育毛剤は不妊のリスクを高める!男性ホルモンが抑制され、正常な精子の生成に悪影響を及ぼす!

男性型脱毛症(AGA)の治療に効果的な成分として、フィナステリドとデュタステリドがあります。

育毛剤に男性型脱毛症(AGA)へのアプローチとして、これらの成分が配合される場合も多くあるのです。

しかしフィナステリドとデュタステリドは妊婦にとっては、不妊の原因となる禁忌の成分とされています。

育毛剤に配合される成分によっての、不妊への影響について解説していきます。

育毛剤は配合成分によって不妊への影響有り

まず育毛剤は不妊への影響はあるのでしょうか。

その答えは、影響有りです。

しかし全ての育毛剤が不妊へ影響するわけではありません。

以下の成分が配合されている育毛剤は、不妊への影響を懸念しましょう。

  1. フィナステリド
  2. デュタステリド
  3. ミノキシジル

育毛剤による不妊への影響とは

育毛剤による不妊への影響は、主に男性型脱毛症(AGA)への効果が期待される育毛剤で起こります。

男性型脱毛症(AGA)の治療は、男性ホルモンを抑制することが効果的です。

しかし育毛剤を使用することによって男性ホルモンが抑制され、正常な精子の生成に悪影響を及ぼす可能性があります。

こうした効果から、育毛剤による不妊への影響は注意すべき項目でしょう。

また男性型脱毛症(AGA)治療の成分以外では、ミノキシジルが性欲減退による不妊への影響が有ります。

男性型脱毛症(AGA)治療に効果のある成分は特に不妊への影響あり

育毛剤に配合される成分のうち、特に不妊への影響が懸念される成分は以下の通りです。

  1. フィナステリド
  2. デュタステリド

これらの成分はどちらも、男性型脱毛症(AGA)の治療に用いられます。

男性ホルモンの活動を抑制することによって男性型脱毛症(AGA)によって、効果を発揮するのです。

男性ホルモンは精子の生成などにに関わってきますので、不妊への影響が懸念されます。

男性型脱毛症(AGA)治療の育毛剤による男性不妊への影響

フィナステリドとデュタステリドは男性型脱毛症(AGA)に効果的です。

しかしその一方で、発現率1%以下と非常に低い確率ですが副作用のリスクがあります。

その中でも、不妊に関わる副作用は以下の通りです。

  1. 勃起不全
  2. 精子量減少
  3. 射精障害
  4. 性欲減退
  5. 肝機能障害

このような副作用の報告がフィナステリドとデュタステリドにはあります。

1%以下という低い発現率ですが、体質や既往歴などによって個人差はあるでしょう。

男性ホルモンの働きを抑制することで男性型脱毛症(AGA)を抑える反面、精子の活動を悪化させる可能性があるのです。

男性型脱毛症(AGA)治療の育毛剤による妊婦への影響

男性型脱毛症(AGA)に効果のある、フィナステリドとデュタステリドが配合された育毛剤は妊婦には禁忌です。

これらを妊婦が服用してしまうと、男子胎児の生殖器官の正常な発育がDHTの低下によって引き起こされる恐れがあります。

また服用どころか皮膚からの吸収もありますので、妊婦の方は触れることですら避けるべき成分です。

使用する本人はもちろんのこと、周りへの十分な配慮が必要となるでしょう。

ミノキシジルによる性欲減退

育毛剤によく配合されている成分の1つにミノキシジルがあります。

ミノキシジルには不妊の副作用の報告はありませんが、性欲減退の副作用報告があります。

性欲減退は直接的には、男性不妊の症状ではありません。

しかし性欲の減退は、夫婦での性行為の回数の減少へと繋がりますので不妊へ全く影響が無いとは言い切れないでしょう。

使用を中止した後の精子への影響

フィナステリドやデュタステリドが配合された育毛剤によって、精子数が減少するという副作用の報告があります。

それらの使用を中止すれば、直ちに元の状態へと回復するのでしょうか。

以前ならば使用を中止すれば、1ヵ月~3ヵ月ほどで元通りに精子量が回復するとされていました。

しかし中には改善が見られないという報告もあります。

よって、必ず使用中止後に完全に元通りになるとは言い切れないでしょう。

それらの育毛剤を使用する時は必ず副作用のリスクも十分に理解した上で、医師の指示の元に使用しましょう。

まとめ

  1. 育毛剤は配合成分によっては不妊への影響有り
  2. 男性型脱毛症(AGA)治療の育毛剤は特に注意が必要
  3. デュタステリドとフィナステリドは妊婦にとっては禁忌
  4. ミノキシジルには性欲減退の副作用も懸念される

全ての育毛剤が、不妊への影響があるわけではありません。

しかし配合成分によっては、不妊への影響があるでしょう。

特に男性型脱毛症(AGA)治療でデュタステリドとフィナステリドが配合された育毛剤には注意が必要です。

妊婦にとっては触れる事すら禁忌ですので、使用する際には周りへの配慮も十分にしなければなりません。

その他の成分にも、育毛剤にはよく配合されているミノキシジルには性欲減退などの間接的な不妊への影響がある成分もあります。

妊活中や妊婦の方が育毛剤を使用する際には、その成分を十分に調べてからしっかりと理解したうえで使用しましょう。