育毛剤の有効成分「ヒノキチオール」の効果と副作用について!フケ・かゆみの悩みに効く殺菌成分!

ヒノキチオール

育毛剤の有効成分に「ヒノキチオール」があります。

「ヒノキチオール」には殺菌作用があるため、頭皮環境を整えるのに役立つ成分です。

気になるのは副作用の有無でしょう。

この記事は、育毛剤の有効成分である「ヒノキチオール」の効果と副作用についてご紹介します。

「ヒノキチオール」には殺菌効果あり

ヒノキチオール

「ヒノキチオール 」の主な効果は殺菌作用です。

「ヒノキチオール」は様々な菌に対して抗菌作用があります。

フケやかゆみは、菌の増殖が原因です。

「ヒノキチオール 」で菌の増殖を防げば、フケやかゆみに効果があるでしょう

「ヒノキチオール」の副作用について

「ヒノキチオール」は副作用や毒性が少ない成分です。

しかし、育毛剤に配合されている「ヒノキチオール」によってアレルギー性接触皮膚炎が2例報告されています。

副作用や毒性が少ない成分なのにアレルギー反応が出てしまった理由としては、その2例ともアレルギー性皮膚炎患者だったことが考えられ「ヒノキチオール 」で副作用が出たのは極めて稀な例でしょう。

しかし育毛剤は頭皮にたっぷりつけて、よく擦り込むものです。

ですので皮膚が弱い方や気になる方は、使用前に念の為パッチテストを行ってください。

「ヒノキチオール 」は植物に配合されている成分

「ヒノキチオール」とは、そもそも何なのでしょうか。

ポイントは3つです。

  • シダーやヒバに含まれている成分
  • ヒノキチオールの様々な効果
  • 育毛剤以外でも活用されている

シダーやヒバに含まれている成分

「ヒノキチオール」は、シダーやヒバなどの植物に配合されている成分です。

1936年にタイワンヒノキから、当時の台湾帝国大学教授の野副鉄男によって発見されました。

日本のヒノキには、わずかにしか含まれていません。

日本でヒノキチオールが含まれている木は「青森ヒバ」、「エゾヒバ」「ネズコ」の3種類のみです。

「ヒノキチオール」の様々な効果

発見当時から「ヒノキチオール」には、殺菌力や抗菌力があることがわかっています。

またその後に、皮膚の傷を収斂する作用細菌の増強作用があることもわかったのです。

かつては肺結核の治療にも使われていました。

育毛剤以外でも活用されている

「ヒノキチオール」には、幅広い微生物に対して殺菌力があることとわずかな濃度でも微生物の発生を阻止してくれる力があるので様々なシーンで活用がされています。

  • 医薬部外品(化粧品や歯磨き粉)
  • 食品添加物
  • アトピー性皮膚炎の保湿クリーム

このように様々な使用方法があるのです。

育毛剤以外でも使用されていることは安心感にもつながるでしょう。

「ヒノキチオール」配合のおすすめ育毛剤

「ヒノキチオール」配合の育毛剤なら「長春毛精」がいいでしょう。

「長春毛精」は、育毛サロンと漢方の専門大学が共同開発した育毛剤です。

頭皮や毛根への浸透率を独自の超微粒子化製法によって高めてくれるため、頭皮の状態に左右されません。

「ヒノキチオール」の効果を試したいという方にもおすすめです。

まとめ

  1. 「ヒノキチオール 」には殺菌作用があり菌の増殖を防いでくれるので、フケやかゆみに効果がある
  2. 毛根に活力を与えてくれる
  3. 副作用や毒性が少なく、感作性が弱いとされている成分
  4. 「ヒノキチオール 」が配合されている育毛剤によって、アレルギー性接触皮膚炎が2例報告されている
  5. 皮膚が弱い方や気になる方は、使用前に念の為パッチテストを行うのが良い
  6. シダーやヒバなどの植物に配合されている成分
  7. 幅広い微生物に対して殺菌力があることと、わずかな濃度でも微生物の発生を阻止してくれる力があるため様々なシーンで活用されている

「ヒノキチオール」は殺菌作用が優れており、フケ・かゆみの対策にも期待できます。

副作用や毒性は極めて低いとされているので、安心して使用可能です。

ただし「ヒノキチオール」が配合されている育毛剤での副作用が2例報告されています。

皮膚が弱い方やアレルギー性皮膚炎のある方はパッチテストを行ってから利用すると良いでしょう。

また育毛剤で重要な成分は「ヒノキチオール」だけではありません。

トータルの有効成分で判断することをおすすめします。