男性用育毛トニックのおすすめランキング!ヘアトニック、育毛剤との違いもわかる!

育毛ケアにおいて代表的なものには育毛剤の他にも育毛トニックがあります。

育毛トニックは良く名前は聞くけど、よく知らないという方も多いでしょう。

育毛剤と育毛トニックでは、違いがあるのでしょうか。

また育毛トニックの他にもヘアトニックと呼ばれるものもあります。

その違いは何なのでしょうか。

この記事ではそういった疑問を解消しつつ、男性用育毛トニックのおすすめをランキング形式でご紹介します。

育毛トニックを購入をお考えの方は是非参考にしてみてください。

育毛トニックとヘアトニックの違い

育毛トニックはもともとヘアトニック呼ばれ、化粧品として販売されていました。

昨今ヘアトニックに育毛に関する有効成分が配合されたものも販売されるようになり、それらが育毛トニックと呼ばれるようになりました。

有効成分が配合されているので、化粧品ではなく医薬部外品に分類されます。

こうした経緯でヘアトニックは、育毛トニックへと変化していきました。

しかし現在ではこれらの呼び方に明確な定義は定められてはいません。

現在販売されている化粧品に分類される有効成分が入っていないヘアトニックも、育毛トニックと呼ばれる場合もあります。

つまり育毛トニックとヘアトニックは呼び方が変化していっただけであり、その内容に違いは無いと言えるでしょう。

そこでは当サイトでは、それらを総称して育毛トニックと呼ぶことにします。

育毛トニックと育毛剤の違い

育毛トニックと育毛剤の特徴はそれぞれ以下の通りです。

育毛トニックの特徴

  • 頭皮環境を整える
  • フケ・かゆみの防止
  • 爽快感が得られる
  • お手軽

育毛トニックは頭皮環境を爽快感と共に整える役割があります。

育毛剤と育毛トニックの主な効果は大体同じなのですが、育毛トニックは特に爽快感が特徴です。

噴射ノズルに工夫を凝らしたものや、メントールなどの爽快成分が配合されたものがあります。

頭皮に爽快感を与え、刺激することによって頭皮に働きかけ育毛促進を図ります。

また育毛剤と比べると価格が安く、店頭でも販売されているのでお手軽というのも特徴の一つでしょう。

薄毛・抜け毛の治療というよりは、そうならないように予防したいという方に育毛トニックはおすすめです。

育毛剤の特徴

  • 頭皮環境を整える
  • フケ・かゆみの防止
  • 育毛・発毛促進
  • 抜け毛の予防
  • 豊富な成分
  • 低刺激

育毛剤は、育毛・発毛を促す効果を主とします。

育毛トニックと比べると育毛剤の方が成分豊富で、育毛に対して様々なアプローチを仕掛けます。

頭皮環境を整え血行促進をするという育毛の基本に加えて、毛髪に潤いを与える為の成分なども含まれます。

育毛だけではなく、同時に美しい毛髪作りを目指すといった育毛剤もあるのです。

また配合成分へのこだわりも見られ、無添加で低刺激な育毛剤もあります。

しかしその分育毛トニックと比べると、値段は張ります。

本気で育毛を行いたいという方は、育毛トニックよりも育毛剤をおすすめします。

男性用育毛トニックおすすめランキング

男性用育毛剤のおすすめをランキング形式でご紹介していきます。

それぞれの特徴などをまとめましたので購入の際に是非参考にしてみてください。

1位 「アンファー (ANGFA) スカルプD 薬用育毛トニック」

第1位は「アンファー (ANGFA) スカルプD 薬用育毛トニック」です。

「アンファー (ANGFA) スカルプD 薬用育毛トニック」の特徴についてみていきましょう。

「アンファー (ANGFA) スカルプD 薬用育毛トニック」の特徴

「アンファー (ANGFA) スカルプD 薬用育毛トニック」には以下のような特徴があります。

  1. 頭皮の血行促進による発毛促進
  2. 独自成分でハリコシ・ボリュームアップ
  3. 特許取得の特殊ノズルによる波動ジェット

「アンファー (ANGFA) スカルプD 薬用育毛トニック」は頭皮の血行促進とフケ・かゆみを抑える以下の有効成分が配合されています。

  • 酢酸-DL-α-トコフェロール
  • グリチルリチン酸2K
  • タマサキツヅラフジアルカロイド

毛髪のハリコシ・ボリュームアップには、青豆・黒豆・黄大豆の3種類の豆からなる「アンファー (ANGFA) スカルプD 薬用育毛トニック」の独自製法の豆乳発酵液が配合されています。

このように豊富に配合された成分がしっかりと毛根まで行き届くように、特許取得の特殊ノズルを採用しているのも特徴です。

特殊ノズルによって波動ジェット噴射で液剤が頭皮にとどまり有効成分が浸透します。

価格とランニングコスト

  180ml
通常価格(税込) 3,240円
定期購入価格(税込) 2,754円
1日のランニングコスト(定期購入) 約91円

1位の理由

「アンファー (ANGFA) スカルプD 薬用育毛トニック」を1位にした理由は、配合成分の豊富さとそれを毛根まで届ける特許取得の特殊ノズルです。

ここまで成分から浸透率までこだわりを持った育毛トニックはなかなかありません。

豊富な育毛成分が、特殊ノズルの波動ジェット噴射によってしっかりと浸透するでしょう。

こうしたこだわりによって他の育毛トニックと比べると、少し値段が高いのが気になる点ではあります。

しかしその分効果には十分期待できるでしょう。

また、育毛トニックには珍しく定期購入があるのも高評価です。

育毛は続けてこそ効果を発揮するものですので、定期購入でお得に長く続けることをおすすめします。

2位 「大正製薬 フレッシュリアップ 薬用育毛トニック 」

続いて第2位は「大正製薬 フレッシュリアップ 薬用育毛トニック 」です。

特徴は以下の通りです。

「大正製薬 フレッシュリアップ 薬用育毛トニック 」の特徴

  1. 抜け毛予防に効果的
  2. メントール配合で爽快感が持続
  3. 心地よい頭皮へのあたり感
  4. 毛髪と頭皮へうるおいを与える

「大正製薬 フレッシュリアップ 薬用育毛トニック 」の抜け毛予防効果は、ビタミンE誘導体やセンブリ抽出エキスによる血行促進です。

またパントテニールエチルエーテルが毛根部の細胞を活性化させます。

爽快成分のメントールも配合しているので、爽快感の持続を実感できるでしょう。

噴射剤には炭酸ガス+DMEを採用しており、頭皮への心地よいあたり感を実現しています。

保湿成分のエンメイソウエキスを配合しているので、毛髪と頭皮へうるおいも感じられるでしょう。

価格とランニングコスト

  185g
価格(税抜き) 950円
1日のランニングコスト 約31円

2位の理由

「大正製薬 フレッシュリアップ 薬用育毛トニック 」は爽快感もあり、抜け毛予防の成分も配合している育毛トニックです。

うるおい成分も配合されているので、しっかりと育毛に役立つでしょう。

価格が安いのも高評価のポイントです。

育毛トニックを始めてみようという方にも、お手軽でおすすめです。

3位 「サクセス 薬用育毛トニック」

続いて第3位は「サクセス 薬用育毛トニック」です。

まずは「サクセス 薬用育毛トニック」の特徴についてみていきましょう。

「サクセス 薬用育毛トニック」の特徴

  1. 有効成分t-フラバノン配合
  2. ミクロ炭酸ジェットスプレーで爽快
  3. ニコチン酸アミド配合で血行促進
  4. ピロクトンオラミン配合で殺菌作用
  5. 無香料

「サクセス 薬用育毛トニック」は有効成分のt-フラバノンが配合されており、毛根の奥にある毛球に働きかけます。

毛球が大きく育つことで、抜け毛を防ぐでしょう。

ミクロ炭酸ジェットスプレーで、毛穴の奥底まで力強く到達し爽快感があります。

配合されているニコチン酸アミドが血行を促進し、栄養素が毛根にまでしっかりと行き届くでしょう。

殺菌効果のあるピロクトンオラミンが、フケやかゆみの予防もします。

価格とランニングコスト

  180g
オープン価格(税込) 1,800円(参考価格)
1日のランニングコスト 約60円

3位の理由

「サクセス 薬用育毛トニック」は血行促進成分や殺菌成分などを配合し、育毛トニックとしての役割を十分に果たすでしょう。

しかし、これといった特筆すべき大きな特徴は特に見られず無難といった印象です。

価格も安くもなく高くもなく、平均的でしょう。

そういった理由から3位としました。

4位 「インセント 薬用育毛トニック無香料」

続いて第4位は「インセント 薬用育毛トニック無香料」です。

特徴についてみてみましょう。

「インセント 薬用育毛トニック無香料」の特徴

  1. 薬用有効成分
  2. 頭皮うるおい成分
  3. 毛髪構成アミノ酸
  4. 無香料・無着色・ノンパラベン

「インセント 薬用育毛トニック無香料」に配合されている薬用育毛成分は、ショウキョウとセンブリです。

これらが血行促進と毛根の活性化により抜け毛予防と育毛を促します。

頭皮へのうるおい成分は高麗人参です。

頭皮環境を整え、育毛しやすい状態にします。

毛髪構成アミノ酸も配合しており、髪のハリ・コシを整えるでしょう。

無香料・無着色・ノンパラベンなので安心して使用できます。

価格とランニングコスト

  180g
オープン価格(税込) 691円(参考価格)
1日のランニングコスト 約23円

4位の理由

「インセント 薬用育毛トニック無香料」は育毛トニックとしての成分は配合しているので、その役割は果たすでしょう。

しかし、上位の育毛トニックと比べると少し物足りないといった印象です。

特筆すべき特徴も特に見当たりません。

強いて言えば価格が安い事が強みです。

とりあえず育毛トニックを試してみたいという方には良いでしょう。

まとめ

  1. 育毛トニックとヘアトニックに違いはない
  2. 爽快感、浸透への工夫がポイント
  3. 育毛剤と併せて使用するとより効果的

当サイトでは「アンファー (ANGFA) スカルプD 薬用育毛トニック」を育毛トニックおすすめの1位としました。

しかし、それぞれに工夫をこらした特徴がありますので、何を重視するかを考えるのが育毛トニックを選ぶ際のポイントです。

爽快感や、ノズルの工夫による浸透率へのこだわりなど様々です。

是非ご自身に合った育毛トニック見つけてください。

その際に当サイトのランキングが参考になれば幸いです。