ハロー!育毛剤 | 育毛剤のおすすめランキング

チャップアップ(CHAP UP)
BUBKA ZERO(ブブカゼロ)
プランテルEX

育毛剤は効果がない。

そのようにお考えの方も多いでしょう。

しかし、それは育毛剤の選び方に問題があるのです。

そこで当サイトは、育毛剤に関する正しい知識をまとめました。

当サイトを活用して、ぜひ自分にあった育毛剤を見つけましょう。

育毛剤と育毛シャンプーについて

まずは育毛剤と育毛シャンプーの違いについて解説しましょう。

その違いは以下の通りです。

  • 育毛効果・脱毛の予防などが育毛剤
  • 頭皮環境を整えるのが育毛シャンプー

どちらか一方を選べば良いというわけではなく、出来るなら両方を使うのがおすすめです。

あえてどちらか一方というのならば、育毛シャンプーに育毛の成分は入っていませんので育毛剤をおすすめします。

育毛シャンプーはあくまでも、頭皮環境を整えて育毛しやすい状態にするものなのです。

育毛剤の効果

育毛剤には主に以下の効果があります。

  • 育毛
  • 脱毛の予防
  • 発毛促進
  • ふけの予防
  • かゆみの予防

こうした効果が育毛剤には期待できるでしょう。

それぞれについて解説していきます。

育毛

育毛に関する有効成分が配合されているものが、育毛剤です。

逆に言えば有効成分が含まれないものは、化粧品に分類されます。

育毛剤に配合されている代表的な有効成分は、以下の通りです。

  1. ジフェンヒドラミンHCI
  2. 塩酸ピリドキシン
  3. 酢酸トコフェロール
  4. D-パントテニルアルコール
  5. ショウキョウチンキ
  6. メントール
  7. ニンジンエキス
  8. セファランチン
  9. t-フラバノン
  10. ヒノキチオール
  11. クララエキス
  12. グリチルリチン酸ジカリウム
  13. センブリエキス
  14. ニコチン酸網戸
  15. ピロクトンオラミン(オクトピロックス)

これらの有効成分が育毛を促す効果を発揮するのが育毛剤です。

脱毛の予防

脱毛はホルモンバランスによっておこる場合があります。

育毛剤に含まれる成分によって、バランスを整え脱毛を予防する効果もあるのです。

また、頭皮環境を正常な状態に整えることによる脱毛予防の効果にも期待できるでしょう。

発毛促進

育毛剤に含まれる有効成分の中には、発毛促進の効果があるものもあります。

育毛剤を探している方が、最も求めているのはこの部分かもしれません。

しかし、いくら発毛促進の成分を摂取したところで頭皮環境が悪かったり血行が良く無かったりすると発毛はしません。

ですので、バランスよく総合的にケアしていくのが重要になってくるでしょう。

ふけの予防

ふけは頭皮環境を荒らしてしまい、育毛の妨げになってしまう原因の一つです。

衛生的にも良くありませんし、ふけは一刻も早く解決したい悩みでしょう。

育毛剤に含まれる成分には、ふけの予防の効果を持つものもあります。

かゆみの予防

かゆみによって頭皮をかきむしってしまうと、頭皮が炎症を起こしたり、ふけの発生原因になってしまうでしょう。

頭皮のかゆみを抑える効果も、育毛剤の主な効果の1つです。

かゆみは最終的には抜け毛にも繋がってくるでしょう。

育毛シャンプーの効果

育毛シャンプーの主な効果は以下の通りです。

  • しっかりと汚れを落とす
  • ダメージケア成分
  • 頭皮環境を整える
  • 頭皮の血行促進

主にこうした効果に期待が持てるでしょう。

それぞれ解説していきます。

しっかりと汚れを落とす

育毛シャンプーでもっとも基本的で大切なポイントは、しっかりと汚れを落とすという事です。

頭皮が清潔になっていないと、いくら育毛に効く成分を摂取したとしても育毛はできないでしょう。

しっかりと汚れを落として、頭皮を清潔な状態に保つという基本から育毛は始まります。

育毛シャンプーは様々な洗浄成分で、頭皮の汚れをしっかりと落としてくれるでしょう。

ダメージケア成分

育毛シャンプーには、髪や頭皮のダメージをケアする成分多く含まれます。

せっかく育ってきた髪がダメージを受けていてはすぐに抜け落ちてしまうでしょう。

そうした事態を防ぎ、強く美しい髪を育毛シャンプ―によって目指します。

頭皮環境を整える

頭皮環境を整えることは育毛にとってとても重要な要素です。

育毛剤や育毛シャンプーによって、育毛の成分を沢山摂取したとしても頭皮環境が荒れていては育毛の妨げになってしまうでしょう。

育毛シャンプーは、頭皮を清潔な状態に保ち、頭皮をケアする成分も含まれています。

頭皮の血行促進

頭皮の血行を促進することは、結果としては頭皮環境を整える事に繋がってきます。

血行を十分に促すことによって、育毛しやすい環境になります。

育毛と血行は切っても切れない密接な関わりがあるのです。

育毛剤の副作用

育毛剤は有効成分を含み、薬に分類される場合があります。

ですので配合成分によっては副作用が表れる場合もあるので注意が必要です。

特に以下の成分が配合されている育毛剤には副作用の注意が必要になります。

  • ミノキシジル
  • ローズマリーエキス

それぞれについて簡単に解説します。

ミノキシジル

ミノキシジルによる考慮すべき副作用は以下のようなものがあります。

  1. 掻痒感(むずむず)
  2. 発疹
  3. 接触性皮膚炎
  4. 紅斑(赤み)
  5. ヒコウシン(皮膚の脱落)
  6. 腫脹(はれあがり)
  7. 浮動性めまい(ふわふわ浮くような)
  8. 頭痛
  9. 動機
  10. 刺激感
  11. 痂皮(かさぶた)
  12. 疼痛(ズキズキ痛む)
  13. 乾燥
  14. 分泌物

これらの副作用の報告例があります。

日本で販売されている育毛剤で、ミノキシジルが含まれるものは代表的なもので「リアップ」があります。

ミノキシジル配合の育毛剤を選ぶ際には、副作用についても知っておくと良いでしょう。

ローズマリーエキス

ローズマリーエキスの副作用は以下の報告例があります。

  1. 光過敏症、発赤、皮膚炎
  2. アレルギー性接触皮膚炎
  3. 細胞毒性を示す恐れ

こうした報告例に加え、妊娠・授乳中に使用した場合の安全性も確認されていません。

妊娠中や授乳中の方は使用を控えた方が良いでしょう。

日本で発売されている育毛剤で、ローズマリーエキスが含まれる代表的なものは「チャップアップ」です。

ローズマリーエキス配合の育毛剤をお考えの方は、その副作用についても知っておきましょう。

性別・年代別の育毛剤の選び方

抜け毛・薄毛の原因は性別と年齢によって変わってきます。

そこで、性別・年齢別にどういった育毛剤を選べば良いのかご紹介していきましょう。

  • 20代・30代女性におすすめの育毛剤
  • 40代・50代女性におすすめの育毛剤
  • 男性におすすめの育毛剤
  • 男女兼用の有効成分が多い育毛剤

このような分類でおすすめをご紹介していきます。

ご自身に合った育毛剤を見つけてみてください。

20代・30代女性におすすめの育毛剤

女性の育毛は、年齢を重ねてから薄毛対策というだけではありません。

20代・30代で薄毛・抜け毛の悩みを持つ女性も多くいらっしゃいます。

薄毛・抜け毛の原因には、加齢以外にも出産やストレスなどもあります。

また、若い世代の女性に向けたおしゃれなパッケージなどもポイントです。

40代・50代女性におすすめの育毛剤

年齢を重ねてくると、どうしても髪のボリュームも少なくなってしまいます。

そうすると質素で老けた印象になってしまうでしょう。

そこで40代・50代女性には、髪のボリュームアップが図れる育毛剤をおすすめします。

地肌と髪に潤いを与え、若々しい印象を持たせてくれる育毛剤を選ぶと良いでしょう。

男性におすすめの育毛剤

年齢にかかわらず、多くの男性が抜け毛・薄毛の悩みを持っています。

育毛剤は決して安い買い物ではありません。

初めてで不安という方も多いでしょう。

そうした男性が安心して購入できる、買いやすい男性用育毛剤も当サイトではご紹介しています。

是非購入の参考にしてみてください。

男女兼用の有効成分が多い育毛剤

育毛剤で重要なのは成分です。

しかし本当に重要視すべきなのは単なる成分ではなく「有効成分」です。

有効成分が一定量以上入っている育毛剤しか医薬部外品としては認められません。

その有効成分によって、パッケージに効果を記載できるのです。

成分重視で育毛剤を選びたいという方は、有効成分に着目しましょう。

育毛剤に配合されている代用的な成分

育毛剤に配合される代表的な成分には以下のようなものあります。

  • センブリエキス
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • D-パントテニルアルコール
  • 酢酸トコフェロール
  • ピロクトンオラミン
  • ニンジンエキス
  • ニコチン酸アミド
  • クララエキス

それぞれの効果について解説します。

センブリエキスの育毛効果

センブリエキスには頭皮の血行促進によって発毛を促す効果があります。

血管拡張作用があるセンブリエキスですので、血行を改善するでしょう。

また、ストレス性脱毛症への効果もあります。

ストレスが原因の脱毛症は、ストレス社会の現代では重要な問題でしょう。

センブリエキスには今後の需要の期待がされる成分の1つです。

グリチルリチン酸ジカリウムの育毛効果

グリチルリチン酸2Kには、敏感肌の知覚過敏反応を抑制する働きを持っています。

更には、抗炎症作用と抗アレルギー作用もあるので、肌が敏感な方でも使える重要な育毛ケア成分です。

頭皮環境を整え、健康な毛髪作りに期待が出来る成分です。

D-パントテニルアルコールの育毛効果

D-パントテニルアルコールの育毛効果は主に以下のようなものがあります。

  1. 保湿効果
  2. 新陳代謝の活性化
  3. 抗炎症作用
  4. 抗ストレス作用

保湿効果によって、髪に潤いを与えて美しい髪へと促してくれるでしょう。

また頭皮への潤いももたらしてくれるので、頭皮環境を正常な状態へと整えます。

毛髪と頭皮への潤いは、育毛にとって非常に重要な要素の1つです。

また新陳代謝の活性化と抗炎症作用も、頭皮環境を整える働きに貢献するでしょう。

抗ストレス作用も持っていますので、ストレス性の抜け毛の予防としても効果を発揮します。

酢酸トコフェロールの育毛効果

酢酸トコフェロールには抗酸化作用と血行促進の効果があります。

酸化は日常生活の中で、紫外線やストレスなどで避けることは難しいでしょう。

酸化してしまうと老化へとつながり、肌のトラブルなどの原因となります。

その結果頭皮環境も荒れてしまうので、抗酸化作用は育毛にとっては大切な要素です。

酢酸トコフェロールには血行促進の効果もありますので、その結果さ防の新陳代謝の活性化も促します。

そうすることで頭皮環境も改善され、健康な毛髪が生えやすい状態になるでしょう。

ピロクトンオラミンの育毛効果

ピロクロトンオラミンの育毛効果は以下の通りです。

  1. 殺菌作用
  2. 抗酸化作用
  3. ターンオーバー(新陳代謝)の調整

ピロクロトンオラミンの最も重要な働きは殺菌作用です。

具体的にはバクテリアとカビに効果を発揮します。

これらが繁殖すると、過剰なフケやかゆみが発生してしまいます。

フケやかゆみにお悩みの方はピロクロトンオラミン配合の育毛剤がおすすめです。

また抗酸化作用によって頭皮の参加を防ぎ、抜け毛を予防します。

さらには、ターンオーバー(新陳代謝)を整える働きもします。

頭皮の正常なターンオーバーは28日周期です。

周期が極端に短い場合は、過剰なフケの原因となります。

そうした頭皮の代謝リズムを調節する機能をピロクロトンオラミンは持っています。

ニンジンエキスの育毛効果

ニンジンエキスの育毛効果は主に以下の通りです。

  1. 血行促進
  2. 抗酸化作用
  3. 抗菌作用

ニンジンエキスにはサポニンが豊富に含まれています。

このサポニンには血行促進の効果があるのです。

血行促進をすることで、栄養素をしっかりと頭皮や毛根までいきわたらせることが出来るでしょう。

また抗酸化作用と抗菌作用によって、頭皮環境を最適な状態へと導きます。

ニコチン酸アミドの育毛効果

ニコチン酸アミドには血行促進と、皮膚・粘膜の健康維持の効果があります。

血行促進によって、細胞のサイクルを整え栄養をめぐらせます。

その結果頭皮環境が改善されるでしょう。

また粘膜や皮膚の健康維持の働きもあり、健康な状態で丈夫な毛髪が育ちやすい環境を整えてくれるでしょう。

クララエキスの育毛効果

クララエキスの育毛効果は主に以下の通りです。

  1. 男性ホルモン抑制
  2. 肌荒れ予防
  3. 血行促進

男性ホルモンは男性型脱毛症の発症に関わってきます。

その男性ホルモンを抑制する作用があるため、育毛剤によく配合されてているのです。

また肌荒れの予防や血行促進効果もあり、育毛効果としては優秀な成分であると言えるでしょう。