「フィナステリド(商品名:プロペシア)」の効果は信頼性抜群!ただし副作用のリスクが高い!

AGA(男性型脱毛症)に効果的な成分に「フィナステリド(商品名:プロペシア)」があります。

「フィナステリド」は男性ホルモンの一種であるDHTを抑制し、AGA(男性型脱毛症)の原因を抑えるのです。

病院でも処方される成分ですので、確かな効果に期待が持てます。

しかし注意すべき点は副作用もあることです。

この記事では「フィナステリド」の効果と副作用について解説していきます。

AGA(男性型脱毛症)にお悩みの方は特に「フィナステリド」の知識を深めると良いでしょう。

「フィナステリド」の効果

「フィナステリド」の効果は以下の通りです。

  1. DHTの生成を防ぐ事での脱毛防止
  2. 直接的な増毛作用があるわけではない

「フィナステリド」の効果はDHTの生成を防ぐことです。

DHTは男性ホルモンの一種で、AGA(男性型脱毛症)の主な原因となります。

「テストステロン」という男性ホルモンと、「5αリアクターゼ」という酵素が結び付くことでDHTが生成されるのです。

「フィナステリド」にはこの「5αリアクターゼ」に対する妨害剤の働きがあります。

その結果、「テストステロン」と「5αリアクターゼ」が結び付くことが出来ず、DHTの生成が抑えられ脱毛防止に作用するでしょう。

そうした効果から「フィナステリド」は、AGA(男性型脱毛症)に効果的だと言えるのです。

しかし、「フィナステリド」は直接的な増毛作用があるわけではありません。

あくまでもDHTの生成を防ぐことによる、脱毛防止作用です。

脱毛防止をすることで、抜けずに残った毛が成長しその結果に毛髪量が増えるといった効果なのです。

したがって「フィナステリド」の増毛効果を実感するには平均して6ヵ月以上の、長期的な服用が望ましいでしょう。

「フィナステリド」の副作用

「フィナステリド」の副作用の発現率は1%以下で非常に低いです。

比較的安全な成分だと言えるでしょう。

そうした低い発現率ですが、「フィナステリド」の副作用(有害事象)には以下のようなものがあります。

  1. 勃起不全
  2. 精液量減少
  3. 射精障害
  4. 性欲減退
  5. 肝機能障害

「フィナステリド」にはこうした副作用の報告があります。

発現率は低いですが、体質や既往歴などによって個人差があります。

個人の判断で使用するよりも、医師や薬剤師のもとで服用することをおすすめします。

「フィナステリド」は妊娠の可能性のある女性や妊婦には禁忌

「フィナステリド」はホルモンに作用します。

妊婦に投与すると、DHTの低下によって男子胎児の生殖器官などの発育に影響を及ぼす可能性があるのです。

また「フィナステリド」は皮膚からも吸収されますので、触れる事も避けてください。

こうした理由から妊娠の可能性のある女性や妊婦は、「フィナステリド」は使用することは出来ません。

「フィナステリド」のメリット

「フィナステリド」配合の育毛剤のメリットは以下の通りです。

  • AGA(男性型脱毛症)に対して確かな効果
  • 厚生労働省から認められ、医薬品として扱われる

それぞれ見ていきましょう。

AGA(男性型脱毛症)に対して確かな効果

「フィナステリド」はAGA(男性型脱毛症)の治療薬としての服用は有用であると認められています。

AGA(男性型脱毛症)の治療として医師から処方される医薬品には、「フィナステリド」配合のものが選ばれるでしょう。

日本皮膚科学会ガイドラインでも「フィナステリド」はAGA(男性型脱毛症)の治療に有用と示されています。

こうした科学的根拠のある成分ですので、確かな効果に期待ができるでしょう。

厚生労働省から認められ、医薬品として扱われる

「フィナステリド」の含まれるAGA(男性型脱毛症)治療薬は、医薬品として医師から処方されるものです。

ですので、ドラッグストアや通販などで個人で購入する事はできません。

そうした国から認められた成分ですので、診断を受けて医師から処方される場合には確かな効果を安心して期待して良いでしょう。

「フィナステリド」のデメリット

「フィナステリド」配合の育毛剤のデメリットは以下の通りです。

  • 副作用の事例が認められている
  • AGA(男性型脱毛症)以外には利用できない
  • 妊娠の可能性のある女性や妊婦は使用出来ない

それぞれ見ていきましょう。

副作用の事例が認められている

発現率が低いと言えども、副作用の事例は認められています。

男性の性機能への影響であったり、肝機能障害などがあります。

こういった副作用がありますので、「フィナステリド」を使用するには医師から処方されなければなりません。

AGA(男性型脱毛症)以外には利用できない

「フィナステリド」が効果を発揮するのはAGA(男性型脱毛症)だけです。

「フィナステリド」は増毛を促すわけではなく、AGA(男性型脱毛症)の原因となるDATの生成を防ぐ働きをします。

その他の症状にお悩みの方が使用したとしても、副作用のリスクだけが残るでしょう。

AGA(男性型脱毛症)以外には利用できないことは大きなデメリットと言えます。

妊娠の可能性のある女性や妊婦は服用出来ない

「フィナステリド」は妊娠の可能性のある女性や妊婦には絶対に服用してはいけません。

ホルモンに作用しますのでもし服用した場合、男子胎児の生殖器官などの発育に悪影響が出る可能性もあります。

皮膚からも吸収されるので、触れる事すら避けなければなりません。

リスクがあまりにも大きいため、女性には処方されないのが一般的です。

まとめ

  1. 「フィナステリド」はAGA(男性型脱毛症)に効果あり
  2. 「フィナステリド」は医師からの処方が必要
  3. 「フィナステリド」配合の市販の育毛剤は無い
  4. 「フィナステリド」は副作用の事例もある
  5. 「フィナステリド」は妊娠の可能性のある女性や妊婦は服用出来ない

「フィナステリド」はAGA(男性型脱毛症)には非常い効果的な成分です。

しかしその反面AGA(男性型脱毛症)以外に使えなかったり、妊婦には禁忌などのデメリットもあります。

副作用の懸念も完全に無視はできません。

効果的な成分ではありますが、必ず医師から処方の元で正しく使用しましょう。

AGA(男性型脱毛症)以外での薄毛の悩みの方は、副作用の少ない育毛剤という選択肢もあります。

薄毛予防には早めの対策が肝心です。

この機会にぜひそうした育毛剤もチェックしてみてはいかがでしょうか。

有効成分が多い男女兼用育毛剤のおすすめランキング