普通のとは違う育毛シャンプーの効果について!ノンシリコンやアミノ酸、弱酸性で迷う人のための選び方!

育毛シャンプーが大人気です。

しかし、未だ効果に懐疑的な方も多いでしょう。

そこでこの記事では育毛剤の効果についてまとめました。

あわせて普通のシャンプーとの違いもお伝えします。

育毛シャンプーの効果について

育毛シャンプーに期待する1番の効果はもちろん育毛です。

育毛で1番大切なことが、頭皮環境を整えることです。

整髪剤や紫外線の外的要因はもちろん、ストレスや生活習慣などの内的要因によっても頭皮環境は悪化していきます。

頭皮環境が悪化すると地肌への血行が悪くなったり、毛穴に汚れが詰まるなど薄毛につながる環境になってしまいます。

ですので育毛シャンプーは頭皮環境を整えるというのが1番重要な役割となります。

それが続くことが育毛へとつながります。

また、それ以外にもシャンプーによって、ハリコシのある髪に導く成分や血行を促進する成分などが配合されています。

なので頭皮環境を整えるプラスαなのが育毛シャンプーであり、そのプラスαはそれぞれの育毛シャンプーの特徴になってきます。

育毛シャンプーの副作用について

育毛シャンプーは医薬部外品です。

なので副作用はありません。

そういったことから、どんな方でも気軽に始められるのが育毛シャンプーのいいところです。

しかしどんなものでも人によって合うもの合わないものがあります。

ですので、敏感肌な方や心配な方は使用前に医師や薬剤師に相談の上使用することをおすすめします。

育毛シャンプーと普通のシャンプーの違いについて

育毛シャンプーと普通のシャンプーの大きな違いは成分の違いです。

育毛シャンプーには薄毛の方の悩みに特化した成分が配合されています。

毛穴の汚れをしっかりと落としてくれるのはもちろんですが、保湿成分や血行促進成分、ハリやコシをアップさせる成分など育毛シャンプーによって様々な成分が配合されています。

ですので、一言で育毛シャンプーといってもシャンプーごとに特徴があります。

自分の悩みにあった育毛シャンプーを使用することがとても大切です。

通販と市販の違いについて

育毛シャンプーも通販のみの販売のものや、店頭で販売しているものがあります。

どちらにもメリットデメリットがありますので紹介します。

通販の育毛シャンプー

通販の育毛シャンプーのメリットはなんといっても、足を運ばなくてもクリック1つで商品が届くことです。

また通販の育毛シャンプーは定期便があるものも多く、買い忘れることがないのもいいですね。

しかし、デメリットとして単品で頼むと送料がかかってしまうことがあります。

市販の育毛シャンプー

市販の育毛シャンプーのメリットは買う前に実際に手にとって商品を見れることです。

それにより、周りに置いてある同じ育毛シャンプーと成分や特徴などを比べて検討することができます。

また、使いたいと思ったその日から使用することもできますね。

しかし通販の定期便とは異なり、定期的に自分で足を運んで買いに行く必要があります。

また欲しい育毛シャンプーが近隣に取り扱いがない場合、手間がふえることがデメリットです。

育毛剤と育毛シャンプーの違いについて

育毛シャンプーを使っていれば育毛剤は必要ない、育毛剤を使用すれば普通のシャンプーでも大丈夫と考えている方は多いです。

メーカーによっても細かい効果というのは異なってくるのですが、大まかな役割についての特徴を以下にまとめてみました。

育毛シャンプーの特徴

育毛シャンプーは髪が育つ環境を整えるために使うものです。

もちろんシャンプーの中にも育毛につながる成分などが入っていますが、頭皮環境を整えることが育毛シャンプーの大きな役割です。

悪循環になっている頭皮環境を整えることで、髪が生えやすくまた抜けにくい頭皮へとしていきます。

また頭皮環境を整えることは次に使用する育毛剤の浸透をよりアップさせることができます。

育毛剤の特徴

育毛剤の特徴はもちろん育毛につながる有効成分が入っているのはもちろんですが、多くのものに血行を促進する成分が入っています。

シャンプー後の頭皮をマッサージしながら血行を促進して有効成分を浸透させるのが育毛剤です。

ですので、ベストな使い方は育毛シャンプーで頭皮環境を整え、浸透しやすくなっている頭皮に育毛剤でケアしていくことです。

ライン使いはランニングコストが高くなってしまうので、まだそこまで深刻ではないなと思っているような方にはまずは育毛シャンプーで頭皮環境を整えていくことをおすすめします。 

弱酸性とアミノ酸

育毛シャンプーには「弱酸性」「アミノ酸系」のようなキーワードが多く使われます。

よく聞くけど何がいいのかわからないという方のためにここで簡単にアミノ酸と弱酸性について説明させてもらいます。

アミノ酸

人間の体は、表皮より内側の部分は生きた細胞で構成されています。

表皮は2週間ほどで死に、表面に押し上げられて角層になりやがて剥がれていきます。

表皮の細胞が死んで角層になるときには、細胞内のタンパク質が分解してアミノ酸となって角層に供給されます。

そしてこの角層にどのくらい水分があるかが肌の潤い感を大きく左右しています。

なので角層の中にある天然の保湿因子としてアミノ酸はとても重要です。

また肌だけでなく、髪の中にの水分を保つために重要な役割を担っているキューティクルの保湿成分もアミノ酸です。

艶がなく、パサパサした髪はキューティクルがの損傷が大きくアミノ酸の量が減ってしまっています。

そういった髪にアミノ酸が入ったヘアケア用品でケアすることで、ツルツル・しっとりした髪になります。

弱酸性

通常石けんは洗浄力を重視し、基本的にはアルカリ性寄りで作られています。

しかしアルカリ性は皮膚や髪のタンパク質を壊す化学的性質があります。

人の皮膚や髪を構成するタンパク質は酸性です。

ですので、アルカリ性寄りのシャンプーを使ってしまうとタンパク質が壊され、皮膚はカサカサ・髪はパサパサになってしまいます。

そこで弱酸性のシャンプーを使うことでより、肌や髪に負担をかけずにケアすることができます。

弱酸性の育毛シャンプーによりタンパク質の破壊がおさえられることで髪や頭皮をます。

そして、アミノ酸が入ったヘアケア用品でケアすることで、ツルツル・しっとりした髪になります。

ノンシリコンのメリット・デメリット

最近はノンシリコンシャンプーという文字をよく目にします。

ではノンシリコンシャンプーは何がいいのかまた、シリコンはなぜ良くないのかをご紹介させていただきます。

ノンシリコンのメリット

シリコンは見かけ上髪をサラサラにしてくれますが、その成分が頭皮の毛穴などに蓄積し頭皮環境を悪化させてしまいます。

しかしノンシリコンシャンプーを使用することで、そういったリスクを減らし毛穴の汚れをしっかりと落とすことができます。

それにより、薄毛の原因である毛穴の汚れや詰まりを起こすことなくヘアケアをすることができます。

ノンシリコンのデメリット

ノンシリコンシャンプーが出始めの頃は、髪がキシキシになりすぎて使い続けられないという声が多くありました。

髪をサラサラにする成分であるシリコンが入っていないので当然の結果ではあります。

しかし最近はノンシリコンシャンプーも改良され、シリコン以外の頭皮に優しい成分で髪をサラサラにしてくれるためそういったデメリットは解消されつつあります。

育毛シャンプーの選び方について

育毛シャンプーを選ぶにあたって大切なことはまず、自分の頭皮環境や悩んでいるポイントを把握することです。

育毛シャンプーでもメーカーによって、有効成分が異なります。

自分の悩みにより近い育毛シャンプーを使用することで、より効果を感じやすくなります。

また肌が敏感で合うかわからないのにコストの高い育毛シャンプーに手を出すのはと感じている方は、返金保証のある育毛シャンプーもあります。

そういったもので試してみるのもいいですね。

育毛という名前から薄毛になってから使うというイメージが強いシャンプーですが、今は薄毛になってしまう頭皮環境を整えるヘアケアが主流になってきています。

将来の髪を守るために早めのケア開始をおすすめします。