「ドットエヌ」とマイナチュレ「スカルプシャンプー」の比較!頭皮の状態に応じて選び分け!おすすめの女性用オーガニックシャンプーはこれだ!

マイナチュレ「スカルプシャンプー」の商品写真

年々、頭皮と髪の悩みが増えてきます。

そんな悩みをケアするためには、毎日のシャンプーが重要です。

髪のボリュームが落ちてきたり、薄毛・抜け毛など様々な悩みがあります。

それぞれの悩みは、その悩みに合ったシャンプーを選択すると良いでしょう。

今回は、「ドットエヌ」マイナチュレ「スカルプシャンプー」を比較してご紹介します。 

「ドットエヌ」とマイナチュレ「スカルプシャンプー」はどっちがおすすめ?

比較する上で大切なのは以下の通りです。

  • かゆみやフケなどの頭皮の悩みには「ドットエヌ」
  • 頭皮の汚れをまっさらと落としたいならマイナチュレ「スカルプシャンプー」

それでは詳しく見ていきましょう。

かゆみやフケなどの頭皮の悩みには「ドットエヌ」

「ドットエヌ」の商品写真

 フケや頭皮のかゆみなどの悩みをお持ちの方には「ドットエヌ」がおすすめです。

以下の悩みがある方におすすめできます。

  • 頭皮のかゆみが気になる
  • フケが多く悩みである
  • うなじや生え際などに吹き出物ができる
  • 仕上がり・使用感にナチュラル系シャンプーでは不満がある

オーガニックで優しいヘアケアシャンプーの「ドットエヌ」ならば頭皮のかゆみやフケの悩みに答えます。

ヘアサロンのスタッフの手荒れが、オーガニックのヘアケアを使い始めると改善したという話もあります。

しかしオーガニックのナチュラル系のシャンプーでは、泡立ちがイマイチであったりパサつきが気になるという商品も多いです。

そうした中「ドットエヌ」ならば、オーガニック製品であるのに泡立ちが良く満足できる仕上がりでしょう。

頭皮の汚れをまっさらと落としたいならマイナチュレ「スカルプシャンプー」

マイナチュレ「スカルプシャンプー」の商品写真

頭皮の汚れをしっかりと落とすことは、ヘアケアにとって最も重要な事の一つです。

頭皮に日々の汚れが溜まったままだと、ヘアケアをしたとしてもその効果は十分に発揮されません。

汚れの蓄積で毛穴が詰まってしまい酸化が進むと、頭皮のリズムが崩れます。

そうした事態を防ぐためにマイナチュレ「スカルプシャンプー」にはアミノ酸系の洗浄成分が配合されており、汚れを落とす効果は抜群です。

また、アミノ酸系の洗浄成分は弱酸性で頭皮への負担も少ないので安心して使用できます。

ヘアケアにおいて最適な洗浄成分なのです。

「ドットエヌ」の特徴

続いては個別に解説していきます。

まずは「ドットエヌ」から、強みと欠点について簡単にご紹介しましょう。

強み

  • 植物成分によって頭皮環境を整える
  • 世界基準のオーガニック認証
  • こだわりの10種類のフリー

 「ドットエヌ」の原材料は98%がナチュラル由来です。

豊かな髪のための頭皮&毛髪保護植物成分がたっぷりと配合されており、頭皮環境を整えます。

それらは国内の農場で育てられた自然の恵みで、正真正銘のオーガニック製品なのです。

オーガニックコスメには法律上の定義はありませんが、「ドットエヌ」はCOSMOSというEUのオーガニック認証団体の基準をクリアしています。

品質にもこだわりがあり、合成香料や合成着色料などを使用せず10種類のフリーを実現しました。

人体に悪い影響を及ぼす可能性または、頭皮への刺激になるものも徹底排除しています。

また、動物原料を使用せず動物実験も行っていません。

こうしたポリシーも支持を得ている企業です。 

欠点

  •  天然由来なのでシャンプーが少し水っぽい

「ドットエヌ」は化学成分を使用しておらず、全て天然由来なので使用感が一般的なシャンプ―と比べて少し水っぽく感じます。

しかし品質には問題ありませんので安心して使用してください。

マイナチュレ「スカルプシャンプー」の特徴

続いてはマイナチュレ「スカルプシャンプー」の強みと欠点についてです。

強み

  • 頭皮・毛髪の汚れをまっさらに落とす洗浄力
  • オーガニックのダメージケア成分配合
  • 美髪強化成分配合
  • 空気の入らない生ボトル

 マイナチュレ「スカルプシャンプー」はアミノ酸系の洗浄成分によって頭皮と毛髪の汚れをまっさらに落とします。

それと同時に8種類のオーガニック成分と28種類の植物成分によってダメージケアと、頭皮のバランスを整えてくれるのです。

美髪強化成分もたっぷりと配合されており、頭皮環境を更に健やかなものに保ちます。

またマイナチュレ「スカルプシャンプー」はボトルにもこだわっており、空気の入らない生ボトルによって品質を保つのです。

天然由来成分を使用したナマモノですので、空気に触れると劣化してしまいます。

そこで、空気の入らない二重構造の生ボトルによってマイナチュレ「スカルプシャンプー」は最後の一滴までフレッシュな状態をキープすることができるのです。 

欠点

  • 返金保障の期間が比較的短い

 マイナチュレ「スカルプシャンプー」の返金保障期間は14日間です。

それに対して「ドットエヌ」の返金保障期間は30日間ありますので、比較するとマイナチュレ「スカルプシャンプー」の返金保障期間はやや短いです。

「ドットエヌ」とマイナチュレ「スカルプシャンプー」の比較

今度は「ドットエヌ」とマイナチュレ「スカルプシャンプー」を詳しく比較していきます。

値段とランニングコスト

「ドットエヌ」とマイナチュレ「スカルプシャンプー」 の値段とランニングコストは以下の通りです。

  ドットエヌ マイナチュレ
定期便初回(税込) 3,888円 6,229円
定期便(税込) 5,184円 6,229円
一日のランニングコスト 約173円(初回約130円) 約207円
最低利用期間 なし なし
返金保障 30日間 14日間

価格はマイナチュレ「スカルプシャンプー」の方が高額です。

返金保障もマイナチュレ「スカルプシャンプー」の方が短く、料金システムで比較すると「ドットエヌ」の方がお得と言えるでしょう。

まとめ

  • かゆみやフケなどの頭皮の悩みには「ドットエヌ」
  • 頭皮の汚れをまっさらと落としたいならマイナチュレ「スカルプシャンプー」
  • どちらもオーガニックで安心して使用できる
  • 返金保障の期間は「ドットエヌ」の方が長い
  • 価格は「ドットエヌ」の方が安い

「ドットエヌ」とマイナチュレ「スカルプシャンプー」はどちらもオーガニック製品です。

価格とランニングコストで比較すると「ドットエヌ」の方がお得に購入はできます。

しかし、ヘアケアにおいて何を重視するかが重要になってきます。

かゆみやフケなどの頭皮の悩みには「ドットエヌ」、頭皮の汚れをまっさらと落としたいならマイナチュレ「スカルプシャンプー」。

目的にあったものを選択すると良いでしょう。

また、どちらも返金保障期間があるのでそちらを利用して試してみるのも良いです。