おすすめの男性用発毛剤(ミノキシジル配合)まとめ!市販も種類が増えている!

育毛剤の有効成分として最も信頼されている成分は、「ミノキシジル」です。

病院でも処方されており、発毛・育毛効果があることがわかっています。

これまで「ミノキシジル」には特許があったため、「ミノキシジル」を使用した製品は少なかったです。

しかし特許が切れたため、昨今ではたくさんのメーカーから「ミノキシジル」配合の育毛剤がリリースされました。

ただし「ミノキシジル」には、副作用があるので注意が必要です。

様々なメーカーから選ぶことができるようになったからこそ、「ミノキシジル」配合の育毛剤は慎重に選びましょう。

この記事では、「ミノキシジル配合の男性用育毛剤」をご紹介します。

ミノキシジル配合の男性用育毛剤まとめ

ミノキシジルが配合されている男性用育毛剤は以下の通りです。

  • 大正製薬「リアップシリーズ」
  • アンファー/東亜薬品「スカルプD メディカルミノキ5」
  • 岩城製薬/大興製薬「ミノグロウ」
  • サンドラッグ/ノーエチ薬品「ミノゲイン」
  • 小林薬品工業/大興製薬「ミノファイブ」
  • 東和薬品/リョートーファイン「ミノアップ」
  • ジェネリック薬品/リョートーファイン「MR.NARUKEミノキシジル5」
  • ロート製薬「リグロEX5」
  • 日本ジェネリック/シオノケミカル「ミノキシジルローション5%JG」
  • 廣昌堂「オルケア5」
  • 大興製薬「ケカール」

それぞれの特徴を見ていきましょう。

大正製薬「リアップシリーズ」

「リアップ」の商品写真

「ミノキシジル」が配合されている育毛剤として、最も有名なのは大正製薬の「リアップシリーズ」です。

まずは、大正製薬「リアップシリーズ」の特徴についてみていきましょう。

大正製薬「リアップシリーズ」の特徴

  1. 発毛効果が認められた日本で最初の第一類医薬品
  2. ミノキシジルの濃度を選べる
  3. 使用感や症状によって選べる

大正製薬「リアップシリーズ」は、発毛効果が認められた日本で最初の第一類医薬品の育毛剤です。

その歴史は長く、この商品名を耳にしたことがある方も多いでしょう。

育毛剤はネット販売のみの製品が多いのですが、「リアップシリーズ」は薬局で購入することができます。

薬局で購入することのできる医薬品として、90ヵ国で活用されている実績があるので安心です。

「リアップシリーズ」には、以下のようなのラインナップがあります。

  1. リアップ
  2. リアッププラス
  3. リアップX5プラス
  4. リアップジェット

これら全て「ミノキシジル」が配合されている育毛剤ですが、「ミノキシジル」の濃度や使用感です。

また症状によっても選ぶことができます。

一口に壮年性脱毛症と言っても、症状や好みの使用感は違うでしょう。

信頼と実績のあるメーカーで、自分好みを選びたいという方に大正製薬「リアップシリーズ」はおすすめです。

価格とランニングコスト

大正製薬「リアップシリーズ」からは、4種類の「ミノキシジル」配合育毛剤が出ています。

それぞれの価格とランニングコストは以下の通りです。

リアップ

「リアップ」は、「ミノキシジル」を1%配合した男性用の発毛剤です。

  リアップ
内容量 60ml/120ml
価格(税込) 5,940円/10,260円
1日のランニングコスト 198円(30日分)/171円(60日分)
返金保証 なし
有効成分 ミノキシジル
リアッププラス

「リアッププラス」は、「ミノキシジル」を含む4種の有効成分を配合した男性用発毛剤です。

  リアッププラス
内容量 60ml
価格(税込) 5,658円
1日のランニングコスト 約189円
返金保証 なし
有効成分 ミノキシジル
パントテニールエチルエーテル
トコフェロール酢酸エステル
l-メントール
リアップX5プラス

「リアップX5プラス」は、頭皮環境が皮脂によって乱れている方におすすめです。

  リアップX5プラス
内容量 60ml
価格(税込) 7,611円
1日のランニングコスト 約254円
返金保証 なし
有効成分 ミノキシジル
ピリドキシン塩酸塩
トコフェロール酢酸エステル
l-メントール
リアップジェット

「リアップジェット」は、噴射剤が含まれたジェット式になっており通常の液体タイプとは異なる使用感の育毛剤です。

  リアップジェット
内容量 100ml
価格(税込) 4,104円
1日のランニングコスト 約137円
返金保証 なし
有効成分 ミノキシジル
パントテニールエチルエーテル
トコフェロール酢酸エステル
l-メントール

デメリット

大正製薬「リアップシリーズ」は第1類医薬品に分類されているので、使用する際には副作用リスクへの理解が必要です。

薬局でも購入することができますが、ネットで購入する場合は富士薬品の薬剤師からの情報提供メールに返信する必要があります。

ネットで購入したい方にとっては、やや面倒でしょう。

第1類医薬品を購入する場合は、どの製品でも薬剤師からの説明が必須です。

「ミノキシジル」は副作用のある成分ですので、しっかりと薬剤師の説明を受けた上で使用するのが安心でしょう。

アンファー/東亜薬品「スカルプD メディカルミノキ5」

スカルプD「メディカルミノキ5」

続いて第2位は、スカルプD「メディカルミノキ5」です。

特徴についてみてみましょう。

スカルプD「メディカルミノキ5」の特徴

  1. ネットと病院で購入できる
  2. 配合成分はミノキシジル5%のみ
  3. ドクターサポート付き

「スカルプD メディカルミノキ5」は、スカルプシャンプーで有名なスカルプDブランドから発売された育毛剤です。

第一類医薬品なので病院で処方もされますが、ネットでも購入することができます。

「スカルプD メディカルミノキ5」の成分は、ミノキシジル5%のみです。

その他の成分は配合されていないので、ミノキシジルのみを試してみたい方に良いでしょう。

またスカルプD「メディカルミノキ5」の4本セットを購入すると、AGAクリニックでの診断と治療のアドバイスが受けられます。

サポートを実施しているクリニックは以下の通りです。

  1. メンズヘルスクリニック東京
  2. AACクリニック名古屋
  3. 脇坂クリニック大阪
  4. 城西クリニック福岡

近くにクリニックがある方には、4本セットをおすすめします。

クリニックでのサポートを受けたい場合には、購入から4ヶ月後に送られてくるアンケートに答えましょう。

価格とランニングコスト

  通常(30日分)
内容量 60ml
価格(税込) 7,800円
1日のランニングコスト 約 260円
送料 無料
  3本セット 4本セット
価格(税込) 21,060円 27,000円
1本あたりの価格 7,020円 6,750円
ドクターズサポート
送料 無料

デメリット

ミノキシジルの濃度が5%と高いので、副作用には注意する必要があります。

不安な方や使ってみて何かしらの副作用が出た場合には、医師や薬剤師に相談しましょう。

「メディカルミノキ5」が効果を発揮するのは、壮年性脱毛症に対してのみです。

原因が不明な脱毛症には、使用することができません。

ご自身の脱毛症が、壮年性脱毛症かわからない場合には使用しないようにしましょう。

まずは、病院を受診することをおすすめします。

岩城製薬/大興製薬「ミノグロウ」

続いて、岩城製薬/大興製薬「ミノグロウ」をご紹介します。て

特徴は以下の通りです。

岩城製薬/大興製薬「ミノグロウ」の特徴

  1. ミノキシジル5%配合
  2. 1回量の1mlを計量できる
  3. 他の製品より安価

岩城製薬/大興製薬「ミノグロウ」は、ミノキシジル濃度5%の発毛剤です。

ミノキシジルが配合されている発毛剤としては、比較的安価でしょう。

成分の内容は、先に紹介しましたリアップX5とほぼ同じです。

容器は、1回量の1mlを計量できる構造になっているので使いすぎを防げるでしょう。

1日2回、脱毛している頭皮に塗布します。

岩城製薬/大興製薬「ミノグロウ」は、コスパを重視する方におすすめです。

価格とランニングコスト

  通常(30日分)
内容量 60ml
価格(税込) 5,378円
1日のランニングコスト 約 166円

デメリット

髪質によってや1ヶ所に集中塗布するなどした場合には、ごわつき感が出たりクシ通りが悪くなったりすることがあります

また、部分的に白くなることもあるでしょう。

毎日洗髪して、頭皮が清潔な状態で用法・容量を守って使ってください。

ネット購入の場合は、注文後に薬剤師から電話又はメールにて使用について連絡がきます。

サンドラッグ/ノーエチ薬品「ミノゲイン」

「ミノゲイン」は、サンドラックグループのオリジナルブランドです。

特徴についてみてみましょう。

サンドラッグ/ノーエチ薬品「ミノゲイン」の特徴

  1. 全国のサンドラッグ、公式オンラインショップで買える
  2. 吐出口が狭くピンポイントで塗布できる
  3. 液だれせず使用しやすい

サンドラッグ/ノーエチ薬品「ミノゲイン」は、全国の薬剤師がいるサンドラッグで購入することができる発毛剤です。

ミノキシジルの濃度は5%で、成分はリアップX5とほぼ同じでしょう。

近所にサンドラッグがない場合には、公式オンラインショップで買えます。

頭皮に直接塗布する製品で、吐出口が狭くピンポイントに塗布できるのが魅力です。

また、液ダレしにくいため使用後に容器がべたつかないので使いやすいでしょう。

価格は「ミノキシジル」配合の発毛剤としては、比較的安い方です。

価格とランニングコスト

  通常(30日分)
内容量 100ml
価格(税込) 5,378円
1日のランニングコスト 約179円
送料(税込) 411円

デメリット

頭皮に直接塗布する製品なので、使用感は好みが分かれるでしょう。

サンドラッグのオンラインショップで買う場合は、薬剤師からの質問に対してメールにて回答する必要があります。

副作用の危険は、他の製品と同じくあるでしょう。

小林薬品工業/大興製薬「ミノファイブ」

「ミノファイブ」は、イオン系列のハピコム限定製品です。

特徴を見ていきます。

小林薬品工業/大興製薬「ミノファイブ」の特徴

  1. イオン系列のハピコム限定製品
  2. 情報が少ない
  3. ミノキシジル5%配合

小林薬品工業/大興製薬「ミノファイブ」は、イオン系列のハピコム限定商品です。

しかし、プロモーションは大々的に行われていません。

商品の情報は、少ないです。

ミノキシジル5%の育毛剤で、ツルハグループの以下の薬局で購入することができます。

  1. ツルハドラッグ
  2. くりの福太郎
  3. ドラッグストアウェルネス
  4. ウォンウォンツ
  5. レデイ薬局
  6. 杏林堂

インターネットでは、「おうちでイオン イオンネットショップ」のイオン薬局鹿児島店とイオンドラッグ鹿児島店で購入することができます。

「ミノキシジル」配合の発毛剤としては、価格は比較的安い方です。

価格とランニングコスト

  通常(30日分)
内容量 100ml
価格(税込) 5,378円
1日のランニングコスト 約 179円
送料(税込) 540円

デメリット

小林薬品工業/大興製薬「ミノファイブ」は、情報が少ないのがデメリットでしょう。

また、ネットで取り扱っているショップも少ないです。

大手であるイオン系列の製品なので、怪しい製品ではないでしょう。

東和薬品/リョートーファイン「ミノアップ」

東和薬品の「ミノアップ」は、全国の薬局薬店で購入することができます。

特徴を見ていきましょう。

東和薬品/リョートーファイン「ミノアップ」の特徴

  1. トーワ薬品のジェネリック医薬品
  2. ミノキシジル5%配合
  3. セルフチェックシートがネットに用意されている

東和薬品/リョートーファイン「ミノアップ」は、リアップX5のジェネリック医薬品です。

ミノキシジルの濃度は5%で、基本的な効果・効能はリアップX5と同じでしょう。

臨床検査もリアップで済んでいるため、データもそのまま使われています。

頭皮に調節ボトルを垂直に当てて、トントンと塗るタイプです。

1回の使用量が計量されるため、ご自身で計る必要はありません。

「ミノアップ」の公式ページには、壮年性脱毛症かどうか調べられるセルフチェックシートが用意されています。

「ミノアップ」を購入前にセルフチェックをし、セルフチェックシートを第1類医薬品販売可能店舗の薬剤師まで持っていくと購入がスムーズでしょう。

また、ネットショップでも取り扱いがあります。

価格とランニングコスト

  通常(30日分)
内容量 60ml
価格(税込) 7,611円
1日のランニングコスト 約253円
送料(税込) ショップにより異なる

デメリット

「ミノアップ」は、リアップX5のジェネリック医薬品ですが価格は安くありません

リアップX5プラスと同じ価格で、効果・効能も同じです。

ネットショップによっては、希望小売価格より安く販売されている場合があります。

選ぶポイントとしては、容器の使いやすさと購入しやすさくらいでしょう。

ジェネリック薬品/リョートーファイン「MR.NARUKEミノキシジル5」

続いては、ジェネリック薬品/リョートーファイン「MR.NARUKEミノキシジル5」です。

特徴を見ていきます。

ジェネリック薬品/リョートーファイン「MR.NARUKEミノキシジル5」の特徴

  1. セット価格がお得
  2. 酸化防止剤フリー
  3. 楽天市場でも購入できる

「MR.NARUKEミノキシジル5」は、ミノキシジル5 %配合のジェネリック医薬品です。

効果・効能は、他の製品と同じでしょう。

リョートーファインが製造し、ジェネリック薬品が販売しています。

酸化防止剤はフリーで作られており、品質には徹底的にこだわられているでしょう。

先端部分が細くなっており、頭頂部や生え際などの気になる部分にも塗布しやすくしっかり地肌に届きます。

楽天市場で購入することができるので、楽天ポイントを貯めている方にとってはお得です。

複数セットならば、ポイントも高く貯まり安いでしょう。

価格とランニングコスト

  通常(30日分)
内容量 60ml
価格(税込) 5,980円
1日のランニングコスト 約 199円
送料(税込) 無料
  3本セット 4本セット
価格(税込) 17,940円 23,920円
1本あたりの価格 5,980円 5,980円
ポイント 20倍 15倍
送料 無料

デメリット

「MR.NARUKEミノキシジル5」は、薬局や薬店では販売が無いようです。

価格は平均的で、特に安くも高くも無いでしょう。

複数セットで購入しても、割引はされません。

ただポイントはセット購入の方が多くつきます。

ロート製薬「リグロEX5」

続いては、ロート製薬「リグロEX5」です。

特徴を見ていきましょう。

  1. アンバサダーに本田圭佑を起用
  2. パッケージにこだわられている
  3. 柔らかヘッド

ロート製薬「リグロEX5」は、「リグロEX5」の「新しい可能性への挑戦」というメッセージの代弁者、アンバサダーとして本田圭佑を起用しています。

パッケージにこだわられており、外箱にはレンズ紙という特殊な紙が使用されており売り場でも目立つデザインでしょう。

車のガルウィングをイメージされた内箱から商品が登場する仕様で、手にとって使いたくなるワクワク感が演出されています。

グリップの効きやすい八角型キャップで開けやすく、スリムなボトルなので外泊先へも持ち運びしやすいでしょう。

また柔らかヘッドが魅力で、ヘッド全体を使い薬液を広範囲に塗り込むことができるため脱毛部分が広い方にもおすすめです。

パッケージの格好良さを求める方におすすめできます。

配合成分は、ミノキシジル5%で他の製品と効果・効能は同じでしょう。

Amazonをはじめ、様々なWebショップで購入することができます。

価格とランニングコスト

  通常(30日分)
内容量 60ml
価格(税込) 7,560円
1日のランニングコスト 約252円
送料(税込) ショップにより異なる

デメリット

パッケージにこだわれらている分、価格は高めです。

ヘッド全体を使って薬液を塗りこめるのが魅力ですが、使用感の好みは分かれるでしょう。

日本ジェネリック/シオノケミカル「ミノキシジルローション5%JG」

続いて、日本ジェネリック/シオノケミカル「ノキシジルローション5%JG」です。

特徴を見ていきます。

日本ジェネリック/シオノケミカル「ミノキシジルローション5%JG」の特徴

  1. 日本調剤の薬局で販売
  2. 1回使用量1mlを計量できる容器
  3. 楽天市場でも購入できる

「ミノキシジルローション5%JG」は、全国の日本調剤の薬局で販売しています。

日本調剤は、全都道府県に展開されており調剤薬局企業としても評価されている薬局です。

医薬品処方の現場で患者の生の声や医療従事者のニーズを把握し、直接研究や開発に生かしています。

「ミノキシジルローション5%JG」は、容器を垂直に押し当てトントンと塗布しるタイプの発毛剤でミノキシジルの濃度は5%です。

1日2回、1mlずつを脱毛している部分に塗布します。

価格とランニングコスト

  通常(30日分)
内容量 100ml
価格(税込) 7,560円
1日のランニングコスト 約252円
送料(税込) ネット販売はしていない

デメリット

「ミノキシジルローション5%JG」は、ネット販売はされていません

購入したい場合は、日本調剤の薬局に行く必要があります。

購入しにくいのはデメリットでしょう。

内容量は多いけれど、価格は高い方です。

廣昌堂「オルケア5」

続いて、廣昌堂「オルケア5」を見ていきましょう。

廣昌堂「オルケア5」の特徴

  1. キリン堂の通販ショップで販売
  2. 1回使用量1mlを計量できる容器
  3. 楽天市場でも購入できる

廣昌堂「オルケア5」は、キリン堂の通販ショップで購入することができます。

キリン堂は楽天ショップもあるので、楽天ポイントを貯めたい方にはお得でしょう。

ミノキシジルの濃度は5%で、効果・効能は他の発毛剤と同じです。

1回使用量1mlを計量できる容器で、一般的な発毛剤と使い方も同じく容器に特徴はありません。

価格は、比較的安いでしょう。

価格とランニングコスト

  通常(30日分)
内容量 60ml
価格(税込) 5,378円
1日のランニングコスト 約179円
送料(税込) 無料

デメリット

廣昌堂「オルケア5」は、楽天ショップで3本セットでも販売しています。

しかし、特にセットで買ったからといって割引になったりポイントがUPする訳でもありません

1本ずつ購入するのが面倒な方には、セット購入は便利でしょう。

日邦製薬「ケカール」

最後に、大興製薬「ケカール」をご紹介します。

特徴を見ていきましょう。

日邦製薬「ケカール」の特徴

  1. 日邦薬品工業株式会社が販売
  2. 情報が少ない
  3. yahoo!ショッピングでも購入できる

日邦製薬「ケカール」は、日邦薬品工業株式会社が販売しているミノキシジル5%の発毛剤です。

しかし、情報は少なく大々的にプロモーションは行われていません。

yahoo!ショッピングで購入できるため、Tポイントを獲得できます

これといった特徴はなく、1回分の使用量1mlを計量できる容器の製品です。

価格とランニングコスト

  通常(30日分)
内容量 60ml
価格(税込) 5,724円
1日のランニングコスト 約 190円
送料(税込) 無料(北海道 680円)

デメリット

他の製品に比べて、情報が少ないです。

使用感で選ぶと良いでしょう。。

効果・効能は、他のミノキシジル5%の製品と変わりません。

まとめ
  1. 日本で最初に発売されたミノキシジル5%配合の第一類医薬品の発毛剤は、大正製薬「リアップシリーズ」
  2. ミノキシジル5%配合の発毛剤は、どれも効果・効能は同じ
  3. ミノキシジルには副作用があるので、どの製品も薬剤師の許可が必要
  4. ミノキシジルが配合されている育毛剤は使用感や濃度、価格、買いやすさで選ぶ
  5. ミノキシジル1%を選びたい場合は「リアップ」

同じミノキシジル5%配合の商品でも、価格は異なります。

ちなみにここに紹介した製品は、女性は使用することができません。

夫婦で併用するのは、絶対にやめましょう。

現在販売されているミノキシジル配合の発毛剤は、これで全部です。

特許が切れたため、今後もミノキシジル配合の様々な製品が発売されるでしょう。

副作用があるので、アレルギーや不安がある方は使用前に医師や薬剤師に相談してください。

最も信頼できる育毛成分は「ミノキシジル」です。

病院でも処方されます。

しかし、病院で処方されるからこそ副作用も強いです。

そこでこの記事は、「ミノキシジル」の効果と副作用について解説します。

「ミノキシジル」に興味のある方はぜひお読みになってください。

「ミノキシジル」の効果

育毛成分「ミノキシジル」の効果と副作用について!

「ミノキシジル」の効果は以下の通りです。

  1. 壮年性脱毛症における発毛
  2. 育毛
  3. 脱毛(抜け毛)の進行予防

厚生労働省の定義によると、「壮年期」とは「30歳〜44歳」を指します。

「ミノキシジル」はこの時期に発症した脱毛症に有効です。

また20代の方が使っていけないというわけではありません。

ただし、20歳未満の未成年者は使用できませんので注意しましょう。

国内での使用経験がないからです。

「ミノキシジル」の副作用(有害事象)

「ミノキシジル」で考慮すべき副作用(有害事象)は以下の通りです。

  1. 掻痒感(むずむず)
  2. 発疹
  3. 接触性皮膚炎
  4. 紅斑(赤み)
  5. ヒコウシン(皮膚の脱落)
  6. 腫脹(はれあがり)
  7. 浮動性めまい(ふわふわ浮くような)
  8. 頭痛
  9. 動機
  10. 刺激感
  11. 痂皮(かさぶた)
  12. 疼痛(ズキズキ痛む)
  13. 乾燥
  14. 分泌物

これらは報告のあった主な副作用(有害事象)です。

報告自体は他にもあり、発現例は他にもあります。

いずれにしても、「ミノキシジル」は副作用があるということがわかるでしょう。

「ミノキシジル」のメリット

 「ミノキシジル」配合の育毛剤のメリットは以下の通りです。

  • ドラッグストアでも市販されている
  • 育毛に関して、最も根拠の強い成分

それぞれ見ていきましょう。

ドラッグストアでも市販されている

「ミノキシジル」は「第一類医薬品」に分類されます。

この「第一類医薬品」は薬剤師が販売可能です。

よって薬剤師がいるドラッグストアでも購入できます。

またAmazonのようなネットショッピングでも販売されています。

いつもと違うのは、使用状態をチェックすることです。

薬剤師から電話がかかってくることもあります。

いずれにしても、市販されていることは「ミノキシジル」の大きなメリットです。

育毛に関して、最も根拠の強い成分

医薬品なので、医師も処方します。

壮年性脱毛症の外用薬として、処方される場合はほとんど「ミノキシジル」が選ばれるでしょう。

皮膚科のガイドラインでも外用薬のなかで「ミノキシジル」が最も推奨されています。

それほど科学的根拠のある成分ということです。

「ミノキシジル」のデメリット

「ミノキシジル」配合の育毛剤のデメリットは以下の通りです。

  • 副作用(有害事象)のリスクが高い
  • 壮年性脱毛症以外の脱毛症には利用できない
  • 刺激が強い

それぞれ見ていきましょう。

副作用(有害事象)のリスクが高い

副作用(有害事象)のリスクが高いです。

「第一類医薬品」というのは、特にリスクが高いとされています。

リスクが大きいからこそ、医師に直接処方されたほうが安心感は高いでしょう。

壮年性脱毛症以外の脱毛症には利用できない

例えば円形脱毛症、甲状腺疾患による脱毛等の方には効果がありません。

そのような方が使用した場合、副作用のリスクだけが残ります。

また原因のわからない脱毛症の方も使用不可です。

壮年性脱毛症以外の脱毛症には利用できないことは大きなデメリットでしょう。

刺激が強い

副作用があるからこそ、とにかく刺激がつよいです。

副作用(有害事象)のひとつとして、「刺激感」も報告されています。

よって頭皮の弱い方だと刺激に耐えられない可能性も否定できません。

たしかに「ミノキシジル」の効果は魅力的ですが、肌の弱い方は刺激の弱い育毛剤を選びましょう。

「ミノキシジル」とは血管拡張薬として開発された成分

そもそも「ミノキシジル」とはどのような成分なのでしょうか。

「ミノキシジル」は1960年代に現在の製薬会社ファイザーが生み出した成分です。

当時は高血圧の経口薬として使用されていました。

しかしその後1980年代に髪を回復させる効果が発見され、時を経て現在は外用の発毛剤として販売されています。

まとめ

  1. 「ミノキシジル」は壮年性脱毛症に効果あり
  2. 「ミノキシジル」は医師から処方される
  3. 「ミノキシジル」配合の発毛剤は市販されている
  4. 「ミノキシジル」は副作用の恐れがあり

「ミノキシジル」の効果はとても信頼度が高いです。

しかし大きな効果を期待できるからこそ、副作用も懸念する必要があります。

頭皮の弱い方や心配な方はぜひお近くの医師、薬剤師に相談するといいでしょう。

Amazonで購入する場合でも相談することができます。

また、20代やちょっと薄毛が気になってきた段階の方は副作用の少ない育毛剤という選択肢もあります。

はやめの薄毛予防をしたい方はこの機会にぜひ育毛剤もチェックしておきましょう。

育毛剤の成分と効果まとめ