「デュタステリド(商品名:アボルブ、ザガーロ)」の効果は「フィナステリド」と同じ?

「デュタステリド(商品名:アボルブ、ザガーロ)」はAGA(男性型脱毛症)に効果的な成分の代表格の1つです。

DHTという男性ホルモンを抑制する作用を持ち、AGA(男性型脱毛症)を予防します。

日本では医師から処方されて使用出来る成分ですので確かな効果の反面、副作用にも注意が必要です。

この記事では「デュタステリド」の効果とその副作用について解説していきます。

また似た効果を発揮する成分に「フィナステリド」もありますが、その違いはどういった点でしょうか。

AGA(男性型脱毛症)にお悩みの方は、是非参考にしてください。

「デュタステリド」の効果

「デュタステリド」の効果は以下の通りです。

  1. DHTの生成を抑制し、AGA(男性型脱毛症)を防ぐ
  2. Ⅰ型とⅡ型の5αリアクターゼに作用

「デュタステリド」の効果はDHTの生成を抑制し、AGA(男性型脱毛症)を防ぐことです。

男性ホルモンの一種であるDHTは主なAGA(男性型脱毛症)の原因となります。

DHTは男性ホルモンであるテストステロンと、酵素である5αリアクターゼが結び付くことで作られるのです。

こうしてAGA(男性型脱毛症)となってしまうのですが、「デュタステリド」は5αリアクターゼに作用します。

そうして5αリアクターゼとテストステロンが結び付くことが出来ず、DHTが作れずにAGA(男性型脱毛症)治療の効果となるのです。

5αリアクターゼにはⅠ型とⅡ型があるのですが、「デュタステリド」はその両方に作用する特徴を持っています。

これが「デュタステリド」がAGA(男性型脱毛症)治療に効くメカニズムなのですが、この効果はあくまでも脱毛防止です。

毛髪を育てる効果ではなく、脱毛防止によって残った髪が成長することでAGA(男性型脱毛症)の治療となるのです。

ですので「デュタステリド」が効果を発揮するためには、平均して約6ヶ月程の長期の服用が必要でしょう。

デュタステリド」の副作用

「デュタステリド」は確かなAGA(男性型脱毛症)の反面、副作用があります。

以下の通りです。

  1. 勃起不全
  2. 精液量減少
  3. 射精障害
  4. 性欲減退
  5. 肝機能障害

「デュタステリド」にはこうした副作用の報告がありますが、その発生率は非常に少ないです。

しかし副作用の発生は個人差があり、体質や既往歴などによって様々になります。

「デュタステリド」を使用する際は、医師や薬剤師にしっかりと相談した上で服用しましょう。

「デュタステリド」は妊娠の可能性のある女性や妊婦には禁忌

「デュタステリド」は妊娠の可能性のある女性や妊婦には使用出来ません。

妊婦が服用すると、DHTの低下によって男子胎児の生殖器官などの正常な発育に影響を及ぼす恐れがあるのです。

「デュタステリド」は皮膚からも吸収されますので、妊婦の方は触れる事すら避けなければなりません。

男性が使用する際にも、家庭など身近に妊娠の可能性のある女性や妊婦がいらっしゃる方は十分に注意が必要です。

「デュタステリド」と「フィナステリド」の違い

「デュタステリド」と「フィナステリド」はどちらもAGA(男性型脱毛症)の治療薬として使用され、とても似た効果を持っています。

その違いは「フィナステリド」はαリアクターゼのⅡ型にのみ作用しますが、「デュタステリド」はⅠ型とⅡ型両方に作用するという点です。

Ⅱ型への作用に関しても、「デュタステリド」の方が高い効果を発揮すると言われています。

したがって「フィナステリド」を試したけど効果が出なかったという方にも「デュタステリド」ならば効く可能性があります。

「デュタステリド」のメリット

「デュタステリド」配合の育毛剤のメリットは以下の通りです。

  • AGA(男性型脱毛症)に効果的
  • 厚生労働省から認められた医薬品としての成分
  • αリアクターゼⅠ型とⅡ型両方に作用する

それぞれ見ていきましょう。

AGA(男性型脱毛症)に効果的

「デュタステリド」は実験によってAGA(男性型脱毛症)に効果的であると実証された成分です。

AGA(男性型脱毛症)の治療薬として、医師から処方されます。

日本皮膚科学会ガイドラインにも「デュタステリド」のAGA(男性型脱毛症)に対しての有効性は示されています。

科学的根拠のある成分ですので、信頼のおける成分でしょう。

厚生労働省から認められた医薬品としての成分

「デュタステリド」を含むAGA(男性型脱毛症)治療薬は、日本で個人が購入することはできません。

医師から治療に必要と判断され処方される医薬品として扱われます。

そうした厚生労働省からその効果を認められた成分が「デュタステリド」です。

AGA(男性型脱毛症)治療に対して確かな効果を発揮することは間違いありません。

αリアクターゼⅠ型とⅡ型両方に作用する

「デュタステリド」と同じようにAGA(男性型脱毛症)治療薬として「フィナステリド」があります。

どちらも5αリアクターゼという酵素を抑制しAGA(男性型脱毛症)治療として効果を発揮します。

この5αリアクターゼにはⅠ型とⅡ型があるのですが、「フィナステリド」はⅡ型にしか効果を発揮できません。

その一方で「デュタステリド」はⅠ型とⅡ型両方に効果を発揮するのです。

したがって「フィナステリド」で効果が出なかったという方でも、「デュタステリド」ならば効果が表れる可能性もあります。

「デュタステリド」のデメリット

「デュタステリド」配合の育毛剤のデメリットは以下の通りです。

  • 発現率は低いが副作用の事例がある
  • 増毛効果があるわけではない
  • 妊婦には絶対に使用してはならない

それぞれ見ていきましょう。

発現率は低いが副作用の事例がある

「デュタステリド」には、発現率が低いですが副作用の事例があります。

それは主に男性の性機能障害と、肝機能障害です。

発現率は体調・体質や環境などによって様々ですので、使用の際は医師の指示の元に十分な注意が必要でしょう。

増毛効果があるわけではない

「デュタステリド」はAGA(男性型脱毛症)に効果があります。

しかしそれはAGA(男性型脱毛症)による抜け毛の防止効果です。

あくまでも抜け毛の防止ですので、今ある毛発を育てるというような効果はありません。

AGA(男性型脱毛症)以外での頭皮の悩みを持つ方が使用したとしても、副作用のリスクが残るだけでしょう。

妊婦には絶対に使用してはならない

「デュタステリド」は妊婦またはその可能性がある女性は絶対に使用してはいけません。

ホルモンに作用することでAGA(男性型脱毛症)に効果を発揮します。

ですので妊婦が服用した場合に、男子胎児の生殖器官などの発育に異常を及ぼす可能性もあるのです。

使用する本人どころか、皮膚からの吸収も可能ですので周りへの十分な配慮が必要です。

妊婦は触れる事すら避ける必要があります。

よって女性には基本的に処方されることはありません。

まとめ

  1. 「デュタステリド」はAGA(男性型脱毛症)に効果的
  2. 「デュタステリド」を使用するには医師からの処方が必要
  3. 「デュタステリド」な個人で購入することは出来ない
  4. 「デュタステリド」には副作用の事例もある
  5. 「デュタステリド」は妊婦やその可能性のある女性は絶対に使用してはならない

AGA(男性型脱毛症)治療には「デュタステリド」は非常に効果的です。

その反面に医師からの処方が必要で入手し辛かったり、副作用があったりとデメリットもあります。

必ず医師や薬剤師の指導の元で正しく使用しましょう。

また「デュタステリド」はAGA(男性型脱毛症)にしか効果はありません。

それ以外の薄毛の悩みはまた別な育毛剤の選択しも多くあります。

早めの対策が薄毛予防には肝心です。

当サイトでは様々なタイプの育毛剤を紹介していますので、この機会にぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

有効成分が多い男女兼用育毛剤のおすすめランキング