有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」の育毛効果と副作用について!肌の弱い方必見!抗炎症作用と抗アレルギー作用を持つおすすめ成分!

育毛剤やヘアケア製品は、化学物質で構成されています。

使用する製品に配合されている化学物質は、どのような作用があるのか知っておいた方が良いでしょう。

「グリチルリチン酸ジカリウム」は、多くの化粧品やヘアケア製品に配合されています。

敏感肌の方は、特に注目したい成分です。

この記事では、育毛剤の有効成分である「グリチルリチン酸ジカリウム」の効果と副作用についてご紹介します。

「グリチルリチン酸ジカリウム」の育毛効果について

それでは早速、「グリチルリチン酸ジカリウム」の育毛効果からみていきましょう。

「グリチルリチン酸ジカリウム」には、敏感肌の知覚過敏反応を抑制する働きがあります。

グリチルリチンには抗炎症作用抗アレルギー作用があるので、敏感肌でも使える育毛ケア商品にとって重要な成分です。

頭皮環境を整えてくれるので、健康な毛髪を育む効果が期待できるでしょう。

「グリチルリチン酸ジカリウム」の副作用は育毛剤なら心配なし

「グリチルリチン酸ジカリウム」は1日の摂取量が40mgを超えた場合には、偽アルドステロン症を発症してしまう恐れがあります。

しかし偽アルドステロン症は、グリチルリチンが配合された医薬品など摂取量を超えて服用した場合に現れます。

育毛剤などのヘアケア用品は外用ですので、使用目安を守っていればこのような副作用が出る心配はないでしょう。

そもそも「グリチルリチン酸ジカリウム」は植物に含まれる有効成分

グリチルリチン酸ジカリウムは、「甘草」という植物に含まれている有効成分です。

甘草は地中海地方やアジア、ロシア南部、北アメリカなどに自然に生えています。

慢性肝炎や抗アレルギー薬、風邪薬などの医薬品として使われ、それ以外にも化粧品、石鹸、シャンプー、育毛剤などに広く配合されています。

また醤油や漬物、水産加工食品の甘味料としても広く使われている成分です。

グリチルリチン関連成分

「グリチルリチン酸ジカリウム」と似た名前の成分があります。

  1. 「β-グリチルレチン酸」
  2. 「グリチルリチン酸2K」

この2つの成分はどのような違いがあるのでしょうか。

「β-グリチルレチン酸」

「β-グリチルレチン酸」は、甘草の有効成分であるグリチルリチンの誘導体です。

「グリチルリチン酸ジカリウム」と同じく抗炎症作用があります。

さらに「β-グリチルレチン酸」には、殺菌効果があることもニベア花王によってわかりました。

ですので外用薬やスキンケア製品、化粧品などに広く使われているのです。

「グリチルリチン酸2K」

「グリチルリチン酸2K」は「グリチルリチン酸ジカリウム」の別名です。

名前が異なるだけで中身は一緒となります。

育毛剤によって表記は異なりますが、同じものとして認識しましょう。

「グリチルリチン酸ジカリウム」配合のおすすめ育毛剤

多くの育毛剤には「グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)」および、「β-グリチルレチン酸」が配合されています。

その中でのおすすめ育毛剤は以下の通りです。

  1. 男性は「チャップアップ(CHAPUP)育毛ローション」がおすすめ
  2. 女性は「MUNOAGE(ミューノアージュ)」がおすすめ

男女別に見ていきましょう。

男性は「チャップアップ(CHAPUP)育毛ローション」がおすすめ

「グリチルリチン酸ジカリウム」配合の男性用育毛剤は「チャップアップ(CHAPUP)育毛ローション」をおすすめします。

「チャップアップ(CHAPUP)育毛ローション」は永久返金保証がついた数少ない育毛剤です。

永久返金保証がついているのは効果に絶対の自信があるからこそでしょう。

「グリチルリチン酸ジカリウム」の他にも「センブリエキス」と「ジフェンヒドラミンHCI」の定番有効成分が配合されています。

成分にも文句なしの大人気の育毛剤です。

女性は「MUNOAGE(ミューノアージュ)」がおすすめ

「グリチルリチン酸ジカリウム」配合のおすすめ女性用育毛剤は「MUNOAGE(ミューノアージュ)」です。

「MUNOAGE(ミューノアージュ)」は5種類もの有効成分が配合されています。

有効成分が5種類も配合されている育毛剤はほとんどありません。

有効成分の豊富さで決めるなら「MUNOAGE(ミューノアージュ)」で決まりです。

言うまでもなく、「グリチルリチン酸ジカリウム」は配合されています。

まとめ

  1. 「グリチルリチン酸ジカリウム」には、敏感肌の近く過敏反応を抑制する働きがある
  2. 頭皮環境を整えてくれるので、健康な毛髪を育む効果が期待できる
  3. 副作用は育毛剤なら心配なし
  4. グリチルリチン酸ジカリウムは、「甘草」に含まれている有効成分
  5. 「β-グリチルレチン酸」はグリチルリチンの誘導体で、抗炎症作用と殺菌作用がある
  6. 別名「グリチルリチン酸2K」

「グリチルリチン酸ジカリウム」は、甘草という身近な薬用植物に含まれている有効成分でした。

抗炎症作用と抗アレルギー作用があり、頭皮環境を整えてくれます。

だからこそ多くの育毛剤やヘアケア製品に配合されているのでしょう。

有効成分は「グリチルリチン酸ジカリウム」の他にもあります。

ぜひ他の有効成分も調べて育毛剤をお選びになってください。