普通のとは違う育毛シャンプーの効果について!ノンシリコンやアミノ酸、弱酸性で迷う人のための選び方!

育毛シャンプーが大人気です。

しかし、未だ効果に懐疑的な方も多いでしょう。

そこでこの記事では育毛剤の効果についてまとめました。

あわせて普通のシャンプーとの違いもお伝えします。

育毛シャンプーの効果は頭皮環境を整えること

育毛シャンプーの主な効果は頭皮環境を整えることです。

頭皮環境が悪化し、地肌への血行が悪くなると、毛穴に汚れが詰まりやすくなります。

毛穴に汚れが詰まることは薄毛の原因の一つです。

だからこそ、シャンプーで頭皮環境を整えることは育毛において重要な役割を果たします。

また頭皮環境は整髪剤や紫外線の外的要因はもちろん、ストレスや生活習慣の内的要因によっても悪化してしまうものです。

少しでも頭皮が気になるようであれば、いつものとは違うこだわりのシャンプーを選びましょう。

育毛シャンプーの副作用について

育毛シャンプーは医薬部外品です。

よって副作用はありません。

どんな方でも気軽に始められるのが育毛シャンプーのいいところです。

しかしどんなものでも人によって合うもの合わないものがあります。

敏感肌の方や心配な方は使用前に医師や薬剤師に相談の上、使用することをおすすめします。

育毛シャンプーと普通のシャンプーの違いについて

育毛シャンプーと普通のシャンプーの大きな違いは成分の違いです。

育毛シャンプーには薄毛の方の悩みに特化した成分が配合されています。

毛穴の汚れをしっかりと落とすだけでなく、保湿成分や血行促進成分、ハリやコシをアップさせる成分など育毛シャンプーによって様々な成分が配合されています。

自分の悩みにあった育毛シャンプーを使用することがとても大切です。

通販と市販の違いについて

育毛シャンプーには通販限定と市販だけの商品があります。

通販と市販はどのように違うのでしょうか。

通販の育毛シャンプー

通販の育毛シャンプーは割高な傾向があります。

しかし、その分成分が豊富です。

成分が豊富であれば、髪の様々な悩みにアプローチしてくれます。

本気で育毛するなら、値段を惜しまず通販の育毛シャンプーを選びましょう。

市販の育毛シャンプー

市販の育毛シャンプーは割安な傾向があります。

しかし、お得だからこそ成分は少ないです。

よって、価格重視の方は市販で販売されている育毛シャンプーを選びましょう。

市販の育毛シャンプーは、予防としての頭皮ケアにおすすめです。

育毛剤と育毛シャンプーの違いについて

「育毛シャンプーを使っていれば育毛剤は必要ない」「育毛剤を使用すれば普通のシャンプーでも大丈夫」

このように考えている方は多いです。

しかし育毛シャンプーと育毛剤の役割は全く異なります。

できるのであれば、併用がおすすめです。

育毛シャンプーは育毛効果がない

育毛シャンプーに育毛効果はありません。

あくまでも頭皮環境を整えることが育毛シャンプーの大きな役割です。

悪循環になっている頭皮環境を整えることで、髪が生えやすくまた抜けにくい頭皮へとしていきます。

また頭皮環境を整えることは次に使用する育毛剤の浸透をよりアップさせることができます。

育毛剤は育毛効果がある

育毛剤には育毛効果がパッケージにしっかりと明記されています。

その成分は血行を促進するものから男性ホルモンを抑制するものまで様々です。

しかし、効果のある成分をしっかりと浸透させるには頭皮環境が整っていなければいけません。

だからこそベストな使い方は育毛シャンプーで頭皮環境を整え、浸透しやすくなっている頭皮に育毛剤でケアしていくことです。

抜け毛や薄毛に本気でお悩みの方は、ぜひシャンプーとセットで育毛剤を使用しましょう。

【市販】女性用育毛シャンプーのおすすめランキング

【決定版】女性用育毛剤のおすすめランキング!様々な切り口から選べる!

弱酸性とアミノ酸

育毛シャンプーには「弱酸性」「アミノ酸系」のようなキーワードが多く使われます。

「弱酸性」「アミノ酸系」は具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

アミノ酸はツルツル・しっとりとした髪になる

人間の体は、表皮より内側の部分は生きた細胞で構成されています。

表皮は2週間ほどで死に、表面に押し上げられて角層になりやがて剥がれていきます。

表皮の細胞が死んで角層になるときには、細胞内のタンパク質が分解してアミノ酸となって角層に供給されます。

そしてこの角層にどのくらい水分があるかが肌の潤い感を大きく左右しています。

なので角層の中にある天然の保湿因子としてアミノ酸はとても重要です。

また肌だけでなく、髪の中にの水分を保つために重要な役割を担っているキューティクルの保湿成分もアミノ酸です。

艶がなく、パサパサした髪はキューティクルがの損傷が大きくアミノ酸の量が減ってしまっています。

そういった髪にアミノ酸が入ったヘアケア用品でケアすることで、ツルツル・しっとりした髪になります。

弱酸性は皮膚のカサカサ・髪のパサパサを防ぐ

通常石けんは洗浄力を重視し、基本的にはアルカリ性寄りで作られています。

しかしアルカリ性は皮膚や髪のタンパク質を壊す化学的性質があります。

人の皮膚や髪を構成するタンパク質は酸性です。

よってアルカリ性寄りのシャンプーを使ってしまうとタンパク質が壊され、皮膚はカサカサ・髪はパサパサになってしまいます。

そこで弱酸性のシャンプーを使うことでより、肌や髪に負担をかけずにケアすることができます。

弱酸性の育毛シャンプーによりタンパク質の破壊がおさえられることで髪や頭皮を潤します。

ノンシリコンのメリット・デメリット

最近はノンシリコンシャンプーも増えてきました。

ノンシリコンシャンプーにもメリットとデメリットがあります。

ノンシリコンは毛穴の汚れをしっかりと落とせる

シリコンは見かけ上髪をサラサラにしてくれますが、その成分が頭皮の毛穴などに蓄積し頭皮環境を悪化させてしまいます。

しかしノンシリコンシャンプーを使用することで、そういったリスクを減らし毛穴の汚れをしっかりと落とすことができます。

それにより、薄毛の原因である毛穴の汚れや詰まりを起こすことなくヘアケアをすることができます。

ノンシリコンは髪がキシキシになる

ノンシリコンシャンプーが出始めの頃は、髪がキシキシになりすぎて使い続けられないという声が多くありました。

髪をサラサラにする成分であるシリコンが入っていないので当然の結果です。

しかし最近はノンシリコンシャンプーも改良され、シリコン以外の頭皮に優しい成分で髪をサラサラにしてくれるためデメリットは解消されつつあります。

育毛シャンプーの選び方について

育毛シャンプーを選ぶにあたって大切なことはまず、自分の頭皮環境や悩んでいるポイントを把握することです。

育毛シャンプーでもメーカーによって、有効成分が異なります。

自分の悩みにより近い育毛シャンプーを使用することで、より効果を感じやすくなります。

また肌が敏感で合うかわからないのにコストの高い育毛シャンプーに手を出すのはと感じている方は、返金保証のある育毛シャンプーもあります。

そういったもので試してみるのもいいですね。

育毛という名前から薄毛になってから使うというイメージが強いシャンプーですが、今は薄毛になってしまう頭皮環境を整えるヘアケアが主流になってきています。

将来の髪を守るために早めのケア開始をおすすめします。

まとめ

  1. 育毛シャンプーは頭皮環境を整える
  2. 副作用はなし
  3. 本気で育毛するなら、通販の育毛シャンプー
  4. 育毛剤と育毛シャンプーのセットがおすすめ

薄毛が気になってきた方はまずシャンプーを変えてみましょう。

シャンプーであれば、手軽に変えることができます。

そして薄毛に本気でお悩みの方は、育毛剤と育毛シャンプーのセット使いがおすすめです。

育毛シャンプーはあくまでも頭皮環境を整えるだけです。