を持っています。

DHTを抑える効果で、AGA(男性型脱毛症)に効果があるでしょう。

抗炎症作用は頭皮環境を整えます。

そうすることで、より育毛しやすい頭皮環境になるでしょう。

副作用としては、胃の不快感などの軽度なものが出る方もいらっしゃいます。

しかしほとんどの人は忍耐性があるので、用法用量を守って摂取すれば問題ありません。

ミノキシジルは壮年性脱毛症の外用薬

ミノキシジルは病院でも処方される、有効成分です。

以下のような効果があります。

  1. 壮年性脱毛症における発毛
  2. 育毛効果
  3. 脱毛の進行予防

ミノキシジルは30歳から44歳に発症した壮年性脱毛症に有効です。

壮年性脱毛症の外用薬として処方される場合はほとんどがミノキシジルが選ばれるでしょう。

それほど科学的根拠がある成分なのです。

30~40歳の方だけでなく、20代の方でも使用出来ます。

しかし、20歳未満の未成年者は国内での使用経験が無いため使用できません。

ミノキシジルは第一類医薬品ですので、副作用のリスクが高いです。

医師に処方された場合に使用しましょう。

リデンシルは幹細胞を活性化

リデンシルの主な効果は以下の通りです。

  1. 幹細胞に働きかける
  2. 安全性が高い
  3. 医薬部外品として適用可

一般的な育毛剤は男性ホルモンを抑制し女性ホルモンを増やす働きをします。

しかしリデンシルはそういったアプローチではなく、毛髪の元となる幹細胞に働きかけるのです。

幹細胞を活性化するすることで髪の成長が促進されるでしょう。

男性ホルモンを減らすことによる、男らしさを失うことなく育毛ができます。

安全性に関してはリデンシルの研究チームは「Perfectly safety at 100%」と断言しています。

それはつまり安全性100%という意味です。

医薬品の育毛剤は刺激が強く副作用のリスクもありますが、リデンシルなら安心でしょう。

そしてリデンシルは医薬部外品として認められています。

その効果は確かなものが期待できるでしょう。

ジフェンヒドラミンHCIは抗炎症作用によって頭皮環境を整える

ジフェンヒドラミンHCIは有効成分の1つで、塩酸ジフェンヒドラミンとも呼ばれます。

厚生労働省から認められた有効成分ですので、確かな育毛効果に期待ができるでしょう。

ジフェンヒドラミンHCIの主な効果は以下の通りです。

  1. 抗炎症作用
  2. 血行促進
  3. かゆみの抑制
  4. フケの予防

抗炎症作用によって頭皮環境を整え、育毛しやすい状態にします。

頭皮の炎症は、かゆみやフケの原因にも繋がりますのでそれらも予防することが出来るでしょう。

血行促進によって、摂取した栄養素をしっかりと頭皮と毛髪へと届けることが出来ます。

また、抗ヒスタミン作用も持っていますので更にかゆみの抑制に効果的です。

酢酸トコフェロールは抗酸化作用によって様々な頭皮トラブルを防ぐ

酢酸トコフェロールは別名ビタミンEですが、厳密に言えば人工的に作られたビタミンE誘導体という化合物です。

主な効果は以下の2つがあげられます。

  1. 抗酸化作用
  2. 血行促進

日常生活において頭皮の酸化は、紫外線やストレスなど避けることが出来ません。

酸化は老化へつながり、肌のトラブルまたはシミの原因です。

酸化を抑える、抗酸化作用によって様々なトラブルを防ぐことができます。

また血行促進の効果もあるので、代謝を促し健康的で強い髪へと導いてくれるでしょう。

副作用の心配も酢酸トコフェロールにありませんので、安心して使用することが出来ます。

D-パントテニルアルコールは保湿効果

D-パントテニルアルコールは通称パンテノールとも呼ばれます。

プロビタミンB5という名称で女性用ヘアケア商品に配合されることも多くあるのです。

育毛剤においては以下の効果に期待が出来ます。

  1. 保湿効果
  2. 新陳代謝の活性化
  3. 抗炎症作用
  4. 抗ストレス作用

D-パントテニルアルコールには保湿効果があるので、髪と頭皮へ潤いを与え美しい毛髪づくりへと効果を発揮します。

新陳代謝を活性化させる効果もありますので、肌のサイクルをめぐらせて頭皮を健康な状態に保つでしょう。

また新陳代謝の活性化は、摂取した栄養を髪や頭皮まで十分にいきわたらせる効果も発揮します。

抗炎症作用もありますので頭皮へのダメージを防ぎ、炎症を抑えることができます。

D-パントテニルアルコールには副腎皮質ホルモンの合成を促進する働きがあり、高ストレス作用です。

ストレス軽減や疲労への抵抗力を高めるでしょう。

そうした作用はストレス性の抜け毛の防止に繋がります。

D-パントテニルアルコールは育毛剤の成分としては、体内に吸収されることもほとんどないので副作用の心配もないでしょう。

ヒキオコシエキスは血行促進の効果

育毛剤に配合されている成分で、植物由来のエキスも数多くありますがその中でもヒキオコシエキスは定番です。

ヒキオコシエキスの育毛剤としての効果は以下の通りです。

  1. 血行促進
  2. 抗菌作用
  3. 保湿作用

血行促進の効果によって、摂取した栄養素が身体をめぐり頭皮や毛根までしっかりと届けます。

代謝も上がるので、健康な頭皮や毛髪を保つことが出来るでしょう。

抗菌作用は抜け毛や育毛の妨げになるフケや頭皮の荒れを防ぎます。

ヒキオコシエキスは保湿性にも優れています。

健康的な毛髪や頭皮を保つためには、水分は必要不可欠です。

ドライヤーや紫外線などから保護するためにも保湿は重要でしょう。

またヒキオコシエキスに副作用が報告された事例は特にありません。

安心して使用できる天然由来の成分です。

ショウキョウチンキも血行促進

ショウキョウチンキには以下の育毛効果があります。

  1. 血行促進
  2. 抗菌、殺菌
  3. 抗酸化作用

血行促進は育毛にとって効果的です。

血行を良くすることによって、栄養素を頭皮全体に行きわたらせることが出来ます。

栄養素を行きわたらせることで、強く太い健康的な髪を作るでしょう。

抗菌・殺菌作用も持っていますので夏場などの、頭皮に雑菌が繁殖しやすい時期に特に有効です。

雑菌の繁殖を抑えることで頭皮環境を改善し、トラブルを防ぎます。

抗酸化作用もありますので、頭皮の老化を防ぐことが可能です。

副作用については、育毛剤の使用に関しては問題ないと言えるでしょう。

しかし、チンキとはアルコールのことです。

アルコールアレルギーのある方は注意が必要です。

アロエエキスは男性型脱毛症(AGA)に効果的

多くの薬品や、サプリメントなどに昔から使用され親しまれているアロエです。

そんなアロエから摂れるアロエエキスは多くの育毛剤にも配合されています。

主な効果は以下の通りです。

  1. 男性型脱毛症(AGA)に効果
  2. 保湿効果
  3. 抗菌効果
  4. フケの抑制

アロエエキスに含まれているアロインという成分は男性型脱毛症(AGA)に効果的です。

アロインには男性型脱毛症(AGA)の要因とされている5αリダクターゼを抑制する効果があります。

保湿効果もアロエエキスの大きな特徴の1つです。

化粧品などのスキンケア用品の多くにアロエエキスが使用されるのは、この保湿効果があるからでしょう。

保湿効果によって頭皮を保湿し、頭皮環境を整えます。

アロエエキスの保湿力によって潤った頭皮は柔らかくなり、発毛しやすい状態になるでしょう。

サポニンやアロエチンの殺菌効果を持つ成分も含むので、抗菌によって頭皮の炎症を防ぎます。

これらの保湿効果と抗菌効果はフケの抑制にも繋がります。

副作用に関しても、アロエキスを育毛剤に使用した場合は必要ないと言えるでしょう。

経口摂取の場合には、下痢などの副作用もありますが頭皮に塗布する場合にはそのような心配はありません。

安心して使用できる成分です。

ビワ葉エキスはヘアサイクル遺伝子の調整

ビワ葉エキスは育毛の有効成分ではありませんが、育毛をサポートする成分として育毛剤に用いられます。

ビワ葉エキスの育毛効果は以下の通りです。

  1. ヘアサイクル遺伝子の調整
  2. 毛乳頭細胞増殖促進
  3. 抗男性ホルモン
  4. 血行促進

毛髪は成長→休止→脱毛を繰り返しますが、これをヘアサイクルと言います。

何らかの原因によってヘアサイクルが乱れてしまうと、成長期が維持できずに休止期から脱毛へと進んでしまうのです。

ビワ葉エキスにはこのヘアサイクル遺伝子の調整作用があります。

初期成長期の成長を加速させることで、後退期への移行を防いでくれるのです。

成長期の毛は下端が膨張して毛球が作られており、この毛球には毛母細胞と毛乳頭細胞が存在しています。

毛母細胞と毛乳頭細胞には相互作用があり、ヘアサイクルに深く関与しているのです。

毛乳頭細胞からシグナルが出てヘアサイクルが調整されているとされていますが、ビワ葉エキスにはこの毛乳頭細胞を促進する効果があります。

また男性型脱毛症(AGA)の原因となる、男性ホルモンを抑制する作用も持っています。

ビワ葉エキスは男性ホルモンの一種のである5αリダクターゼ活性阻害をするため、男性型脱毛症(AGA)を予防する効果に期待が持てるでしょう。

血行促進の効果も持っており、頭皮の血流を改善し育毛サポートに繋がります。

ビワ葉エキスの副作用に関しては、報告されていませんので安心して使うことが出来るでしょう。

ローズマリーエキスは男性型脱毛症(AGA)を予防

ローズマリーエキスは育毛剤やヘアケア用品に多くは配合されています。

育毛の有効成分ではありませんが、さまざまな効果によって育毛をサポートしてくれるでしょう。

ローマリーエキスの持つ効果は以下のようなものがあります。

  1. 男性型脱毛症(AGA)予防
  2. 血行促進
  3. 炎症抑制

ローズマリーエキスには男性型脱毛症(AGA)を予防する作用があります。

男性型脱毛症(AGA)の原因は男性寄るもんの1つである5αリダクターゼです。

この5αリダクターゼ阻害作用がローズマリーエキスにはあります。

このような作用から、ローズマリーエキスは男性型脱毛症(AGA)を予防する効果に期待が持てるでしょう。

血行促進の効果もローズマリーエキスにはあります。

脱毛症の原因の一つには、血行不良があげられるのです。

そのような原因を取り除くためには、血行改善が有効でしょう。

またローズマリーエキスには炎症抑制作用があります。

頭皮が皮膚炎を起こしてしまうと、毛根まで影響し脱毛の原因となります。

こうした脱毛を、炎症抑制作用によって防いでくれるでしょう。

しかし、ローズマリーエキスには副作用があります。

以下の通りです。

  1. 光過敏症、発赤、皮膚炎
  2. アレルギー性接触皮膚炎
  3. 細胞毒性

こうした副作用を引き起こす恐れがあります。

心配な方は医師や薬剤師にしっかりと相談の上での使用をおすすめします。

また妊婦の方や授乳中の方が使用した場合の安全性も確認されていませんので、該当の方は避けるようにしましょう。

ヒアルロン酸は保湿効果

ヒアルロン酸は美肌に効果があるとされ、多くのスキンケア用品に配合されている有名な成分です。

有効成分ではありませんが育毛剤にも配合される場合があり、育毛をサポートしてくれるでしょう。

ヒアルロン酸には保湿効果があります。

育毛において保湿は非常に大切な要素の1つです。

年齢を重ねると、皮脂分泌が低下してしまうので髪が乾燥しツヤが失われてしまいます。

育毛に限らず、トータル的なヘアケアにおいて乾燥対策は大切でしょう。

副作用に関して言えば、ヒアルロン酸は適切に使用すれば内服した場合にも外用した場合にも安全と言えます。

特に外用した場合には、副作用の報告はありません。

しかし、妊娠・授乳中の服用に関しての安全性に関する十分なデータはないので該当の方は避けた方が良いでしょう。

ホップエキスは男性ホルモンの阻害

ホップエキスは育毛の有効成分ではありませんが、育毛剤に配合され育毛サポートに効果があります。

ビールの原料として有名ですが、ビール以外にも様々な活用方法があるのです。

ホップエキスの持つ、育毛の効果は以下の通りです。

  1. 男性ホルモンの阻害作用
  2. 毛根由来細胞の増殖促進
  3. ミノキシジルと同等の育毛促進作用
  4. 毛髪の成長促進

ポップエキスには、男性型脱毛症(AGA)の原因の1つである男性ホルモンの5αリダクターゼを抑制する効果があります。

ポップエキスの持つ高い5αリダクターゼ阻害作用を持つホップエキスによって、男性型脱毛症(AGA)を予防することが出来るでしょう。

毛根由来細胞の増殖を促進する効果もポップエキスは持つので、この効果も育毛をサポートします。

またホップエキスはミノキシジルと同等の育毛効果があるとされています。

血行を促進し毛根細胞活性化を促します。

ポップエキスとミノキシジルの比較実験によれば、同等もしくはそれ以上の育毛効果があることがわかりました。

副作用については、ホップエキスには報告されていません。

安全に使用することが出来る成分と言えるでしょう。

メントールは頭皮のかゆみを抑える

メントールは爽やかなスーッとした刺激が特徴的でシャンプーにも配合される成分です。

育毛剤には有効成分として配合されています。

メントールの育毛剤としての効果は以下の通りです。

  1. 頭皮のかゆみを抑える
  2. 清涼感を与える
  3. 浸透しやすい状態に促す

メントールは頭皮環境を整え、かゆみを抑えます。

更に特徴的なスーッとした刺激によって、頭皮に清涼感を与えるでしょう。

この感覚は実際に頭皮の温度を下げるわけではなく、皮膚が冷たく感じているだけなのです。

更には細胞脂質に影響を与え、頭皮に成分が浸透しやすい状態に促す効果もあります。

メントールは有効成分として認められているので、これらの効果をしっかりと発揮するでしょう。

また副作用の報告はされていませんので、安心して使用出来ます。

ニンジンエキスは血行促進の効果

ニンジンエキスは、育毛において欠かすことのできない血行促進の効果があります。

有効成分として認められている成分でもあるのです。

ニンジンエキスの育毛剤としての効果は以下の通りです。

  1. 血行促進
  2. 抗酸化作用
  3. 殺菌作用

ニンジンエキスに含まれているサポニンという成分は血行促進の効果があります。

血行促進は摂取した栄養素をしっかりと頭皮や毛根までめぐらせるので、育毛においては重要です。

またサポニンには抗酸化作用も持っています。

抗菌作用は頭皮の皮脂の酸化を防ぎ、菌の増殖を抑えるとこができるでしょう。

それに伴い、脱毛の防止・フケ対策・かゆみ対策にも繋がります。

さらにニンジンエキスは殺菌作用にも優れています。

頭皮の雑菌は悪臭の原因や、抜け毛やかゆみにも繋がるでしょう。

雑菌を抑えることで、頭皮のトラブルを防ぎ頭皮環境を整えます。

ニンジンエキスは育毛剤としての使用では副作用の心配はありません。

桑の葉エキスは抗炎症効果によって、頭皮環境を整える

桑の葉エキスは育毛の有効成分ではありません。

しかし育毛剤によく配合されています。

桑の葉エキスが持つ育毛サポート効果は以下の通りです。

  1. 抗炎症効果
  2. 血流改善効果

抗炎症効果によって、頭皮環境を整えることで育毛をよりしやすい状態に促します。

炎症は頭皮トラブルに繋がり、フケやかゆみの原因になってしまうでしょう。

そのようなトラブルを防ぐためにも、抗炎症効果は育毛にとって大切な要素です。

また血流改善効果もありますので、摂取した頭皮への栄養素を毛根から頭髪までしっかりめぐらせるサポートをするでしょう。

副作用に関しては、桑の葉を服用した臨床試験が行われましたが、副作用は認められませんでした。

連続摂取の試験でも、安全性が確認されていますので安心して桑の葉エキスを利用することが出来るでしょう。

セファランチンは脱毛範囲が縮小した例や発毛促進効果の報告がある

セファランチンは育毛剤の有効成分です。

医薬品として様々な症状に使われてきた成分ですが、薄毛や脱毛に対しても効果があるとわかっています。

セファランチンの持つ育毛効果は以下の通りです。

  1. 抗アレルギー作用
  2. 毒素中和作用
  3. 副交感神経緊張緩和作用
  4. 細胞内皮系亢進作用

セファランチンにはこのような作用があります。

内服することで、脱毛範囲が縮小した例や発毛促進効果の報告があります。

セファランチンは保険が適用されますので、併用療法の1つとして使用する事が可能です。

しかしセファランチンの治療報告のほとんどは内服療法によるものとなっています。

外用剤として使用した治療報告は少ないのが現状なのです。

そのような中でも円形脱毛症・多発性脱毛症・悪性脱毛症などの患者に外用療法を試みた場合に、3〜4週間で効果が認められたという報告もあります。

副作用に関しては、健康な成人男性に投与した臨床実験では異常は見受けられませんでした。

しかし、注射として使用した場合にアナフィラキシーショックの報告が稀にされています。

育毛剤としての塗布に関しては副作用は無いとは言えますが、心配な方は医師や薬剤師に相談の上で使用することをおすすめします。

t-フラバノンは毛母細胞の増殖を促す

t-フラバノンは育毛剤の有効成分で、男女の薄毛に対して効果的な成分です。

t-フラバノンには以下のような効果があります。

  1. 毛母細胞の増殖を促す
  2. 薄毛、抜け毛予防
  3. 男女への薄毛への効果
  4. 円形脱毛症への効果もあり

t-フラバノンは毛根球部分に直接作用し毛母細胞の増殖を促す働きがあります。

髪を太くコシの有る抜けにくい髪へと育てるのです。

また男女別に得られる効果が異なります。

男性へのt-フラバノンを使用した実験では成長期の髪の数が増加し、髪が太くなる傾向もみられました。

試験を始めた時と比較すると、半年後には約20%毛径平均値が増大した結果があります。

女性へのt-フラバノンの使用試験では髪が太くなり本数も増える傾向がみられたのです。

結果として、女性の薄毛の特徴である髪の分け目が目立ちにくくなりました。

さらにはt-フラバノンは加齢による薄毛だけでなく、円形脱毛症にも効果があります。

副作用に関しては、日本皮膚科学会のガイドラインでは外用を行って良いと認められています。

しかし女性型脱毛症に対しての有効性を示す根拠はまだ不足気味であるのが現状です。

それでも副作用はほぼ見られないので、使って良いとされています。

シャクヤクエキスは頭皮が荒れやすく弱い方におすすめ

シャクヤクエキスは育毛剤やヘアケア製品の多くに配合されている成分です。

古くから漢方薬としてして使用され親しまれてきました。

シャクヤクエキスの育毛効果は以下の通りです。

  1. 表皮角化細胞増殖作用
  2. 細胞遊走促進作用
  3. 抗炎症作用
  4. 経表皮水分損失抑制
  5. 抗菌作用(抗補体・細菌・大腸菌・緑膿菌)
  6. 抗酸化作用
  7. 血行促進作用

シャクヤクエキスには抗炎症作用と殺菌作用がありますので、頭皮が荒れやすく弱い方におすすめの成分です。

経表皮水分損失抑制作用もありますので、頭皮の乾燥を防ぐことが出来ます。

血行促進の作用によって、摂取した育毛成分をしっかりと頭皮や毛髪まで届けることによって育毛効果に期待が持てるでしょう。

また副作用に関しては、外用の場合の報告はありませんので心配は低いと言えます。

ヒノキチオールは殺菌作用によって、頭皮環境を清潔な状態に整える

ヒノキチオールは育毛剤の有効成分です。

殺菌作用などによって頭皮環境を整えるのに役立ちます。

ヒノキチオールの持つ主な効果は以下の通りです。

  1. 殺菌作用
  2. 抗菌作用

ヒノキチオールは殺菌作用によって、頭皮環境を清潔な状態に整えます。

抗菌作用も持っているので、様々な菌を防いでくれるでしょう。

菌が増殖してしまうと、フケやかゆみの原因になるので重要な効果です。

そうした作用から、ヒノキチオールはフケやかゆみに効果的でしょう。

またヒノキチオールは毒性や副作用が少ない成分です。

しかし、極めてまれな例ですがヒノキチオールによってアレルギー性摂取皮膚炎が2例報告されています。

気になる方や皮膚が弱い方は、念のために使用前のパッチテストを行うと良いでしょう。

オウゴンエキスはアレルギー反応を抑えて頭皮のかゆみなどの症状を改善

オウゴンエキスには以下のような効果を持っています。

  1. 抗酸化作用
  2. 抗炎症作用
  3. 抗ヒスタミン作用
  4. 抗菌作用

オウゴンエキスには強い抗酸化作用を持っている、バイカリンとバイカレインという成分が含まれています。

抗酸化作用は老化や疾患の原因となる、活性炭素による細胞障害を軽減してくれるでしょう。

また抗炎症作用と抗ヒスタミン作用も持っていますので、アレルギー反応を抑えて頭皮のかゆみなどの症状を改善します。

更に抗菌作用によって、頭皮を清潔な状態に保ってくれます。

副作用に関しては、内服の場合には肝障害を引き起こす可能性が報告されています。

しかし育毛剤の利用での外服では副作用の報告はありません。

育毛剤に関してはオウゴンエキスの副作用について心配する必要は無いでしょう。

クララエキスは男性ホルモンを抑制する作用がある

クララエキスは以下のような効果を持ちます。

  1. 男性ホルモン抑制作用
  2. 肌荒れ予防
  3. 血行促進

クララエキスの大きな特徴は男性ホルモン抑制作用です。

男性型脱毛症(AGA)の発症原因は、男性ホルモンと遺伝的要素が密接に関連しています。

男性ホルモンを抑制することで、男性型脱毛症(AGA)を改善することが出来るでしょう。

肌荒れ予防の効果もあるので、ヘアケア製品にもよく配合されています。

また血行促進効果によって、摂取した育毛成分をしっかりと頭皮や毛根までめぐらせることが出来るでしょう。

副作用に関しては、クララエキスの原料のクララは毒性が強い薬用植物です。

多量に内服した場合に目眩などの中毒症状が出る場合があります。

しかし、外用した場合にはそれらの心配はありません。

育毛剤やヘアケアとしての使用において、副作用は気にする必要は無いと言えます。

グリチルリチン酸ジカリウムは敏感肌の方が注目すべき育毛成分

グリチルリチン酸ジカリウムは多くの化粧品やヘアケア製品に配合されている育毛の有効成分です。

グリチルリチン酸ジカリウムの持つ育毛効果は以下の通りです。

  1. 敏感肌の知覚過敏反応を抑制
  2. 抗炎症作用
  3. 抗アレルギー作用

グリチルリチン酸ジカリウムは知覚過敏反応を抑制する働きがありますので、敏感肌の方は特に注目すべき育毛成分です。

また抗炎症作用と抗アレルギー作用も持っていますので、頭皮環境を整えて育毛しやすい状態へ保つ働きもしてくれます。

健康な頭皮環境によって、健康な育毛をはぐくむ効果に期待が出来るでしょう。

副作用に関しては、医薬品などで多量に内服した場合に偽アルドステロン症の発症の恐れがあります。

しかし育毛剤などのヘアケア用品によっての外用では、使用目安を守っていれば副作用の心配はないでしょう。

センブリエキスは血行促進

センブリエキスは民間薬として日本では胃腸薬などにも配合され親しまれている成分です。

昨今では育毛成分としても注目され、育毛剤にもよく配合されています。

センブリエキスの育毛効果は以下の通りです。

  1. 血行促進
  2. 抗ストレス作用

センブリエキスの血管拡張作用によって血行が改善されます。

血行促進は育毛にとってとても大切な要素です。

また抗ストレス作用も持っており、ストレス性脱毛症への効果も認められています。

副作用に関しては、健康な頭皮への育毛剤としての使用において安全に使用することが出来るでしょう。

応用生化学研究所と日本製薬工業株式会社によって行われた皮膚安全性実験によって、センブリ抽出液が配合された育毛剤は安全に使用できるという結果が出ています。

ニコチン酸アミドは血行促進

ニコチン酸アミドはあまり聞きなれない成分かもしれませんが、育毛剤にはよく使用されている成分です。

ニコチン酸アミドは以下のような効果を持っています。

  1. 血行促進
  2. 皮脂や粘膜の健康維持

血行促進の効果は頭皮改善の改善には欠かせない効果です。

頭皮は毛細血管が多いので、血行促進の効果は育毛にとって効果的でしょう。

血行促進によって、細胞が生まれ変わるサイクルを整える事ができます。

また皮膚や粘膜の健康維持の効果も持っています。

頭皮や粘膜は加齢とともに衰えていきますが、ニコチン酸アミドが効果的です。

皮膚や粘膜を健康な状態に保つことで、健康的で丈夫な毛髪作りに役立つでしょう。

副作用に関しては、ニコチン酸アミドはビタミンB3 ですので安全性が高く適切な使用では心配ありません。

しかし過剰に塗布した場合には、アレルギー反応が起こる場合もあります。

血管拡張作用によるアレルギー反応ですので、ひどい場合を除いて気にする必要もないと言えますが、適切な使用を守る事をおすすめします。

ピロクトンオラミンはフケやかゆみに対して有効

ピロクトンオラミンはフケやかゆみに対して有効な成分です。

別名オクトピロックスとも呼ばれ、育毛剤やヘアトニックによく配合されています。

ピロクトンオラミンが持つ特徴は以下の通りです。

  1. 殺菌作用
  2. 抗酸化作用
  3. ターンオーバーの調整

ピロクトンオラミンは細菌(バクテリア)と真菌(カビ)に対して効果があります。

これらの菌が頭皮で増殖してしまうと、過剰なフケや激しいかゆみに悩まされることとなるでしょう。

ピロクトンオラミンはフケ・かゆみの原因菌の治療薬として大変有効なのです。

また殺菌作用だけでなく、抗酸化作用も持っています。

頭皮から分泌された皮脂が酸化してしまうと、かゆみ・悪臭・べたつきといった症状が現れるでしょう。

それは結果的に抜け毛の増加にもつながります。

ピロクトンオラミンなら抗酸化作用によってそうした事態を防ぐことが出来るのです。

更にはピロクトンオラミンはターンオーバー(新陳代謝)を調整する効果もあります。

ターンオーバーの周期が極体に短いと、過剰なフケの原因となるのです。

ピロクトンオラミンは頭皮の代謝リズムを整えるのに効果を発揮するでしょう。

副作用に関しては、ピロクトンオラミンは人体に負担の少ない成分として知られており、心配はほとんどありません。

安心して使用でき有効成分でしょう。