圧迫性脱毛症は男性に多い!帽子やヘルメットの被り物をする方は要注意!

「帽子を毎日被っているとハゲる」という噂がありますが、これは事実です。

男性の薄毛と言えばAGA(男性型脱毛症)が有名ですが、他にも男性がなりやすい脱毛症はあります。

「圧迫性脱毛症」は、男性に多い脱毛症です。

普段、帽子やヘルメットなどの被り物をする方はこの脱毛症の疑いがあります。

職業柄、被り物をせざるを得ない方もいるでしょう。

この記事では、「圧迫性脱毛症」について見ていきます。

「圧迫性脱毛症」の原因

「圧迫性脱毛症」は帽子やヘルメット、かつらなどを長時間被っている場合になりやすい脱毛症です。

長時間被り物を被っていると、頭が圧迫され頭皮が蒸れるでしょう。

頭皮が蒸れると血行が悪化し、頭皮環境が荒れて髪の毛に負担がかかって脱毛してしまいます。

圧迫された部分の髪の毛の毛球部は、循環障害を起こしているのです。

機械的脱毛症とも言われています。

特に工事現場や工場、警察官など帽子やヘルメットを被ることが多い職業の方が発症しやすいです。

「圧迫性脱毛症」の対策

「圧迫性脱毛症」の対策は以下の通りです。

  • 被り物を控える
  • 育毛剤
  • 育毛サプリ

それぞれの対策を見ていきましょう。

被り物を控える

「圧迫性脱毛症」は、頭皮の圧迫と髪の毛のダメージを抑えることで自然に改善が見込めます

被り物を控えましょう。

仕事柄、被り物をせざるおえない方は休憩時間など被り物を外せるタイミングがあれば積極的に外してください。

通常だと、対策をした場合には数ヶ月後には改善できます。

髪の毛と頭皮への負担を減らし、蒸れた頭皮を解消することが大切です。

被り物を控えてみても髪の毛が生えてこない場合には、AGA(男性型脱毛症)など他の脱毛症の恐れがあります。

なかなか髪の毛が生えてこない場合には、医師に相談してください。

育毛剤

「圧迫性脱毛症」は、被り物を控えれば自然治癒します。

しかし早く治したい場合には、育毛剤を使用するのも良いでしょう。

圧迫された頭皮は、血行が悪くなっているため血行促進できる育毛剤がおすすめです。

育毛剤で頭皮環境を整えましょう。

育毛サプリ

育毛サプリを摂ると、髪の毛の生成をサポートできます

元気な髪の毛を生やすためには、バランスの良い栄養が必要です。

薄毛の人はタンパク質やミネラル、ビタミンなどが不足しています。

食事で補いきれない場合には、育毛サプリで補うと良いでしょう。

また身体が健康でないと、せっかく摂取した栄養が髪の毛に行き渡りません。

生活習慣の改善も、発毛にとっては大切です。

育毛サプリはあくまでも、栄養のサポートとして取り入れてください。

「圧迫性脱毛症」の治療方法

「圧迫性脱毛症」は、一過性の循環障害のため放置していても自然治癒します。

「圧迫性脱毛症」は自然治癒するので、特別な治療法はありません。

「圧迫性脱毛症」を改善するためには、とにかく被り物を控えてください。

もし、対策を施しても改善しない場合には他の脱毛症の恐れがあります

被り物を控えても髪の毛が生えてこなかった場合には、病院へ行き医師に診てもらいましょう。

「圧迫性脱毛症」にならないために、かつらは選びは重要

薄毛を隠すために、かつらやウィッグを使っている方もいるでしょう。

しかし、かつらやウィッグを被ることで逆に「圧迫性脱毛症」になってしまう場合もあります。

どうしても「かつら」をつけたい場合には、通気性の良いものを選びましょう。

また外した後は、しっかりとケアをしてください。

かつらはずっと使えるものではなく、通常2〜3年で寿命がきます。

かつらは、薄毛の解決にはならないため髪の毛が生えるまでのつなぎとして使いましょう。

薄毛は、治療や対策によって改善できる場合があります。

かつらを導入する前に、治療を試みることがおすすめです。

まとめ

  • 「圧迫性脱毛症」は帽子やヘルメット、かつらなどを長時間被っている場合になりやすい脱毛症
  • 「圧迫性脱毛症」は、頭皮の圧迫と髪の毛のダメージを抑えることで自然に改善が見込める
  • 圧迫された頭皮は、血行が悪くなっているため血行促進できる育毛剤がおすすめ
  • 育毛サプリで髪の毛の生成をサポートできる
  • 対策を施しても改善しない場合には他の脱毛症の恐れがある

「圧迫性脱毛症」は、比較的対策をしやすい脱毛症です。

放置していても自然治癒します。

しかし、薄毛の原因をご自身で判断するのは難しいです。

被り物を控えてみても、改善しなかった場合には早めに医師に相談してください。

頭皮と髪の毛は外部からの物理的な刺激も良くないため、薄毛に悩んでいる方は気をつけましょう。