「コラーゲン」の育毛効果のメカニズムについて!外用した場合の副作用はなし!

美容や健康を意識している人は、「コラーゲン」をよく耳にするでしょう。

美肌のために必要だというイメージのある「コラーゲン」は、育毛にとっても大切な成分です。

コラーゲンは育毛の有効成分ではありませんが、育毛のサポートをしてくれます。

人間の体内に元々存在している「コラーゲン」ですが、育毛剤に配合されているその効果はどのようなものなのでしょうか。

そこでこの記事では、育毛サポート成分である「コラーゲン」の効果と副作用について見ていきます。

「コラーゲン」の育毛効果について

「コラーゲン」の育毛効果から見ていきましょう。

「コラーゲン」は、人間が体内に元々持っている成分です。

脱毛や薄毛には、「コラーゲン」の減少が深く関わっています。

「コラーゲン」を補うことで、育毛サポートが可能です。

「コラーゲン」不足が薄毛、脱毛の原因

脱毛や薄毛部分の頭皮は、「コラーゲン」の量が少ない状態です。

「コラーゲン」の少なくなった頭皮では、毛が抜けてしまいます

わかりやすく頭皮を土壌とし、髪の毛を植物として考えてみましょう。

土壌がスカスカな状態で茎を引っ張ったら、植物は簡単に抜けてしまいます。

ですから頭皮の「コラーゲン」を十分な状態に整えることが大切です。

コラーゲンを皮膚に塗布すると、保湿効果があります。

「コラーゲン」は加齢とともに減少する

加齢による薄毛や脱毛の原因に、幹細胞を中心とした毛包のプログラムがあることがわかりました。

「コラーゲン」は加齢によって減っていきます

加齢によるコラーゲンの枯渇を抑えると、脱毛に効果があることが研究によりわかっています。

だからこそ加齢による薄毛や抜け毛には「コラーゲン」を補うことが大切です。

「コラーゲン」の副作用はなし

副作用についてご紹介します。

コラーゲンは人間の各所に元々ある成分ですので、外用した場合の副作用の心配はありません

しかし体質によっては、アレルギーを引き起こす可能性があります。

心配な方は、お医者さんや薬剤師さんに相談の上ご利用しましょう。

「コラーゲン」を経口摂取した場合にについての有効性は、信頼できるデータが現時点では十分に見当たりません。

妊娠・授乳中にコラーゲンをサプリメントなどで摂取することに関しての安全性についても、十分なデータがないので避けたほうがいいでしょう。

さらに「コラーゲン」ばかり偏って食べると、アミノ酸とのバランスが崩れてしまう可能性があります。

食事はバランスが大切です。

「コラーゲン」という成分について

そもそも「コラーゲン」とは一体何なのでしょうか。

  • コラーゲンはたんぱく質の1種
  • コラーゲンを多く含んでいる食品
  • コラーゲンは食べても意味がない

それぞれ特徴について見ていきましょう。

「コラーゲン」はたんぱく質の1種

「コラーゲン」は、皮膚や血管、腱、軟骨などの組織を構成している繊維状のタンパク質です。

人間の体内に存在しているタンパク質の約30%を占めており、そのうち皮膚に40%、骨や軟骨には20%存在しています。

コラーゲンはアミノ酸で構成されており、アミノ酸を生成するにはビタミンCが必要です。

よってビタミンCが不足してしまうとコラーゲンの合成ができなくなって壊血病を引き起こしてしまう恐れがあります。

またビタミンAもコラーゲンを再構築するのに必要です。

コラーゲンを多く含んでいる食品

「コラーゲン」はゼラチンの原料として有名です。

ゼラチンの他にも、手羽やフカヒレ、牛すじ、鶏皮などに含まれています。

食べ物から必要な分のたんぱく質を摂っていれば、コラーゲンが不足してしまうことは通常ありません

「コラーゲン」は食べても意味がない

健康食品としての「コラーゲン」は、皮膚の弾力を保ち関節の痛みを和らげるとされています。

しかし、その科学的な有効性に付いては十分証明されていません

タンパク質は、食べると体の中で消化・吸収されます。

コラーゲンもタンパク質です。

よって「コラーゲン」は「コラーゲン」として吸収されず、アミノ酸やペプチドなどに分解されて吸収されます。

「コラーゲン」が多く含まれている食品を食べるということは、コラーゲンの材料となるアミノ酸を食べたことになります。

そのアミノ酸が体内で再びコラーゲンに再合成されるかどうかは定かではないのです。

美肌のためにはコラーゲン摂取にこだわらずに、バランスよく様々な食品を適量摂取することが大切でしょう。

「コラーゲン」が配合されている育毛剤

「コラーゲン」が配合されている育毛剤やヘアケア製品はたくさんあります。

いくつかおすすめをご紹介しましょう。

「コラーゲン」が配合されている主な育毛剤は以下の通りです。

  • 女性用育毛剤「レディース毛乳源育毛エッセンス」
  • 男女兼用育毛剤「ポリピュアEX」

それぞれの製品の魅力と特徴を見ていきましょう。

女性用育毛剤「柳家レディース毛乳源育毛エッセンス」

柳家「レディース毛乳源育毛エッセンス」は、市販の女性用育毛剤です。

マリンコラーゲン誘導体が配合されており、コラーゲン不足と乾燥にアプローチしてくれます。

また酢酸トコフェロールとD-パントテニルアルコールという2種類の有効成分が配合されています。

この2つの有効成分が頭皮の血行をよくし、毛根に発毛を促すことができるでしょう。

市販の育毛剤でお値段もお手頃ですので、とりあえず育毛剤を試したいという人でも始めやすいです。

男女兼用育毛剤「ポリピュアEX」

「ポリピュアEX」は、医薬部外品にも指定されており確かな実力を持っている男性用育毛剤です。

成分量と浸透性のバランスを考え開発されました。

独自の研究から生まれた海洋酵母から抽出された新成分の「バイオパップス」が濃縮配合されています。

その上、海洋酵母から抽出した天然ナノサイズの「バイオポリリン酸」も配合されているのです。

さらに8つの育毛成分が配合されており、その中に低分子コラーゲンが含まれています。

45日間の返金保証があるので、じっくりと試すことができるでしょう。 

まとめ

  • 頭皮の「コラーゲン」が減少すると、毛が抜けてしまう
  • 頭皮の「コラーゲン」を十分な状態に整えることが大切
  • 「コラーゲン」は加齢によって減少してしまう
  • 外用した場合の副作用の心配はないが、体質によってはアレルギーを引き起こす可能性がある
  • 「コラーゲン」を食べた場合の科学的な有効性に付いては十分証明されていない

美容や健康に必要とされる「コラーゲン」は、育毛に関しても重要な成分でした。

加齢とともに自然と頭皮の「コラーゲン」は減っていってしまうので、補うことが大切です。

外用した場合の副作用の報告はありませんので、安心して使える成分でしょう。

「コラーゲン」は、様々な女性用育毛剤や男女兼用育毛剤に配合されています。

男性用育毛剤には配合されているものはあまりありません。

【参考文献】